« 「Hello! Petitluxe〜コンセプトルーム&宿泊プラン〜」は超お得かも | トップページ | 2020 スワンステークス G2 レース回顧 »

2020年11月 3日 (火)

2020 アルテミスS レース回顧

ソダシがこのメンバーの中では一段能力が高いことを示したレースだった。

1.レース結果の基礎データ

2020年10月31日(土) 4回東京7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第9回アルテミスS
2歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(国際)(指定) 芝 1600m 16頭立

 

馬場差 -0.9 完全タイム差 +0.4
タイムランク D メンバーランク C


スローの瞬発力勝負となった。ソダシの陣営は瞬発力勝負は不向きと考え前目につけて早めに先頭に立つ戦法を取ったようだ。後方にいた馬でソダシに肉薄してきた馬はいなかったので、瞬発力が特に秀でた馬はいない組み合わせだったと考えてよさそうだ。

2020110305

2.完全タイム差検証

2歳戦のため情報不足から検証保留としているが、そろそろ年末が近いので検証できる状態にしたいと考えている。

 

3.各馬の分析

1着 14番 ソダシ 牝 2 吉田隼人 54 1.34.9 33.9

好スタートながら先行争いを避け、外の3番手の位置を追走。3角で2番手に上がり、直線に入って自然体で先頭煮立ち、追い出すと他馬を寄せ付けず圧勝した。ゆったりした流れを前目の位置でしっかり折り合い、少なくともこのメンバーでは一段上の能力差を見せての勝ちだった。


2着 6番 ククナ 牝 2 ルメール 54 1.35.2 33.4

まずまずのスタートから中団の位置を追走していたが、3角の手前辺りで内から外に進路を切り替えたクールキャットに進路をふさがれて一旦後方に下がってややインのポジションを取る。4角も後方のままやや内をじっくり回り直線に入ってしばらくしてから外に持ち出し、その後は徐々に加速し2着まで浮上した。
不利を受けてポジションが下がってしまったが、本来はスローペースであればもう少し前で競馬が出来る馬。不利を受けたことは記憶すべし。ただ、トップスピードは速いがややエンジンのかかりが遅いようにも見えた。


3着 13番 テンハッピーローズ 牝 2 田辺裕信 54 1.35.3 33.9

中団外を追走。終始比較的外を回り、直線に入って伸びはかなりジワジワしたもので速さは感じさせないものの、最後までしぶとく伸び切って3着になった。
距離ロスがありながらも長く脚を使っているので持続力はありそう。トップスピードは速くなさそうなので、持続力勝負が向いているのかもしれない。

4着 2番 ストゥーティ 牝 2 石橋脩 54 1.35.3 33.9

好スタートで先行争いに加われそうな勢いだったが、あえてポジションを下げて最内6番手で抑え気味に追走する。直線に入って最内からジワジワ伸びて一旦に2番手に上がるが、ゴール前でギリギリさされての4着だった。
最内でもっとも距離得を得た走りなので、着順、着差ほどには評価できない。ただし、前半抑えたところで少し消耗はあったかもしれない。


5着 4番 クールキャット 牝 2 津村明秀 54 1.35.5 34.0

スタートはまずまずで中団追走ただし、スタート後の直線で少し抑える際に馬がふらふらしてしまう。中団の馬郡の真ん中で最後の直線を迎え、そこから追い出すも伸びはジワジワしたもので大したことなかった。


6着 7番 ウインアグライア 牝 2 横山武史 54 1.35.5 34.4

2,3番手追走から最後までしっかり伸びてはいたが、上位馬ほどの勢いはなかった。

7着 8番 シャドウファックス 牝 2 大野拓弥 54 1.35.5 34.2

4番手追走から、直線に入ってすぐは一旦2番手に上がって勢いがあったが、最後まで勢いは続かなかった。
長い直線のコースは向いてなさそう。


8着 15番 モリノカンナチャン 牝 2 横山和生 54 1.35.5 33.5

最後方追走から、3,4角で大外から進出を試みるも、直線入口では大外を回るのでほぼ最後方。そこから伸びてきていたが、追走力がなく、展開の助けがないとどうにもならない追い込み馬のようだ。

9着 5番 ユーバーレーベン 牝 2 柴田大知 54 1.35.7 33.7

まずまずのスタートから中団の位置を追走していたが、3角の手前辺りで内から外に進路を切り替えたクールキャットにぶつけられ外にはじかそこから一旦後方に下がってややインのポジションを取るも馬がふらふらしてしまい、位置は後方になる。4角もほぼ最後方のインを回って直線で伸びてきたが、位置取りの悪さが響いて勝負圏内には上がれなかった。
不利が響いたのは確かだが、3着以内に入れる実力があるようには見えなかった。

10着 16番 ヴァーチャリティ 牝 2 横山典弘 54 1.35.8 34.5

中団追走。直線に入ってからはいい位置につけたが、そこからの伸びはなかった。

11着 11番 ニシノリース 牝 2 内田博幸 54 1.35.9 34.2

ダッシュつかず後方から、4角で外を回るも、直線ののびは大したことなかった。

12着 3番 ミルウ 牝 2 岩田望来 54 1.35.9 33.9

スタート今一つで後方から、4角の勝負どころではついて着ないような感じで後退気味。直線で大外に出すと少しは伸びで後方の数頭だけ交わした。

13着 10番 ペイシャフェスタ 牝 2 武士沢友 54 1.36.2 34.4

後方のまま見どころなし。

14着 9番 オレンジフィズ 牝 2 北村宏司 54 1.36.3 35.4

先頭に立ち、スローペースで逃げていたが、直線の途中で失速。

15着 1番 タウゼントシェーン 牝 2 戸崎圭太 54 1.37.3 35.6


インで中団を追走するも直線の途中で失速。

16着 12番 ハイプリーステス 牝 2 柴田善臣 54 1.37.6 36.1

中団追走するも、直線で大きく失速した。

« 「Hello! Petitluxe〜コンセプトルーム&宿泊プラン〜」は超お得かも | トップページ | 2020 スワンステークス G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Hello! Petitluxe〜コンセプトルーム&宿泊プラン〜」は超お得かも | トップページ | 2020 スワンステークス G2 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ