« 2021 中山金杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2021 シンザン記念 G3 レース回顧 »

2021年1月13日 (水)

2021 京都金杯 G3 レース回顧

1.レース結果の基礎データ

2021年 1月 5日(火) 1回中京1日 天候: 曇 馬場状態: 良
11R 第59回スポーツニッポン賞京都金杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝 1600m 16頭立


馬場差 -0.9 完全タイム差 +0.5
タイムランク D メンバーランク D

2021011303

序盤のポジション争いが激しくなった。2角までの距離が短いので、このコースの序盤のポジション取りの巧拙はありそうなので、この点はしっかり覚えておきたい。ポジション争いが激しくなったわりにはそうペースは速くなっていないので、前につけれた馬は有利だった。

2.完全タイム差検証

2021011304

0.5秒ほど低く見た方がよさそう。

3.各馬の分析

1着 2番 ケイデンスコール 牡 5 岩田康誠 56 1.33.1 34.0

好スタートからインの中団を追走。4角をインでじっくり回り距離得から直線入口では前から3頭目の位置につける。直線の坂ではややもたついたように見えたが、坂を上がって少し外に出すとグイっと伸びて1着になった。
インでうまく立ち回って直線入口までに勝負圏内に来れたことが大きい。前走6着の上り3ハロンタイムが34.2秒で今回が34.0秒ということで末脚はさほど優れているわけではないのは変わらず、ポジショニングによるところが大きい勝利。内枠でイン突きをするときの岩田康誠騎手には今年も警戒が必要ということのようだ。

2着 4番 ピースワンパラディ 牡 5 福永祐一 56 1.33.2 33.9

好スタートから4,5番手でやや外を回り、直線に入って、最初の坂では伸びは今一つに見えたが、最後までジワジワ伸びて2着になった。
1着馬との差は3,4角のコーナリングの差は明らかで、能力的にはこちらの方が上。ただ、少し反応に時間がかかるようなので直線の短いコースは向いていないかもしれない。


3着 13番 エントシャイデン 牡 6 川須栄彦 56 1.33.4 34.9

好スタートから一気に先頭に立ち、向こう正面ではややペースを落とすことが出来たので、最後まで粘って3着となった。
4角がスパイラルコースの中京ではやはり前に行き切った馬は恵まれる。しかしながら、この馬が逃げると予想するのは極めて難しかった。

4着 14番 タイセイビジョン 牡 4 石橋脩 56 1.33.4 34.3

3番手を追走。直線入口では勝ち馬と同じような位置にいたが、坂での伸びが今一つ。ゴール前まで少し伸びてはいるのだが勢いが足りなかった。古馬重賞では少し足りないと考えてよさそう。

5着 10番 シュリ 牡 5 武豊 56 1.33.4 34.1

やや出遅れるが、二の足で5,6番手の位置まで押し上げる。4角ではやや反応悪く、直線では坂を上がって最後までそこそこ伸びてはいるが少し足りなかった。重賞では足りない。また、4角の反応がよくなかったのは、もう少し緩いペースでないと能力が発揮できないということなのかもしれない。

6着 8番 レッドガラン 牡 6 北村友一 56 1.33.5 33.6

やや出遅れるも騎手がリカバーしようとするが、2角に入るまでの勢いが他馬に劣り後方のポジションになる。4角では外を回りすぎないようにうまく回り、直線もややインで最後までしっかり伸びてきたが、前半のポジショニングの悪さが響いて6着までだった。
末脚の勢いは目立つもので、騎手も前半のポジショニングの悪さを反省している。次走も北村友一騎手が乗るのであれば狙ってみたい。

7着 11番 ボンセルヴィーソ 牡 7 鮫島克駿 55 1.33.6 34.9

序盤速く2番手の位置につけれたが、最後まで粘ることが出来なかった。前のポジションを楽に取れるスピードがあるものの、相当恵まれないと前残りが叶わない馬。

8着 16番 トリプルエース 牡 4 団野大成 55 1.33.6 33.9

スタートで少し外によれ勢いつかず。それでも外からポジションを取りに行こうとするが、2角の距離ロスで後方の位置になってしまう。直線では外からグイグイ伸びてきていた。
大外枠がよくなかったのは明らかで、オープン初戦だったこともあり、次走警戒が必要。

9着 7番 スマートオーディン 牡 8 荻野極 57 1.33.8 34.4

このレースを最後に中央抹消となった。

10着 6番 レッドアネモス 牝 5 吉田隼人 55 1.33.8 34.1

中団やや後方を追走。4角では外を回りすぎないようにうまく回り、直線もややインで最後までそこそこ伸びてきていた。戦績からわかるように速い末脚がないのでもう少し上りのかかる展開にならないと出番がない。

11着 5番 メイケイダイハード 牡 6 酒井学 55 1.33.9 34.4

中団やや後方を追走していたが、最後の末脚が足りなかった。

12着 15番 サトノアーサー 牡 7 坂井瑠星 57.5 1.34.1 34.6

外の中団を追走するも直線では勢いがなかった。やはり重賞では末脚が足りないので相当恵まれないとだめなようだ。

13着 12番 ラセット 牡 6 加藤祥太 55 1.34.2 34.6

後方待機の馬が意図的に中団のポジションを取りに行ったが、その分末脚が削がれて伸びなかった。

14着 9番 ブラックムーン 牡 9 幸英明 56 1.34.2 34.2

後方追走のまま見どころなし。

15着 1番 ケイアイノーテック 牡 6 藤岡佑介 57 1.34.2 34.4

行き脚つかず後方からになり、4角でも力んで大外を回る距離ロスがあり、直線ではさっぱり伸びなかった。
この馬らしさが全く見られない下手な競馬であったので、ここで見限らない方がよさそう。

16着 3番 ロードマイウェイ 牡 5 松若風馬 57 1.34.4 34.2

後方追走のまま見どころなし。前走で復調の兆しが見れたのだが、まだアテにはできないようだ。

 

 

「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。

 

完全タイム差を検証する表について説明します。

 

« 2021 中山金杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2021 シンザン記念 G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 中山金杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2021 シンザン記念 G3 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ