« 2021 アメリカジョッキーCC G2 レース回顧 | トップページ | 2021 シルクロードステークス G3 レース回顧 »

2021年1月26日 (火)

2021 東海ステークス G2 レース回顧

インティ以外今一つのメンバーだったので、さすがにこれならインティでも勝てると思った人が多く1番人気になったが、やはりインティはムラ馬でアテにしてはいけない馬ということを示す結果となった。

1.レース結果の基礎データ

2021年 1月24日(日) 1回中京8日 天候: 雨 馬場状態:不良
11R 第38回東海テレビ杯東海S
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) ダート 1800m 15頭立

2021012503
馬場差 -2.1 完全タイム差 +0.1
タイムランク C メンバーランク C

高速ダートでかつハイペースだったので、かなり速いラップタイムになっている。ここまで速いと今回実力を発揮できなかった馬でも次走重いダートで好走する馬が出てくる可能性がある。


2.完全タイム差検証

2021012504

かなりの過大評価で1.1秒ほど低く見た方がよさそう。


3.各馬の分析

1着 11番 オーヴェルニュ 牡 5 川田将雅 56 1.49.2 37.8

4番手を追走。向こう正面で外から3番手に進出し、3,4角で内の前2頭に外からプレッシャーをかけ続け、直線に入って先頭に立つとそこから難なく勝ち切った。
終わってみれば危なげのない勝利でこのメンバーでは力が上だった。前目のポジションを取れるのが強みで、今後の成績も安定しそう。

2着 12番 アナザートゥルース セ 7 松山弘平 57 1.49.5 37.6

中団やや前の6番手あたりを追走。4角での加速は今一つのように見えたものの、直線でしぶとく伸びてきて2着に浮上した。
4角の手応えがよくないように見えるのは何度も見てきたところで、最後までしぶといのがこの馬の強みとなる。勝ち切るイメージはないが相手候補として注意が必要な馬。

3着 15番 メモリーコウ 牝 6 古川吉洋 54 1.49.5 37.2

中団やや後方のインを追走。4角ではアナザートゥルースのすぐ後ろの外から伸びてきたが、伸び脚は悪くなく3着に浮上した。
中央での出走は久々だったが、中央で走ったときは速い上り3ハロンタイムを出していることが多く、メンバー次第では今後も好走する可能性はある。

4着 13番 デュードヴァン 牡 4 幸英明 55 1.49.6 36.7

後方追走から直線だけで大外から勢いよく伸びたが、4着までだった。
直線途中までは、上位進出できそうな勢いがあったが、最後まで続かない。直線がさらにながく、前の馬がバテる展開になるともう少しやれるかもしれない。


5着 1番 グレートタイム 牡 6 福永祐一 56 1.49.8 37.8

中団インを追走。4角もインを回り、直線で伸びてきてはいたが、最後まで勢いが続かなかった。
上手く立ち回っているので、実力的にこのメンバーでもこの程度ということのようだ。

6着 10番 ハヤヤッコ 牡 5 田辺裕信 56 1.49.9 36.9

後方追走から直線で伸びてきてはいたが、伸び脚は今一つだった。
高速ダートが向いていないということはありそう。

7着 7番 ケイアイパープル 牡 5 中井裕二 56 1.50.3 38.9

2,3番手追走するも直線途中から伸びを欠いた。


8着 4番 タイキフェルヴール 牡 6 内田博幸 56 1.50.7 38.7

中団追走するも4角の伸びが今一つで直線でもジワジワしか伸びなかった。
負けすぎな印象で、パワー型なので高速ダートが向かなかった可能性が高い。

9着 9番 ダノンスプレンダー 牡 5 岩田康誠 56 1.51.0 39.2

中団インを追走し、直線に入ったところの勢いも悪くなかったが、残り300mあたりから勢いがなくなった。
上りでここまで極端に失速することはなかったので、この馬にはペースが速すぎて追走で脚を使い切ってしまったということなのかもしれない。

10着 3番 コマビショウ 牡 6 松若風馬 56 1.51.2 38.7

後方のまま見どころなし。

11着 5番 テーオーフォース 牡 6 国分恭介 56 1.51.4 38.7

後方のまま見どころなし。

12着 6番 インティ 牡 7 武豊 57 1.52.2 40.8

速いペースで逃げたが直線で大きくバテた。
今回のような失速パターンは何度か見てきているので、特に驚きはない。成績にムラのある馬なので、アテにしてはいけない馬。

13着 8番 ムイトオブリガード 牡 7 北村友一 56 1.53.0 40.5

後方のまま見どころなし。

14着 2番 ダイシンインディー 牡 5 岩田望来 56 1.53.3 41.5

序盤で前目の位置につけたが、3角に入るところからついていけなくなった。

15着 14番 ロードアクシス 牡 6 和田竜二 56 1.54.8 39.2

1角で大きく外へ膨れ、離れた最後方になる。左回りが初めてでうまく走れなかったということで、今回は参考外

 

 

「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。

 

完全タイム差を検証する表について説明します。

 

« 2021 アメリカジョッキーCC G2 レース回顧 | トップページ | 2021 シルクロードステークス G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 アメリカジョッキーCC G2 レース回顧 | トップページ | 2021 シルクロードステークス G3 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ