« 2021 京成杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2021 アメリカジョッキーCC G2 レース回顧 »

2021年1月20日 (水)

2021 愛知杯 G3 レース回顧

難解なレースであったが、マジックキャッスルの今後が期待できそうと感じられる結果になった。

1.レース結果の基礎データ

2021年 1月16日(土) 1回中京5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第58回愛知杯
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)(特指) 芝 2000m 18頭立


馬場差 -0.8 完全タイム差 +0.6
タイムランク D メンバーランク D

2021012001

かなりのハイペースになり、差し追い込み馬が上位に来る展開になった。ここまで追い込み有利の展開になることも珍しい。


2.完全タイム差検証

2021012002

0.6秒ほど低く見た方がよさそう。

3.各馬の分析

1着 18番 マジックキャッスル 牝 4 戸崎圭太 54 1.58.7 35.4

中団やや後方を追走。4角はやや外を回るもしっかりポジションを上げていき、直線外からしっかり伸びてきて1着になった。
秋に成長していることが感じられ過去2戦の陣営コメントで「パンパンの良馬場ならさらにやれる」とあり、そのとおりやや高速の良馬場でしっかりパフォーマンスを上げてきた。4角からしっかり加速できる強みがあり、勝ち切るには流れる展開になる必要があるものの、今後も活躍が期待できる。

2着 14番 ランブリングアレー 牝 5 福永祐一 54 1.58.7 35.4

中団追走から4角では外を回りすぎないように回り、直線の坂で一気に伸び脚を見せて先頭にたったが、最後は1着馬に交わされた。
持久力のある馬であり、ハイペースで前がバテる展開がハマった2着。


3着 4番 ウラヌスチャーム 牝 6 岩田康誠 54 1.59.2 35.2

最後方追走から直線で大外に出してジワジワ伸びてきて3着に浮上した。
後方待機で新味を見せたような形であるが、大外からの伸び脚はそう鋭いものでなく、前がバテる展開に乗じての3着。


4着 13番 アブレイズ 牝 4 藤井勘一 53 1.59.2 35.5

後方追走から直線で外に出し、ウラヌスチャームのすぐ内で同じように伸びていた。直線坂の伸び脚はウラヌスチャームよりよい伸び脚だったが、最後は差された。
明らかに展開に恵まれての4着。

5着 7番 サトノガーネット 牝 6 坂井瑠星 55 1.59.5 35.7

後方追走から、4角はあまり外を回りすぎないように回り直線で伸びようとするもなかなか伸びず。ゴール直線で少し伸びた。
追い込み馬なので展開が向いたはずなのだが、坂での伸び脚がいまひとつなようだ。

6着 11番 デンコウアンジュ 牝 8 柴田善臣 56 1.59.5 36.0

後方追走から4角ではあまり外を回りすぎないように回り直線で早めの進出を試みたが伸び脚が足りなかった。
展開は向いたが、さすがに衰えが感じられるということかもしれない。

7着 10番 サトノダムゼル 牝 5 川田将雅 53 1.59.6 36.7

前で飛ばす3頭から離れた4番手を追走。直線ではインをつき、伸びてこようとするも伸び脚が足りなかった。
ポジションはよいように見えたものの、追い込み馬に有利な展開になったため伸び脚が足りなかった。

8着 9番 カセドラルベル 牝 5 松山弘平 53 1.59.6 36.1

中団インを追走し、直線もインから伸びようとするも伸び脚が足りなかった。
オープンでは能力不足のようだ。

9着 15番 シゲルピンクダイヤ 牝 5 和田竜二 54 2.00.0 37.0

前で飛ばす3頭から離れた5番手を追走。直線では伸びを欠いた。
スタートの問題は解消したようだが、近走のように前に行く形では展開の助けで前残りが叶う場合しか好走のイメージができない。

10着 3番 ディアンドル 牝 5 池添謙一 54 2.00.0 37.7

ハイペースで飛ばしたが、直線で失速した。

11着 5番 センテリュオ 牝 6 ルメール 56 2.00.1 36.3

後方追走から見せ場なし。ハイペース戦はだめなようだ。

12着 12番 レッドアステル 牝 5 武豊 53 2.00.2 36.7

後方追走から見せ場なし。ハイペース戦はだめなようだ。

13着 1番 ドナウデルタ 牝 5 岩田望来 54 2.00.2 36.7

後方追走から見せ場なし。ハイペース戦はだめなようだ。

14着 2番 ウインマイティー 牝 4 松若風馬 53 2.00.4 37.2

中団追走からいいところがなかった。やはり古馬とのレースでは通用しない可能性が高い。

15着 16番 リンディーホップ 牝 6 武藤雅 52 2.00.4 37.3

中団追走からいいところがなかった。オープンでは通用しない可能性が高い。

16着 8番 サマーセント 牝 5 幸英明 52 2.01.1 38.0

ある程度の位置でついて回ったが、4角ではもう余力がなかった。ハイペース戦はだめなようだ。

17着 17番 ナルハヤ 牝 7 藤田菜七 52 2.02.4 39.9

ハイペースで前3頭で競り合って大きくバテた。

18着 6番 タガノアスワド 牝 7 北村友一 52 2.02.4 39.9

ハイペースで前3頭で競り合って大きくバテた。

 

« 2021 京成杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2021 アメリカジョッキーCC G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 京成杯 G3 レース回顧 | トップページ | 2021 アメリカジョッキーCC G2 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ