« 2021 チューリップ賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2021 弥生賞 G2 レース回顧 »

2021年3月10日 (水)

2021 オーシャンステークス G3 レース回顧

ここでコントラチェックが好走することを予想するのが難しいレースだった。

1.レース結果の基礎データ

2021年 3月 6日(土) 2回中山3日 天候: 晴 馬場状態:稍重
11R 第16回夕刊フジ賞オーシャンS
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) 芝 1200m 16頭立


馬場差 ±0 完全タイム差 +0.4
タイムランク D メンバーランク D

2021031003

中山1200mにしてはさほど速いペースではない。展開と、内有利、差しが決まりにくい馬場であったことから前につけた馬が有利となった。

2.完全タイム差検証

2021031004

0.4秒ほど低く見た方がよさそう。

3.各馬の分析

1着 8番 コントラチェック 牝 5 丸山元気 54 1.08.4 34.3

好スタートから楽に3番手の位置をつける。直線に入って前に迫ろうとするもの2番手にいたカレンモエの方が勢いがあり差が詰まらなかったものの、ゴール直線で一伸びして1着になった。
好走するのは先行できた時で、1200m戦ではなかなか前のポジションが取れなかったのだが、今回は中山にしてそうペースが速くなかったので先行することが出来た。良績が中山に集中していて、最後に一伸びしたので中山の最後の坂が合っているのかもしれない。好走する機会は今後も限られそう。

2着 3番 カレンモエ 牝 5 北村友一 54 1.08.4 34.3

先頭から少し離れた2番手を追走し、直線に入ってしっかり伸びて前を捕らえたものの1着馬の急襲にあっての惜しい2着。
楽に好位置を取れて最後一伸びできるので能力が高いことが確か。ただし今回も4角で少しだけ外を回ったようにコーナリングはやはりあまり上手くないように思える。

3着 4番 ビアンフェ セ 4 藤岡佑介 56 1.08.6 34.9

楽に先頭に立つも最後の坂の途中で脚色が鈍る。それでも後続の追撃をギリギリ抑えての3着だった。
他に初速が速い馬がいなくて楽に先頭に立てたことを、前残りの馬場に助けられての3着とみる。

4着 6番 ヒロイックアゲン 牝 7 石橋脩 54 1.08.7 34.3

インの中団を追走。直線でもインから伸びようとするも伸び脚はジリジリとしたもので、距離ロスない走りが出来ていても最後までビアンフェを交わせなかったので、4着でも評価できない。

5着 7番 カイザーミノル 牡 5 横山典弘 56 1.08.7 34.5

インの4番手を追走。坂の途中まではよく粘れていたが、最後は脚色が鈍った。
昇級初戦であるが前走からつけたブリンカーの効果があったようでオープンでも好走できた。

6着 15番 ダイメイフジ 牡 7 田辺裕信 56 1.08.8 34.5

中団終始外を回る。直線で伸びるも勢いが足りなかった。
たまに好走する馬で、今回も比較的走れている方なのだが、狙いどころが難しい馬。

7着 10番 ヴェスターヴァルト 牡 4 富田暁 56 1.08.8 34.2

中団追走から直線の伸び脚は大したことなかった。

8着 16番 ラヴィングアンサー 牡 7 勝浦正樹 56 1.08.9 34.0

後方追走から直線では外から伸びてくるも、伸び脚は大したことなかった。

9着 11番 アストラエンブレム セ 8 石川裕紀 56 1.09.0 34.2

中団のやや後方を追走。4角では外を回りすぎないように回ったが、直線での末脚の勢いが足りなかった。

10着 5番 アンヴァル 牝 6 藤岡康太 54 1.09.0 34.4

中団追走するも4角の勝負所の反応が悪く、最後も伸びなかった。

11着 14番 アイラブテーラー 牝 5 横山武史 54 1.09.0 33.6

最後方追走から、4角外を回りすぎないように回ったが、直線での末脚の勢いが足りなかった。

12着 13番 アウィルアウェイ 牝 5 三浦皇成 54 1.09.0 33.8

後方追走から、4角で外を回り、騎手の腕が激しく動き外から進出しようとするも、直線入口でもまだ後方。4角から脚を使った分直線の伸び脚は大したことなかった。
直線だけで一気の末脚を見せる馬がらしくない走りをした。が、そもそも追い込みの決まる展開、馬場ではなかった。

13着 2番 アルピニズム 牡 4 ルメール 56 1.09.0 34.4

スタートの出が悪くこの馬としてはやや後ろの位置取りとなるインの7番手くらいの位置になる。前目につけて好走してきた馬なので、序盤の位置取りがすべてで今回は見どころがなかった。

14着 12番 キングハート 牡 8 木幡巧也 56 1.09.2 34.5

特に見どころなし。

15着 9番 エイティーンガール 牝 5 大野拓弥 54 1.09.3 34.3

後方追走のまま見どころなかった。休み明け2戦目で調子を上げることが多かったので、今期は調子が悪いのかもしれない。

16着 1番 ナリタスターワン 牡 9 笹川翼 56 1.11.8 36.5

特に見どころなし。

 

「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。

 

完全タイム差を検証する表について説明します。

« 2021 チューリップ賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2021 弥生賞 G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 チューリップ賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2021 弥生賞 G2 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ