« 初期キング・クリムゾンのレア映像 | トップページ | 2021 日経賞 G2 レース回顧 »

2021年3月30日 (火)

2021 毎日杯 G3 レース回顧

上位4頭とそれ以下の実力差がはっきり出たレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2021年 3月27日(土) 2回阪神1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第68回毎日杯
3歳・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝 1800m・外 9頭立

 

馬場差 -1.8 完全タイム差 -1.0
タイムランク A メンバーランク C

2021033001

高速馬場で緩急が少なく速い平均ペースと、もっとも高時計が出やすい展開になった。

 


2.完全タイム差検証

2021033002

時計の出やすい馬場、展開から極端な過大評価になっている。。2秒ほど低く見たほうがよい。


3.各馬の分析

1着 6番 シャフリヤール 牡 3 川田将雅 56 1.43.9 34.1

スタートは速くなく一旦後方になるも、2ハロン目からじわっと上がっていき4番手につける。直線に向いてルペルカーリアの後ろでしばらく進路がなかったが、ウエストンバートがバテて前が開くとグッと加速。鮮やかに抜け出して1着になった。
序盤でスムーズに前の位置につけたのがよかった。前走で後方からの瞬発力勝負では分が悪いのがわかったためだと思われるが、この馬は前目につけてひと足使う勝負の方が向いているようだ。

2着 7番 グレートマジシャン 牡 3 ルメール 56 1.43.9 34.0

スタートは速くなく中団の位置につける。直線外から伸びてきて残り200mの手前辺りで加速すると突き抜けそうな勢いがあったが、内にいた1着馬を最後まで交わせずの2着だった。
速い流れにしっかり対応したが、最後は坂が堪えたのかもしれない。、

3着 1番 プログノーシス 牡 3 藤岡佑介 56 1.44.2 34.1

スタート遅く最後方から、4角で外を回りすぎないように回り、直線入口でも後方ながら前との差はそうない位置につける。直線の伸びはジワジワしたもので、最後はルペルカーリアがバテて3着に浮上した。
追走力は今一つなものの立ち回りの上手さはありそうで、持続力もありそう。まだキャリア2戦なので、キャラがつかみにくいが、そこそこやれそうな雰囲気はある。

4着 4番 ルペルカーリア 牡 3 福永祐一 56 1.44.4 34.8

スタートよくじわっと2番手の位置につける。直線に入って先頭煮立ち、そのまましばらく粘っていたが最後でバテて4着。
高速馬場で最後の粘りを欠いたという感じで、前残りが叶う馬場、展開になればかなりやれそう。

5着 3番 レヴェッツァ 牡 3 池添謙一 56 1.45.1 35.0

後方追走。直線に入って伸びてはいたが、前4頭とは決定的な差があったのは明らかだった。

6着 8番 ウエストンバート 牡 3 国分優作 56 1.45.9 36.4

スタート速く先頭に立ち、直線に入って交わされてからもしばらく粘っていたが、残り200mで脱落した。
スタートが速いことは覚えておきたい。

7着 5番 ダディーズビビッド 牡 3 浜中俊 56 1.46.3 36.6

先行するも直線では伸びを欠いた。やはり緩いペースでないと駄目なようだ。

8着 9番 ロジローズ 牡 3 団野大成 56 1.46.6 36.5

後方2番手追走。直線でも伸びず見どころはなかった。

9着 2番 ディープリッチ 牡 3 藤井勘一 56 1.46.7 36.9

インの4番手あたりにつけたが、直線でまるでのびなかった。

 

「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。

 

完全タイム差を検証する表について説明します。

« 初期キング・クリムゾンのレア映像 | トップページ | 2021 日経賞 G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初期キング・クリムゾンのレア映像 | トップページ | 2021 日経賞 G2 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ