« 2021 桜花賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2021 アンタレスステークス G3 レース回顧 »

2021年4月21日 (水)

2021 アーリントンC G3 レース回顧

1.レース結果の基礎データ

2021年 4月17日(土) 2回阪神7日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第30回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(馬齢) (国際)(指定) 芝 1600m・外 18頭立


馬場差 +0.6 完全タイム差 -0.5
タイムランク B メンバーランク C

2021042001


緩急なく速いペースであるが序盤のポジション争いはさほど激しくなかった。

 

2.完全タイム差検証

2021042002

かなりの過大評価で1.3秒ほど低く見た方がよい。緩急のない時計の出やすいレースになったことが過大評価の要因となる。

3.各馬の分析

1着 9番 ホウオウアマゾン 牡 3 川田将雅 56 1.34.2 34.8

好スタートから楽に2番手につける。直線に入ってしっかり伸びて先頭に立つと後続の追撃を振り切って1着となった。
前目につけて最後ひと足使う馬なので今回楽に前目につけられたことがよかった。今後も活躍が期待できそうだが、朝日杯FSでは他が速く前につけれなかったので、今後も予想にあたっては初速の速い馬が多いかどうかを考える必要がありそうだ。

2着 10番 リッケンバッカー 牡 3 幸英明 56 1.34.4 34.7

中団のやや前につける。4角を外をまわりすぎないように回り直線に入ってすぐは伸びはあまり伸びなさそうな感じだったものの、残り200mからグイっと伸びて2着になった。
未勝利脱出に5戦かかった馬なので人気がなかったが、その未勝利戦はレベルの高いものが多かった。未勝利戦から一気の重賞挑戦で成長力を見せた。エンジンがかかるにに時間がかかりそうなタイプであり、さらに最後は坂のコースの方がよいのかもしれない。

3着 12番 レイモンドバローズ 牡 3 浜中俊 56 1.34.5 35.0

スタートは速くないが二の足で4番手の位置につける。直線に入ってしっかり伸びてはいたものの、最後までホウオウアマゾンには最後まで届かず、最後わずかにリッケンバッカーに差されて3着となった。
前目につけてひと足使うタイプではあるが、初速は速くないので、この馬も今後も予想にあたっては初速の速い馬が多いかどうかを考える必要がありそうだ。

4着 8番 ピクシーナイト 牡 3 福永祐一 56 1.34.6 35.4

好スタートから楽に先頭に立ち後続を引き付けての逃げを打つ。最後までしっかり粘っていたものの、ゴール直前で上位3頭に交わされたが4着は安泰だった。
騎手のレース後コメントでは「先を見据えた仕上げ」であったと言っていて、今回の内容も悪くなかったので、次走上積みが期待できる。

5着 14番 ワールドバローズ 牡 3 和田竜二 56 1.34.8 35.4

スタートは速くないが二の足で3番手につける。最後の直線ではしっかり伸びたものの、上位4頭とは力量差がはっきりした走りだった。
楽に前目につけれたことが大きい善戦だった。1勝クラスに戻ればかなりやれそうなものの今回の4着は高く評価すべきではない。

6着 3番 ノースザワールド 牡 3 藤岡康太 56 1.34.9 34.3

後方を追走。4角はインを回り直線入口ではややポジションを上げてそこからしっかり伸びて6着になった。
後方から、上り3ハロンタイムは3番目に速いタイムだったもののあまり見どころのある末脚ではなかった。

7着 13番 サトノラムセス 牡 3 岩田康誠 56 1.34.9 34.0

最後方追走。直線では大外から最速の上り3ハロンタイムで追い込んでいたが、上位勢に迫れるような末脚ではなかった。

8着 15番 ショウリュウレーヴ 牡 3 団野大成 56 1.35.0 35.4

中団を追走。直線に入ってすぐは伸びそうな雰囲気があったが、勢いは続かなかった。

9着 2番 アドマイヤザーゲ 牡 3 池添謙一 56 1.35.2 34.9

後方インを追走。直線ではインを突いて抜け出そうとしたものの、大した脚は使えなかった。

10着 4番 バルドルブレイン 牡 3 富田暁 56 1.35.2 35.2

中団のインを追走するも直線の伸び脚は大したことなかった。

11着 11番 ジュリオ 牡 3 ルメール 56 1.35.4 35.4

中団追走するも直線は大して伸びず。道悪がダメだったということはありそう。

12着 1番 トーホウディアス 牡 3 国分優作 56 1.35.4 35.6

インから前にでようとするものの、二の足遅くインの中団の位置になり、その後いいところがなかった。
逃げて好走してきた馬ではあるものの、今回のメンバーで先手が取れないようであれば今後好走の機会は少なそう。

13着 16番 ジャスティンカフェ 牡 3 北村友一 56 1.35.8 35.8

後方追走から、最後の末脚は大したことなかった。

14着 6番 タイフォン 牡 3 荻野極 56 1.35.9 35.2

後方追走から最後も大して伸びなかった。


15着 5番 バクシン 牡 3 坂井瑠星 56 1.36.1 36.6

インの4番手につけていたが、最後はまるで伸びなかった。

16着 7番 サイモンメガライズ 牡 3 斎藤新 56 1.36.2 35.9

後方のまま見どころなし。

17着 18番 グレイイングリーン 牡 3 岩田望来 56 1.36.2 36.4

中団につけるも直線の途中からまるで伸びなかった。距離が長かった可能性がある。


18着 17番 サンデージャック 牡 3 鮫島克駿 56 1.36.4 36.1

後方追走のまま見どころなし。

 

「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。>

 

 

完全タイム差を検証する表について説明します。

 

« 2021 桜花賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2021 アンタレスステークス G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 桜花賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2021 アンタレスステークス G3 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ