« 2021 ダービー卿チャレンジトロフィー G3 レース回顧 | トップページ | 2021 ニュージーランドトロフィー G3 レース回顧 »

2021年4月 7日 (水)

2021 大阪杯 G1 レース回顧

4角でコントレイルが上がっていき、グランアレグリアと並んだところでは名勝負を予感したものの、なんとこの2頭のたたき合いは3着争いで、モズベッロに負けた驚きの結果となった。この2頭の能力把握は少し下方修正が必要なようだ。

1.レース結果の基礎データ

2021年 4月 4日(日) 2回阪神4日 天候: 雨 馬場状態: 重
11R 第65回大阪杯
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 2000m・内 13頭立


馬場差 +2.3 完全タイム差 +0.8
タイムランク C メンバーランク B

2021040603

かなりの雨が降り、極端に馬場が悪化したようだ。


2.完全タイム差検証

2021040604

かなり妥当な完全タイム差に思える。昨年のJCとマイルCSの真完全タイム差は少し下方修正した方がよいのかもしれない。

3.各馬の分析

1着 8番 レイパパレ 牝 4 川田将雅 55 2.01.6 36.8

スタートは速くはないが、ジワジワ進出し、1角までに先頭に立つ、そこからやや速いペースで後続を引っ張り直線では馬場のいいところの外へ出してそこからしっかり伸び続けて1着になった。
道悪で速いペースだったのでかなり上りのかかる展開ながら上り3ハロンタイム最速で走っている。このメンバーでは力上位であることを示した。ただし、今回はG1としてはそうレースレベルが高くないので、今後高いレベルでのレースで安定して好走できるかはまだ疑問が残る。

2着 1番 モズベッロ 牡 5 池添謙一 57 2.02.3 36.8

後方追走から残り600mから早めに進出を開始するも早めにペースアップする展開だったため、直線入口でも前との差はあったものの、外からしっかり伸び続け2着になった。
ここ数戦復調の兆しを見せていて、外差しの叶う展開になればやれそうな雰囲気を見せていたのでここでの好走は不思議ではない。この馬が2着のに来れたことからこのレースのレベルがそう高くないことがわかる。

3着 7番 コントレイル 牡 4 福永祐一 57 2.02.5 37.4

やや後方追走ながら4角での加速がよく、直線入口では勝負圏内の4番手あたりにつける。そこからグランアレグリアとの長いたたき合いになり最後は競り落としたものの、外から来たモズベッロにはあっさり交わされてしまった。
4角での加速のよさや、たたき合いので勝負根性とらしさをみせたものの、モズベッロにあっさり交わされたのは不満が残る。能力を少し下げて考えた方がよいのかもしれない。そう考えると、昨年のジャパンカップの真完全タイム差も少し下方修正した方がよいのかもしれない。

4着 12番 グランアレグリア 牝 5 ルメール 55 2.02.5 37.4

5番手追走から4角でじわっと進出し、2番手につけてコントレイルとは馬体を離して少し前の位置にいたが最後は少し甘くなってしまった。
1200m,1600m,2000mとG1でこれだけの距離差があっての連続好走はさすがに無理があったということで、この馬にとってはやはりもう少し距離が短い方がよさそう。あと、最後はコントレイルと意図的に馬体を離したふしがあるので、やはり馬郡での走りに不安があるのは続いているようだ。

5着 2番 サリオス 牡 4 松山弘平 57 2.02.7 37.7

3番手追走からインぴったりを走り直線入口ではインぴったりの2番手の位置にいてしっかり伸びてはいるものの上位4頭とは脚色が確実に劣った。
馬場展開が向かず能力が発揮できなかったということはありそう。

6着 10番 カデナ 牡 7 鮫島克駿 57 2.03.0 37.2

後方インを追走。4角で少し外に出し、そこからしっかり追い込んできてはいた。
自身の能力はしっかり発揮できたが、このメンバーではここまでということのようだ。

7着 3番 アーデントリー 牡 5 和田竜二 57 2.03.3 37.7

中団のイン追走から最後はよく伸びているものの、上位6頭との力差は歴然だった。

8着 4番 ブラヴァス 牡 5 三浦皇成 57 2.04.0 38.2

やや後方を追走。最後は外から伸びようとしてはいるものの、伸びなかった。
後方で脚を貯めてもこのメンバーではここまで。

9着 13番 アドマイヤビルゴ 牡 4 岩田望来 57 2.04.1 38.6

中団追走していたが、勝負所のペースアップで対応できずに後方に下がりいいところがなかった。

10着 5番 ペルシアンナイト 牡 7 幸英明 57 2.04.2 38.4

後方追走のまま見どころなし。

11着 9番 クレッシェンドラヴ 牡 7 内田博幸 57 2.04.7 39.3

中団インを追走したが、直線でまるで伸びなかった。

12着 6番 ワグネリアン 牡 6 吉田隼人 57 2.05.2 39.9

3番手を追走。流れに乗って追走していたが、3角過ぎに早々と一杯に。そこからは後退する一方だった。

13着 11番 ハッピーグリン 牡 6 団野大成 57 2.11.9 45.6

2番手追走していたが、3角からついていけず大差負け。

 

「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。

 

完全タイム差を検証する表について説明します。

« 2021 ダービー卿チャレンジトロフィー G3 レース回顧 | トップページ | 2021 ニュージーランドトロフィー G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 ダービー卿チャレンジトロフィー G3 レース回顧 | トップページ | 2021 ニュージーランドトロフィー G3 レース回顧 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ