« 2021 シリウスステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2021 アルテミスステークス G3 レース回顧 »

2021年10月 7日 (木)

2021 G1 スプリンターズステークス レース回顧

順調に成長してきたピクシーナイトの好走を予想するのは容易なレースだったものの、シヴァージの3着を予想するのが難しかった。こうした穴馬をピックアップするのはどうすればいいか当面の課題である。


1.レース結果の基礎データ


2021年10月 3日(日) 4回中山9日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第55回スプリンターズS
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1200m 16頭立


馬場差 -1.6 完全タイム差 +0.3
タイムランク D メンバーランク C

LAP :11.7-10.6-11.0-11.1-11.3-11.4
通過:33.3-44.4-55.7-67.1 上り:67.1-55.4-44.8-33.8 平均:1F:11.18 / 3F:33.55

中山1200mとしてはさほど速くないペースで上りが速いレースになり、かつ内が伸びる馬場だったので、後方外から追い上げる馬の出番が全くないないレースとなった。そんな中、外でロスの大きい走りをした メイケイエールはかなり能力が高いといえそう。性格さえよくなればもっと活躍できるのだが・・・

 


2.完全タイム差検証


2021100502

ほぼ妥当ではあるものの、0.2秒ほど低く見た方がしっくりくるように思える。


3.各馬の分析


1着 4番 ピクシーナイト 牡 3 福永祐一 55 1.07.1 33.4

好スタートからインぴったりの3番手を追走。直線に入って追い出すと楽に先頭に立ち、他馬を寄せ付けずの完勝だった。内が伸びる馬場であったことと、過去2戦に比べてややペースが緩く好位が取りやすかったことに恵まれた面はあるものの、過去2戦で古馬相手にしっかり成長している走りを見せていたので順当勝ちといえる。今後も活躍が期待できる。

2着 12番 レシステンシア 牝 4 ルメール 55 1.07.4 33.5

好スタートながら一旦4番手まで下げる。直線に入ってしっかり伸びてきてはいたが、1着馬には及ばなかった。前で飛ばすと最後甘くなる馬ながら、今回は4番手で末脚を温存することが出来た形となったが、この戦法では勝ち切るほどの末脚は発揮できない。堅実ではあるがG1で勝ち切るイメージは持てない馬。

3着 1番 シヴァージ 牡 6 吉田隼人 57 1.07.4 33.4

スタートは速くないものの、内から二の足で伸びてきていつのまにかインの5番手まで進出。直線でインからしっかり伸びて3着を確保。末脚は堅実な馬ではあるので、内が伸びる馬場でうまく立ち回れたことが大きい3着。後方からの馬ではあるが、重賞でうまく立ち回って好走した実績もある馬なので、完全に人気の盲点になっていた。

4着 6番 メイケイエール 牝 3 池添謙一 53 1.07.8 33.5

スタート遅く、なぜか左に寄れながらかかり気味に前に出ようとするも他馬が速く外の中団の位置になる。大外を回るロスのある競馬ながら最後は4着になるまで伸びてきていた。わがままな馬ながら今回は途中で先頭に立つことが叶わなかったことから最後まで脚を温存できることができた。元々能力は高いのでこの着順は不思議ではないものの、性格が悪すぎるのでアテにはできない。

5着 16番 モズスーパーフレア 牝 6 松若風馬 55 1.07.8 34.5

楽に先頭に立ち、この馬としては楽なペースで逃げれたかに見えたが、5着に沈んだ。やはりやや衰えがあるように思える走りだった。

6着 14番 ダノンスマッシュ 牡 6 川田将雅 57 1.07.8 33.8

中団5,6番手を追走していたが、直線での伸びを欠いた。好走したレースでも上り34秒台の末脚を使ってきた馬なので、今回上り33.8秒でも10番目のタイムになってしまうレースは合わなかったということかもしれない。今回のペースであればもっと前につけていて方がよい結果になっていたのかもしれない。

7着 8番 ビアンフェ セ 4 藤岡佑介 57 1.07.9 34.3

2番手追走していたが、末が甘くなる馬なので、G1での好走は難しい。

8着 9番 クリノガウディー 牡 5 岩田康誠 57 1.08.0 33.8

スタートが今一つのため、外の中団の位置になる。最後の直線ではしっかり伸びてきているものの、好位のインにつけていないと好走できない馬なので出番はなかった。

9着 2番 ミッキーブリランテ 牡 5 和田竜二 57 1.08.0 33.7

インの中団を追走。インを距離ロスなく回れたものの、直線の伸びは今一つだった。上手く立ち回れてもG1ではこの程度の実力と考えてよさそう。

10着 3番 ラヴィングアンサー 牡 7 岩田望来 57 1.08.0 33.5

後方のインを追走。直線外に出して伸びてくるも、位置取りが後方すぎた。毎度追走力がないのはあいかわらず。

11着 11番 ジャンダルム 牡 6 浜中俊 57 1.08.1 33.8

スタートはまずまずだったものの、中団やや後方を追走。前目につけて好走してきていた馬だけに今回の位置取りでは全く出番はなかった。


12着 7番 タイセイビジョン 牡 4 三浦皇成 57 1.08.3 33.2

序盤メイケイエールが外に膨れたあおりを食らってブレーキがかかり最後方になる。直線では大外から最速の末脚を繰り出したものの位置取りが後方すぎた。追走力はないものの、これで3戦続けて速い末脚が繰り出せているので末脚が活きる場面はどこかであるかもしれない。

13着 10番 エイティーンガール 牝 5 横山和生 55 1.08.3 33.4

後方追走。この馬もイケイエールが外に膨れた影響を受けてはいた。直線後方外から伸びてはいた。

14着 13番 アウィルアウェイ 牝 5 戸崎圭太 55 1.08.4 33.6

後方追走はいつものことながら、最後はこの馬らしい末脚が見られなかった。追い込み馬なのでアテにはできない馬。

15着 5番 ファストフォース 牡 5 鮫島克駿 57 1.08.6 34.4

7番手あたりのインを追走するも直線でまるで伸びず。軽ハンデで好走してきた馬なので、この程度の実力ということのようだ。

16着 15番 ロードアクア 牡 5 田中健 57 1.09.0 34.5

後方追走のまま見どころない。序盤の速い脚が足りないので、今回のようなメンバーでは前目の位置につけることすらできなかった。

 

 

« 2021 シリウスステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2021 アルテミスステークス G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 シリウスステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2021 アルテミスステークス G3 レース回顧 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

オススメ商品

無料ブログはココログ