« 2021 武蔵野ステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2021 福島記念 G3 レース回顧 »

2021年11月19日 (金)

2021 デイリー杯2歳S G2 レース回顧

頭数が少なく、レベル面でも今一つと思われるレースとなった。


1.レース結果の基礎データ


2021年11月13日(土) 5回阪神3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第56回デイリー杯2歳S
2歳・オープン・G2(馬齢) (国際)(指定) 芝 1600m・外 7頭立


馬場差 -0.5 完全タイム差 +0.6
タイムランク D メンバーランク C

LAP :12.7-11.4-11.8-12.8-12.6-11.4-10.5-11.9
通過:35.9-48.7-61.3-72.7 上り:71.0-59.2-46.4-33.8 平均:1F:11.89 / 3F:35.66

かなり馬場を使い込んでいるためか良馬場でもやや時計がかかってきて外差しが決まる馬場になっているようだ。


2.完全タイム差検証


2021111602

0.7秒ほど低く見た方がよさそう。上位2頭については前走にさかのぼって下方補正した方がよさそうだ。


3.各馬の分析


1着 6番 セリフォス 牡 2 藤岡佑介 55 1.35.1 33.4

後方追走から、4角で大外を回って進出。直線外からよく伸びているものの伸び方はジワジワとしたものので、辛勝だった。4角の加速はよく、上りの速い瞬発力勝負に強いことを示した。ジワジワとした伸びであまり強さを感じない走りなのだが、長く脚を使うタイプなので、持続力勝負でもかなりやれるかもしれない。

2着 1番 ソネットフレーズ 牝 2 ルメール 54 1.35.1 33.5

インの4番手追走。直線に入ってすぐの伸びは、今一つに見えたものの、残り200mでしっかり伸びて最後はセリフォスと競り合う勝負根性を見せた。伸びが今一つに見えたL2Fのラップが10.5だったので、10秒台のラップになると少し厳しいということかもしれない。それでも勝負根性があるので、今後も好走が期待できる。

3着 5番 カワキタレブリー 牡 2 松山弘平 55 1.35.4 33.5

後方イン追走。4角で最後方まで下がるが、インを回って距離得を得てインで勝負圏内の位置まで上がり、インから最後までしっかり伸びて3着を確保。インぴったりを回ったことは大きいが、毎度そこそこの上りを使えているので、今回は人気がなさ過ぎた。

4着 7番 プルパレイ 牡 2 M.デム 55 1.35.4 34.1


3番手追走から3角で一気に先頭に立ち早めの勝負をしたが、残り200mで少し甘くなった。先行力があって、上りもそこそこあるので、工夫次第で今後も好走できそう。


5着 2番 スタニングローズ 牝 2 吉田隼人 54 1.35.6 34.2

2番手追走していたが、残り200mで後退した。

6着 3番 ドグマ 牡 2 武豊 55 1.35.8 34.3

3番手追走してたが、残り200mで伸びを欠いた。

7着 4番 ウナギノボリ 牡 2 和田竜二 55 1.36.4 34.6

最後方追走から最後まで見どころなかった。

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

 

« 2021 武蔵野ステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2021 福島記念 G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021 武蔵野ステークス G3 レース回顧 | トップページ | 2021 福島記念 G3 レース回顧 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

オススメ商品

無料ブログはココログ