« 2022 チューリップ賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 弥生賞 G2 レース回顧 »

2022年3月 9日 (水)

2022 オーシャンS G3 レース回顧

あまり強いメンバーのいないレースではあったが、前残り決着の中1頭だけ追い込んできたナランフレグの末脚は目立つものであり、6歳馬ながら最近になって地力強化していることを感じさせられる結果となった。


1.レース結果の基礎データ


2022年 3月 5日(土) 2回中山3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第17回夕刊フジ賞オーシャンS
4歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定) 芝 1200m 15頭立


馬場差 -0.5 完全タイム差 +0.4
タイムランク D メンバーランク C

LAP :11.9-10.6-10.9-11.3-11.2-12.0
通過:33.4-44.7-55.9-67.9 上り:67.9-56.0-45.4-34.5 平均:1F:11.32 / 3F:33.95

前半速いが、中山にしてはやや緩いペースだったので前が止まらない展開だった。そんな中を1頭だけ追い込んできたナランフレグの末脚は目立っていた。

 


2.完全タイム差検証


20220033802

0.6秒ほど低く見た方がよさそう。


3.各馬の分析


1着 7番 ジャンダルム 牡 7 荻野極 56 1.07.9 34.2

中団追走から3角までに3番手の位置まであがり、4角終わりまでもじわっと上がっていき2番手につけゴール少し前で先頭を交わし1着になった。前走と同じように先行して、前走は直線で伸びなさすぎだったので調子が悪いことを疑ってしまったのだが、前走は早めに脚を使って失敗したようだ。今回はじっくり上がっていくことで最後まで脚を使うことができた。ただし、今回のメンバーでは能力上位だったということもあり、より強いメンバーでも同様の競馬が出来るかについては疑問。

2着 10番 ナランフレグ 牡 6 丸田恭介 56 1.08.0 33.5

後方追走。4角では一旦外の最後方の位置だったが、直線でそこからよく伸びて2着に浮上した。前残りの展開の中この馬だけ目立つ末脚で追い込んできた。前から末脚は確実だったが、これで4戦連続で上位に食い込んでいるので地力強化は明らかで、この走りならば追い込み馬でもG1で侮れない存在となった。

3着 14番 ビアンフェ セ 5 藤岡佑介 56 1.08.0 34.6

外から好スタートで序盤は2番手だったもののスピードの違いで3角に入るまで先頭に立つ。直線最後までしっかり粘っての3着だったが、粘れたのは2番手のジャンダルムがじっくり迫ってきたことが大きく、早めに交わされていたらここまで粘れていなかったように思える。序盤のスピードは確かなものの展開や相手関係に左右されやすいのでアテにはできない存在で狙い時が難しい。

4着 5番 ダディーズビビッド 牡 4 浜中俊 56 1.08.1 34.1

中団追走から、4角で騎手の腕が激しく動くも伸び脚は今一つ。それでも直線に入ってしっかり伸びたが4着までだった。騎手大幅強化で勝負がかかの可能性があったが、それでもコーナーの走りが今一つだったので上位進出は厳しかったようだ。

5着 9番 デトロイトテソーロ 牝 5 菅原明良 54 1.08.2 34.6

スタート速く一旦先頭になったがコーナー入り口で2番手の位置に下がる。そこから最後までかなり粘っていたが、ゴール直前で後続に交わされ、かなり恵まれないと3着以内に残るのは難しそうに見える走りだった。

6着 8番 キルロード セ 7 内田博幸 56 1.08.3 34.6

中団でジャンダルムの外の少し後ろを追走していたが、直線でジャンダルムに突き放されてしまって、末脚が少しジャンダルムから劣ることを示してしまった。


7着 1番 マリアズハート 牝 6 大野拓弥 54 1.08.3 34.2

中団イン追走。インぴったりを走ったが、最後の伸び脚が少し足りなかった。

8着 4番 ダイメイフジ 牡 8 田辺裕信 56 1.08.5 34.2

中団やや後方追走から特に見どころなく終わる。

9着 3番 ファストフォース 牡 6 鮫島克駿 56 1.08.5 34.7

スタート遅く、強引にポジションを取りに行こうとするが、6番手の位置がやっとの状態で、先行できるポジションが取れなかった時点でこの馬の出番はなかった。

10着 2番 スマートクラージュ 牡 5 戸崎圭太 56 1.08.5 34.7

5番手追走していたが、直線は伸びを欠いた。前走のパフォーマンスからするともう少しやれそうに思えたのだが、騎手のレース後コメントによると「一番の敗因は3角で外から来られた時にラチに接触しました。そこで気分を害した感じですね。」ということで、これを信じるならば気性的にアテにできない馬と考えた方がよさそうだ。

11着 6番 ボンボヤージ 牝 5 吉田豊 54 1.08.6 34.1

後方イン追走。直線もインを通る。上り3ハロンタイムは2番目であるが、インを効率よく回ったものなので評価できない。

12着 13番 サヴォワールエメ 牝 6 石川裕紀 54 1.08.6 34.1

後方追走。直線外から伸びてはいるが、ナランフレグと上り3ハロンタイムの差が0.6秒もあったように目立つ末脚ではなかった。

13着 15番 ロードベイリーフ 牡 5 亀田温心 56 1.08.8 34.4

後方追走から見どころなく終わる。

14着 11番 マイネルジェロディ 牡 4 柴田大知 56 1.09.0 34.9

中団追走から見どころなく終わる。戦績からすると走らなさすぎにも思えるので、あまりアテにはできないタイプのようだ。

15着 12番 ビオグラフィー 牝 5 斎藤新 54 1.09.1 35.0

中団追走から見どころなく終わる。前走は先行出来て差してくる馬が極端に外を回ることに恵まれてのもので、かなり恵まれないと好走するのは難しい馬。

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 チューリップ賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 弥生賞 G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 チューリップ賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 弥生賞 G2 レース回顧 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ