« 2022 阪神大章典 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 毎日杯 G3 レース回顧 »

2022年3月23日 (水)

2022 フラワーカップ G3 レース回顧

秀でた馬のいない混戦だったが、それだけに川田騎手の上手さが印象に残るレースだった。ランキング上位機種はそれだけの腕があるということなのだろう。


1.レース結果の基礎データ


2022年 3月21日(祝) 2回中山8日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第36回フラワーカップ
3歳・オープン・G3(別定) (牝)(国際)(特指) 芝 1800m 12頭立


馬場差 -0.6 完全タイム差 +0.8
タイムランク D メンバーランク D

LAP :12.8-11.9-12.2-12.2-12.2-11.8-12.0-11.4-12.0
通過:36.9-49.1-61.3-73.1 上り:71.6-59.4-47.2-35.4 平均:1F:12.06 / 3F:36.17


ややスローながら、4角の加速に多くの馬が苦労したようで、前目のポジションでインをそつなく回った馬が有利な展開になった。

 


2.完全タイム差検証


20220032404

0.4秒ほど低く見た方がよさそう。


3.各馬の分析


1着 1番 スタニングローズ 牝 3 川田将雅 54 1.48.5 35.0

インの3番手を追走。4角をじっくり回り4角の終わりで加速するとしっかり伸びて、前にいた1頭だけしぶとかったが、ゴール直前でしっかり交わし1着となった。ポジション取ってインを効率よく回って終わってみれば危なげのない勝利だったが、やはり騎手の手腕が大きかったように思える勝利だった。

2着 5番 ニシノラブウインク 牝 3 三浦皇成 54 1.48.6 35.3

スタートよく2番手追走。4角の終わりで早めに先頭を捕らえてそこからしっかり伸びるも最後は1着馬にギリギリ差されてしまった。自身の上り3ハロンタイムは前走のフェアリーSと全く同じであり、レース展開が異なれば重賞でも好走できることを示した。前走も7着とはいえ、0.5秒差であり、このレース以外はすべて3着以内に入っているのでかなり堅実に走れるタイプではあるようだ。

3着 3番 シンティレーション 牝 3 横山武史 54 1.48.9 35.2

中団追走。4角で気合をつけるも、ここでの加速は今一つ。直線でしっかり伸びて3着は確保したが、4角での加速の鈍さが最後まで響いた。

4着 8番 ダイム 牝 3 横山和生 54 1.49.0 34.9

スタートでややアオって加速がつかず後方からになる。4角でインぴったりを回って位置を少し上げるが直線入口ではまだ後方。直線に入ってすぐは少しもたついていたが、最後はよく伸びていた。最後の加速にやや時間がかかるタイプのように見えた。今回はスタート失敗して後方になったことが大きかったので、どこかで巻き返す可能性はありそう。

5着 10番 デインティハート 牝 3 菅原明良 54 1.49.1 35.7

スタート速くなくやや後方追走していたが、3角の少し前から進出して直線入口では3番手まで位置を上げたが、直線伸びなかった。もっと前の位置を取りたかったようだが、外枠だったことと他馬より先行力がよくないので、やや後ろの位置になってしまったようだ。それでいて明らかに仕掛けが速かったので直線伸びないのは当然の結果だった。

6着 2番 パーソナルハイ 牝 3 藤岡康太 54 1.49.2 35.3

中団やや後方のイン追走。4角から追い上げてくるも上位進出できそうな勢いまではなかった。

7着 9番 キタサンシュガー 牝 3 坂井瑠星 54 1.49.5 35.1

後方追走。最後外から伸びてくるが、上位進出できそうな勢いまではなかった。

8着 6番 モカフラワー 牝 3 石川裕紀 54 1.49.5 35.6

中団追走するも特に伸びるところなく、見どころなしに終わった。

9着 12番 ティズグロリアス 牝 3 ルメール 54 1.49.7 35.6

後方追走するも特に伸びるところなく、見どころなしに終わった。ルメール騎手とはいえ、超スローの新馬戦勝ちからの参戦ではさすがに厳しかった。

10着 4番 コルベイユ 牝 3 勝浦正樹 54 1.49.7 36.6

好スタートから逃げたが、残り200mで脱落した。未勝利戦の逃げ切り勝ちからの参戦ではこの程度の成績でも仕方ない。

11着 7番 アポロルタ 牝 3 吉田豊 54 1.51.0 37.3

見どころなし。

12着 11番 アプサラー 牝 3 津村明秀 54 1.52.6 39.1

見どころなし。

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 阪神大章典 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 毎日杯 G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 阪神大章典 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 毎日杯 G3 レース回顧 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ