« 2022 日経賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 高松宮記念 G1 レース回顧 »

2022年3月30日 (水)

2022 マーチステークス G3 レース回顧

終わってみればメイショウハリオの強さが目立ったレースであったが、個人的にはWIN5で2点づつ32点買いでナランフレグも当ててWIN4までいったのに メイショウハリオだけ当てられず悔しい思いをしたレースとなった。


1.レース結果の基礎データ


2022年 3月27日(日) 3回中山2日 天候: 曇 馬場状態: 重
11R 第29回マーチS
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立


馬場差 -1.2 完全タイム差 -0.2
タイムランク C メンバーランク D

LAP :12.5-11.3-12.1-12.7-12.3-12.1-12.5-12.0-12.7
通過:35.9-48.6-60.9-73.0 上り:74.3-61.6-49.3-37.2 平均:1F:12.24 / 3F:36.73

平均ペースではあるが先行勢には厳しいペースになり、4角の加速に苦労した馬でも差しが届く展開になった。

 


2.完全タイム差検証


20220032903

1秒ほど低く見た方がよく過大評価であることは明らか。


3.各馬の分析


1着 12番 メイショウハリオ 牡 5 浜中俊 57 1.50.2 36.5

後方追走。4角で進出するも後方だったので4角途中でかなり後方で激しく鞭が入る。その後直線でジワジワ伸び続け、ゴールギリギリで先頭を差して1着になった。前走と位置取りも上り3ハロンタイムもほぼ同等で、前走の走りも悪くなかったので、G3では力上位だったということのようだ。

2着 10番 ケンシンコウ 牡 5 丸山元気 57 1.50.3 37.1

前目の5番手を追走。4角の手応えよく、外を回っても楽に先行グループに追いつき直線に入ってすぐ先頭に立ちそのまま後続を突き放すかに見えたが、最後ギリギリで差された。今回はかなり馬の気分がよかったということで、いつ走るかわからない困った馬。今後も扱いが難しく相手候補の薄目からは外さない方がいいのかもしれない。

3着 6番 ブルベアイリーデ 牡 6 戸崎圭太 57 1.50.9 37.5

6番手追走。4角の加速でやや手間取り、直線入口では先団と少し差があり、最後までしっかり伸びてはいたものの、直線入口での位置が最後まで響いた形で同着のブルベアイリーデと同じような走りだった。

3着 11番 ヒストリーメイカー 牡 8 内田博幸 56 1.50.9 37.5

中団追走。4角の加速でやや手間取り、直線入口では先団と少し差があり、最後までしっかり伸びてはいたものの、直線入口での位置が最後まで響いた形で同着のブルベアイリーデと同じような走りだった。

5着 13番 カデナ 牡 8 三浦皇成 57.5 1.51.2 37.3

後方追走から大外を回って直線だけで追い込んできた。ダートでも芝と同様の走りができるので、芝で好走したときのようにイン突きの追い込みができるようであれば3着以内もありそうなのだが、それをやってくれるような強引な騎手に乗り替わる必要がありそうだ。

6着 16番 デュープロセス 牡 6 古川吉洋 57 1.51.3 37.4

後方追走から最後少し伸びたが、勝負圏外だった。

7着 14番 オメガレインボー 牡 6 横山和生 56.5 1.51.3 37.7

中団追走して、最後しっかり伸びているのだが、足りなかった。この馬にとってはラスト2ハロンが速かったようで、もっと前半のペースが速い展開の方がよいのかもしれない。

8着 9番 アナザートゥルース セ 8 菅原明良 57.5 1.51.4 38.3

好スタートから3番手追走。4角より勢いをつけて進出するも直線での伸びを欠いた。先行して好走することがある馬だが、今回の前3Fが35.9で好走時は36秒台より遅いことが多いので、今回はこの馬にとっては前半のペースが速すぎたようだ。

9着 8番 デルマルーヴル 牡 6 丹内祐次 55 1.51.5 38.0

中団イン追走。インをずっと回れたがなだれ込んだだけだった。

10着 4番 ダノンスプレンダー 牡 6 斎藤新 56.5 1.51.6 38.0

中団追走からなだれ込んだだけ。今回はこの馬には時計が少し早かったようだ。

11着 3番 エクレアスパークル 牡 8 津村明秀 56 1.51.7 38.4

インの4番手追走直線で伸びを欠く。ローカル1700mだと好走しているので、コースが合わないのかもしれない。
12着 2番 ダノンファスト 牡 5 田中勝春 56 1.51.9 37.7

後方追走。直線で大外に出すも大して伸びなかった。

13着 5番 アイオライト 牡 5 菱田裕二 56 1.52.2 39.2

逃げたが直線で脱落。突かれてしまってペースを落とせずオーバーペースだった。

14着 7番 ワイドファラオ 牡 6 大野拓弥 57.5 1.52.3 39.3

2番手で追走していたが直線伸びず。

15着 15番 マイネルユキツバキ 牡 7 柴田大知 57 1.52.9 39.2

後方追走から見どころなく終わる。

16着 1番 バレッティ セ 8 野中悠太 56 1.53.9 40.0

後方追走から見どころなく終わる。

 

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 日経賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 高松宮記念 G1 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 日経賞 G2 レース回顧 | トップページ | 2022 高松宮記念 G1 レース回顧 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ