« 2022 福島牝馬S G3 レース回顧 | トップページ | 2022 読売マイラーズカップ G2 レース回顧 »

2022年4月26日 (火)

2022 サンケイスポーツ賞フローラS G2 レース回顧

前走失敗したり不利を受けて能力が発揮できなかった馬が巻き返して好走するパターンはよくあるものの、そうした馬の中で人気の馬は凡走し、不人気な馬の方が好走するパターンはもう何度も見てきた気がする。敗退から巻き返す可能性はそう高くないことを考えると、こういうペースは不人気馬の方を狙う方が効率的なのかもしれない。あと、最近前走ルメール騎手から他の騎手に乗り替わった馬が好走するケースが多いようで、以前ほどルメール騎手にいい馬が集中する傾向が減っているのかもしれない。


1.レース結果の基礎データ


2022年 4月24日(日) 2回東京2日 天候: 雨 馬場状態: 良
11R 第57回サンケイスポーツ賞フローラS
3歳・オープン・G2(馬齢) (牝)(国際)(指定) 芝 2000m 15頭立


馬場差 -1.2 完全タイム差 +1.1
タイムランク SL メンバーランク C

LAP :12.9-11.6-11.4-11.8-12.5-12.6-12.8-11.6-11.4-11.8
通過:35.9-47.7-60.2-72.8 上り:72.7-60.2-47.6-34.8 平均:1F:12.04 / 3F:36.12

スローペースであり、開幕週らしく内が伸びる馬場だったのである程度ポジションが取れないとどうにもならない展開になった。

 


2.完全タイム差検証


20220042602

一旦妥当な完全タイム差と見る。


3.各馬の分析


1着 2番 エリカヴィータ 牝 3 田辺裕信 54 2.00.4 34.0 5 442

インの4番手を追走。4角をインでじっくり回り直線に入って少しづつ勢いをつけ、すぐ外の前にいたシンシアウィッシュがかなり鞭を入れて加速している横で手綱を大きく動かし加速すると鋭く反応し、シンシアウィッシュを交わしたところで鞭を入れるさらに伸びて1着になった。前走出遅れたのでスタート練習をしたとのこと、好位を取るのに内枠が幸いしたところもあるが、スムーズであればこれだけやれるということを示した。前走で何らかの不利や失敗があった馬の場合こういうことがあるということはしっかり覚えておきたい。

2着 3番 パーソナルハイ 牝 3 吉田豊 54 2.00.5 34.9 4 456

好スタートから後続を少し離した逃げを打つ。直線に入っても後続との差を維持し、最後までよく粘って2着になった。桜花賞で好走した実力をしっかり示した2着だった。

3着 14番 シンシアウィッシュ 牝 3 M.デム 54 2.00.5 34.5 9 428

スタートは速くないものの、二の足がつきすぎて一気に先頭にまでたってしまう。そこから向こう正面に入るところで少し外に出して落ち着かせて先頭から少し離れた2番手を追走する。4角はインぴったりを回し、直線に入って勢いをつけると、1着馬とは勢いが劣るもののしっかり伸びて3着になった。序盤かかってチグハグな競馬になったが、それでもしかっり制御したデムーロ騎手の手腕が光る3着だった。

4着 6番 マイシンフォニー 牝 3 武豊 54 2.00.8 34.2 6 460

中団インを追走。4角もインを回り、エリカヴィータの内から早めの進出を試みたものの、最後まで脚は続かなかった。最後甘くなったのは序盤かかったからとのこと。かかり気味になることが多く、脚を貯めるのが難しい馬のようだ。


5着 1番 ルージュエヴァイユ 牝 3 戸崎圭太 54 2.00.8 33.6 3 444

インの後方追走から直線で外に出し伸びてきていたが、前の馬との距離がありすぎでここまでだった。メンバー中最速の上り3ハロンタイムをつかったものの、追走力は今一つなのかもしれない。

6着 9番 ラスール 牝 3 ルメール 54 2.00.9 34.2 2 474

中団追走し、直線に入って伸びてきていたものの、前を捕らえるほどの末脚は発揮できなかった。瞬発力に限界があり33秒台の末脚は使えないようだ。

7着 10番 ホウオウバニラ 牝 3 横山和生 54 2.01.2 34.0 7 416

後方追走から直線外から伸びてこようとするも末脚は鋭くなかった。過去2戦は先行したが、確実に先行ポジションが取れるタイプではないようだ。


8着 8番 キタサンシュガー 牝 3 大野拓弥 54 2.01.3 34.4 8 448

中団インを追走し、4角もインぴったりを回るものの、直線の伸びは今一つ。

9着 15番 ヴァンルーラー 牝 3 藤岡佑介 54 2.01.3 34.4 12 440

中団追走から直線で外に出して伸びようとするも伸び脚は大したことなかった。

10着 4番 ストキャスティーク 牝 3 石川裕紀 54 2.01.4 33.9 11 446

最後方追走。4角はインを回り、直線で外に出して伸びようとするもさほど伸びなかった。

11着 5番 エバーハンティング 牝 3 内田博幸 54 2.01.5 34.0 13 410

後方追走から見どころなく終わった。一応上り3ハロンタイムは3番目の値であるため、メンバーが弱ければもう少しやれるのかもしれない。

12着 7番 ゴールデンアワー 牝 3 横山武史 54 2.01.6 34.6 10 490

中団追走から直線の伸びは大したことなかった。

13着 12番 モチベーション 牝 3 永野猛蔵 54 2.01.6 35.5 15 430

3番手追走するも直線の伸びを欠いた。

14着 11番 トゥーサン 牝 3 津村明秀 54 2.01.7 34.2 14 436

後方追走のまま見どころなく終わる。

15着 13番 ルージュスティリア 牝 3 福永祐一 54 2.01.8 35.3 1 464

中団追走から直線の伸びを欠いた。前走大きく出遅れがながら、最後盛り返していたので、順調ならばとの期待があり人気になったが、距離や長い直線が合わなかったようだ。敗退からの巻き返しが上手くいった勝ち馬とは対照的な結果だった。

 

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 福島牝馬S G3 レース回顧 | トップページ | 2022 読売マイラーズカップ G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 福島牝馬S G3 レース回顧 | トップページ | 2022 読売マイラーズカップ G2 レース回顧 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オススメ商品

無料ブログはココログ