« 2022 高松宮記念 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 大阪杯 G1 レース回顧 »

2022年4月 5日 (火)

2020 ダービー卿チャレンジT G3 レース回顧

1番人気馬が3着に入ってとはいえ、この組み合わせを当てるのはかなり困難で、仮にハイペースの追い込み決着まで予想することができたとしても、フォルコメン が追い込んでくるのを予想するのは極めて困難。個人的には全くお手上げのレースとなった。


1.レース結果の基礎データ


2022年 4月 2日(土) 3回中山3日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第54回ダービー卿チャレンジT
4歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指) 芝 1600m 16頭立


馬場差 -0.9 完全タイム差 -0.1
タイムランク C メンバーランク C

LAP :12.2-10.9-11.1-11.3-11.6-11.7-11.8-11.7
通過:34.2-45.5-57.1-68.8 上り:69.2-58.1-46.8-35.2 平均:1F:11.54 / 3F:34.61

序盤速いものの後半さほど減速しておらす、スタミナではなく末脚の切れ味が必要なレースとなった。それでいて、調子のよい時は切れ味がよかったカテドラルが不調だったりするので、予想が難しかった。

 


2.完全タイム差検証


20220040301

明らかに過大評価でおかしい完全タイム差で1.5秒ほど低く見た方がよさそう。やはり淀みなく速いラップが刻まれるレースは速い時計が出やすいということなのだろう。

 


3.各馬の分析


1着 3番 タイムトゥヘヴン 牡 4 大野拓弥 55 1.32.3 33.7

スタートは悪くないものの行く気なく、インのほぼ最後方に近い位置を追走する。4角は外を回りすぎないように回るも少しづつ外に出していき、直線入口は大外に出す。前がバテてきているので前との差はあまりなく、直線で一気に加速してゴール直前に先頭に立ち1着となった。騎手のレース後コメントによれば、この日外差しの馬場だったことから意図的に最後方待機から大外差しを狙っていたとのこと。ハイペースの展開がハマったのと実績のある差し馬が不調だったことに恵まれての勝利であることは明らか。このレースの前の好走が富士ステークス3着でこの時の斤量が54キロだったことから、斤量が軽いことと1600m戦であることが好走条件になるようだ。

2着 1番 フォルコメン セ 6 M.デム 54 1.32.3 33.8

後方イン追走。4角から勢いをつけて大外を回って追い上げる正攻法の追い込みで、展開が向いたことにより直線では外から前の馬郡をすべて飲み込む勢いで追い込めたものの、最後はさらに外の後ろからの馬の方が末脚が勝り、2着の惜敗。6歳にして重賞2戦目であり、しかも先行する競馬が多かったので、この馬が追い込むことを予想するのは極めて難しかった。展開を味方につけたデムーロマジックが久々に見られたが、長く脚を使えたのはハンデ54キロも効いたのだろう。驚きの好走。

3着 10番 ダーリントンホール 牡 5 横山武史 56 1.32.5 34.6

中団追走から直線に入ってジリジリ伸び続けギリギリ3着になった。ジリジリとした脚しか使えない馬で、騎手もそれがわかっていて、もう少し前につけたかったようだが、スローペース戦が多い馬なので、今回のペースで無理やり前につけたら末脚が削がれた可能性が高いので、結果的にこの馬にはよい位置取りになった。今回のレースで地力どおりの能力が発揮できた数少ない1頭。

4着 8番 グラティアス 牡 4 三浦皇成 56 1.32.5 34.9

中団追走から、4角でじっくり前に出していき、前の馬がバテてくるのに乗じて直線入口では3番手の位置まで上がる。そこからしっかり伸びて一旦先頭に立つも、ゴール前で1,2着馬にあっさり交わされ、3着馬にもギリギリ差されての惜しい4着。マイルの流れによいポジションでしっかり乗ることができて、今後相手や展開次第では好走出来そうなところを見せた。

5着 5番 ギルデッドミラー 牝 5 石橋脩 53 1.32.7 34.7

インの中団を追走。4角はインでじっくり回り脚を貯め、直線では徐々に勢いがついて最後はいい脚を使うも態勢決した後だった。いい脚を長く使えない馬で、好走するには一工夫必要な馬で、今回は外差しの馬場でインを効率よく回したことが活きなかった。好走したのは戸崎騎手、福永騎手が乗ったときだったので、好走するにはトップジョッキーが乗ることが条件になりそう。

6着 2番 インテンスライト 牡 6 菊沢一樹 54 1.32.7 34.6

中団のやや後方を追走。4角を外を回りすぎないように回り、直線も比較的内の馬場から伸びてが来ていた。今日の馬場、相手だったら外を回せばもう少し着順があげられそうな走りだった。

7着 11番 カイザーミノル 牡 6 横山典弘 56 1.32.8 35.0

インの中団を追走。近走からすると4角での追い上げは今一つ。それでもインを効率よく回れたことと前の馬がバテたことから、直線で一瞬2番手の位置まであがったものの、そこから粘る脚は今回はなかった。昨年ブリンカーをつけるようになってから、前目につけて最後ひと足使うパターンで、勝ち切れるイメージはないこもののしっかり好走していたのだが、さすがに調子が落ちてきていることを陣営も認めているようだ。復調が見られるまではしばらく軽視してもよさそう。

8着 13番 ミッキーブリランテ 牡 6 内田博幸 56 1.32.8 34.8

後方追走から外を回って追い込みを試みたが、上位勢のような末脚を繰り出すことはできなかった。前走のオープン2着はたまたまハマったものということなのだろう。

9着 15番 カテドラル 牡 6 戸崎圭太 57 1.32.9 34.1

最後方追走から、外を回って追い込みを試みたが、上位勢のような末脚を繰り出すことはできなかった。この馬向きの展開になったはずなのに末脚が繰り出せなかったのは近走不調であることが大きいが、この馬の好走は斤量56キロの時に集中しているので、57キロ以上だとダメなのかもしれない。

10着 7番 ザダル 牡 6 田辺裕信 58 1.33.0 34.8

インの後方追走。4角はインを回り、直線ややインを通って伸びようとするもさほど伸びず、勢いがついたのは大勢が決したあとだった。直線が短いコースは合わないように見えた。

11着 14番 インターミッション 牝 5 嶋田純次 52 1.33.0 35.0

中団やや後方追走から最後は伸びてはいるものの、大したことなかった。1着馬からの着差0.7秒とさほど離されていないので、メンバーの弱いオープン特別であれば好走できるかもしれない。

12着 12番 トーラスジェミニ 牡 6 原優介 57.5 1.33.1 35.7

3番手追走から、3角の時点で前に競りかけにいき、直線入口では2番手になったが、そこからまるで伸びなかった。末脚がまるでないので、好走するのは難しい。

13着 4番 ボンセルヴィーソ 牡 8 藤懸貴志 56 1.33.3 35.6

前に行こうとしたが、他馬が速く4番手追走。4角でインぴったり回ることにより直線入口では勝負圏内の位置につけれたものの、そこから粘ることはできなかった。4番手までしかつけれなかったように、この馬にはペースが速すぎた。

14着 16番 ノルカソルカ 牡 5 藤岡佑介 54 1.33.4 35.6

外から中団の位置につけ、4角で前への進出を試みるも直線ではまったく伸びなかった。下級クラスで逃げて好走してきた馬で、今回はペースに加え外枠であったことも厳しかった。内枠で楽に逃げれた際に好走する可能性はまだ残している。

15着 6番 リフレイム 牝 4 野中悠太 53 1.33.7 36.6

厳しいペースになるなか、しっかり先頭を取り切り、後続に早めに4角で迫られたものの、直線入口で先頭を譲らない勝負根性を見せたが、直線ではまるで粘れなかった。着順は悪かったが、逃げ馬の走りとしては悪くなく、展開や相手に恵まれればオープンで好走する可能性はありそう。

16着 9番 サトノフェイバー 牡 7 津村明秀 57 1.36.7 39.4

2番手追走していたが、4角で早々と脱落。ここでは能力が足りなかった。

 

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 高松宮記念 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 大阪杯 G1 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 高松宮記念 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 大阪杯 G1 レース回顧 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ