« 2022 桜花賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 アンタレスステークス G3 レース回顧 »

2022年4月19日 (火)

2022 アーリントンカップ G3 レース回顧

ダノンスコーピオンが順当に勝利したが、レース後の川田騎手のコメントを読んでも、この馬は体調維持などの課題を抱えていることがわかり、NHKマイルカップの本命として全幅の信頼をするのは不安な状況であり、まだまだ混沌とした状況が続きそうで、今年の3歳戦線は例年以上に難し年になりそうだ。


1.レース結果の基礎データ


2022年 4月16日(土) 2回阪神7日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第31回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(馬齢) (国際)(指定) 芝 1600m・外 18頭立


馬場差 -1.5 完全タイム差 +0.3
タイムランク C メンバーランク C

LAP :12.1-10.6-11.6-12.0-12.2-11.3-11.1-11.8
通過:34.3-46.3-58.5-69.8 上り:70.0-58.4-46.4-34.2 平均:1F:11.59 / 3F:34.76

2ハロン目こそ速かったが、それ以降はさほど速くなく、ある程度前の位置をとれていないと追い込むのは厳しい瞬発力勝負になった。

 


2.完全タイム差検証


20220041901

0.5秒ほど低く見た方がよさそう。


3.各馬の分析


1着 10番 ダノンスコーピオン 牡 3 川田将雅 56 1.32.7 33.6

中団追走。4角も中団のままじっくり回り、直線に入ってややもたついたように見えるも、残り200mの少し前で馬郡の外に出すと、そこからグングン伸びて1着になった。今回の走りを見ると前走走らなかったのが不可解なのだが、気難しい面や体調維持が難しい面がありそうだ。能力は高いがアテにはし辛いタイプ。加えて、切れる脚は長く使えない面も覚えておきたい。

2着 14番 タイセイディバイン 牡 3 松若風馬 56 1.32.8 33.9

中団やや前目を追走。4角で少しづつ進出していき、直線に入って馬郡の外に出すとそこから伸びて一気に先頭に立つ。そこから脚色衰えることはなかったものの、ゴール前ギリギリで差されての惜しい2着だった。ファルコンステークスの2着はフロックではないことを示した。早めの競馬ができるので1600-1400m戦では成績が安定しそうだ。

3着 1番 キングエルメス 牡 3 坂井瑠星 56 1.32.9 34.1

好スタートで一旦先頭に立つも速い馬を前に行かせてインの3番手を追走。直線に入ってインから早めに進出し、2着馬と同じような脚色で進出していたが、勢いは2着馬よりやや劣った。骨折開けで前走より長く間隔があいたが、前走と同じような競馬が出来た。スタートが速いので難なく好位につけるのが強みでこの馬も成績は安定しそう。

4着 12番 ジュンブロッサム 牡 3 吉田隼人 56 1.32.9 33.3

スタート遅くほぼ最後方追走。4角で外に出すも直線入口ではまだ最後方。そこからジワジワ伸び続け、上り最速の脚を使い4着まで浮上したが、位置取りが後ろ過ぎた。ここまで後方の位置になったのは初めてで追走力がないわけではない。中盤でリカバーすることなかったので、出遅れで腹を括って末脚を計ることに徹したのかもしれない。

5着 9番 ディオ 牡 3 岩田望来 56 1.33.2 34.0

中団やや後方のインを追走。4角もインぴったり追走し、直線インから伸びてはいたが少し足りなかった。

6着 2番 トゥードジボン 牡 3 福永祐一 56 1.33.3 34.3

インの中団を追走。直線インから伸びようとするも、ふらつき加減で伸び脚が少し足りなかった。

7着 8番 ウナギノボリ 牡 3 和田竜二 56 1.33.4 34.1

インのやや後方を追走。直線で伸びてはいるものの、伸び脚が足りなかった。

8着 5番 ニシノスーベニア 牡 3 松田大作 56 1.33.5 33.9

スタート遅くインの後方。直線もインから伸びてはいるが、伸び脚が足りなかった。

9着 4番 アスクコンナモンダ 牡 3 藤岡佑介 56 1.33.5 34.4

中団を追走するも特に見どころなく終わった。

10着 13番 ヒルノショパン 牡 3 横山典弘 56 1.33.6 34.8

中団やや前目を追走するものの、特に見どころなく終わった。

11着 18番 カワキタレブリー 牡 3 藤岡康太 56 1.33.7 35.1

スタートはそう速くなかったが、外から行く気を見せて3角までに外の3番手まで上がり、直線入口まで3番手を維持したが、直線での伸びを欠いた。前半無理をし過ぎたので、実力以上に負けたことはありそう。

12着 11番 ドンフランキー 牡 3 池添謙一 56 1.33.7 34.5

中団やや後方追走するも直線の伸びを欠いた。1勝クラスを前走勝っているものの、ダート戦だったので芝の走りは今一つのようだ。

13着 17番 セルバーグ 牡 3 古川吉洋 56 1.33.8 34.8

中団追走から見どころなく終わる。

14着 16番 ストロングウィル 牡 3 鮫島克駿 56 1.34.0 35.2

4番手追走するも直線まるで伸びず。

15着 15番 ムーンリットナイト 牡 3 浜中俊 56 1.34.0 34.7

後方追走のまま見どころなく終わる。

16着 6番 メイケイバートン 牡 3 幸英明 56 1.34.0 35.5

2番手追走するも直線まるで伸びず。

17着 7番 デュガ 牡 3 武豊 56 1.34.3 34.9

後方追走のまま見どころなく終わる。

18着 3番 ジャスパークローネ 牡 3 岩田康誠 56 1.35.5 37.0

逃げたが直線でズルズル後退した。

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

 

« 2022 桜花賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 アンタレスステークス G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 桜花賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 アンタレスステークス G3 レース回顧 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ