« 2022 大阪杯 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 サンケイスポーツ杯阪神牝馬S G2 レース回顧 »

2022年4月12日 (火)

2022 ニュージーランドトロフィー G2 レース回顧

ジャングロが1600mをこなすことを予想するのが難しいレースだった。


1.レース結果の基礎データ


2022年 4月 9日(土) 3回中山5日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第40回ニュージーランドT
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(国際)(指定) 芝 1600m 11頭立

 

馬場差 -1.2 完全タイム差 +0.4
タイムランク D メンバーランク C

LAP :12.3-11.2-11.2-12.1-12.0-11.7-11.4-11.6
通過:34.7-46.8-58.8-70.5 上り:70.0-58.8-46.7-34.7 平均:1F:11.69 / 3F:35.06

中盤やや遅く最後までラップが落ちず前が止まりにくい展開になった。

 


2.完全タイム差検証


20220041001

妥当な完全タイム差に思える。


3.各馬の分析


1着 6番 ジャングロ 牡 3 武豊 56 1.33.5 34.7

初速の速さで楽に先頭に立つ。差は大きくないが、後続に競られない程度の距離をキープして逃げる。4角で早めに加速するも、直線入口での後続との差はあまりなく、最後は追い込み馬に差されるかに思えたものの、並ばれてからしぶとさを見せて、ギリギリ1着を確保した。3走前で1回だけ1600mの経験があり敗退していたものの、この時は東京コースで中山程度の直線の長さであれば持つようだ。この1戦を含めた8戦のうち、東京コースでの敗退以外はすべて先行して上り3ハロンタイム3番目以内の末脚も使えている。序盤のスピードがあって最後ひと足使える脚があるのは強力な武器であり、今回1600mまでこなせたことで今後も好走できるレースの幅が広いことを期待できる馬となった。

2着 1番 マテンロウオリオン 牡 3 横山典弘 56 1.33.5 34.1

中団やや後方を追走。3角でははやる馬を落ち着かせながらはじっくり回り、4角の終わり辺りで外を回って仕掛け、直線では外で大分後方の位置にいたがそこからグングン伸びたものの、ジャングロをギリギリ交わせずの2着だった。最後ジャングロを交わせなかったのは、途中でややかかり気味になった分かもしれない。能力はあるが制御の難しさもありそうな馬。加えて今回は4角で外を回る距離ロスが大きかった。

3着 7番 リューベック 牡 3 吉田隼人 56 1.33.8 34.6

4番手を追走。4角は外を回りすぎないように回り、直線で加速するも、外から加速してきたマテンロウオリオンとの末脚の差は歴然で、それでも最後はしっかり伸びて3着を確保した。しっかり前のポジションを取って自身の能力は発揮できた走りだった。それだけに、上位2頭とははっきり力差があったことは覚えておきたい。

4着 11番 エンペザー 牡 3 坂井瑠星 56 1.34.0 35.0

2番手追走。4角で騎手の手が激しく動き、かなり苦しいのかと思いきや、最後までしっかり粘って4着を確保した。重賞では少し足りなかったが、先行力としぶとさで自己条件ではかなりやれそうなところを示した。

5着 2番 ティーガーデン 牡 3 ルメール 56 1.34.3 34.8

後方追走から、4角ではインを回ることで先団との差を詰めることが出来たが、 直線入口ではリューベックと同じような位置にいながら、末脚は リューベックにはっきり劣った。

6着 9番 エイシンシュトルム 牡 3 石川裕紀 56 1.34.3 34.7

後方追走から直線だけでジワジワ伸びてきたが、ここまで。

7着 10番 デルマグレムリン 牡 3 M.デム 56 1.34.4 35.1

後方追走から、3角に入る前あたりから、勢いつけて前に上がっていったものの、4角の途中から勢いがなくなってしまった。デムーロ騎手騎乗は今回初めてだったが、デムーロ騎手の手腕に応えるだけの能力が馬になかった。

8着 8番 サーマルウインド 牝 3 岩田康誠 54 1.34.5 35.4

3番手をインぴったりで追走し、4角から直線入口にかけていい感じに回ってこれたものの、直線ではまるで伸びなかった。戦績からもう少しやれそうに思えるものの、この馬は連続して好走できていないので、連続好走できないタイプなのかもしれない。

9着 4番 アバンチュリエ 牡 3 横山武史 56 1.35.0 35.4

後方追走のまま見どころなく終わる。先行できた過去2戦はスローペースだったので、ペースが遅くないと先行できないようだ。加えて、短い間隔での連戦が続いているので調子が落ちていた分もありそう。

10着 3番 モチベーション 牝 3 秋山稔樹 54 1.35.2 35.8

中団インを追走するも、4角から後退気味で直線はまるで伸びなかった。

11着 5番 ベルウッドブラボー 牡 3 丸山元気 56 1.35.3 35.6

中団追走するも徐々にポジションを下げてしまい、4角では最後方まで下がってしまい、そこから巻き返すことはなかった。

 

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 大阪杯 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 サンケイスポーツ杯阪神牝馬S G2 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 大阪杯 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 サンケイスポーツ杯阪神牝馬S G2 レース回顧 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ