« 2022 天皇賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 新潟大賞典 G3 レース回顧 »

2022年5月11日 (水)

2022 京都新聞杯 G2 レース回顧

ロスの大きな走りで2着になったヴェローナシチーの強さが印象に残るレースだった。騎手が強化されたらもっとやれるのではと思ってしまった。

1.レース結果の基礎データ

2022年 5月 7日(土) 3回中京1日 天候: 晴 馬場状態: 良
11R 第70回京都新聞杯
3歳・オープン・G2(馬齢) (国際)(指定) 芝 2200m 12頭立

馬場差 -2.9 完全タイム差 -0.5
タイムランク B メンバーランク C

LAP :12.5-10.9-10.6-12.1-12.1-12.1-11.8-11.8-11.8-11.7-12.1
通過:34.0-46.1-58.2-70.3 上り:71.3-59.2-47.4-35.6 平均:1F:11.77 / 3F:35.32

2-3ハロン目がかなり速く、その後緩急なく同じようなラップになるレースとなったので、速いレースが出やすい状況になった。スローペースでないとダメな馬には厳しかったようだ。

2.完全タイム差検証

20220051001

かなりの過大評価。1.3秒ほど低く見た方がよさそう。

3.各馬の分析

1着 3番 アスクワイルドモア 牡 3 岩田望来 56 2.09.5 35.2

インのやや後方を追走。4角をインぴったり回ることで難なくポジションを上げていき、4角の終わりで勢いよく外に出すと、そこからの伸びはジワジワとしたように見えるものの、最後までしっかり伸びてゴール少し手前で先頭を交わして1着になった。加速に時間がかかる弱点をインぴったり回る距離得による補っての勝利だった。長く脚は使えるが鋭い末脚ではないので、今後活躍の機会は限られそうだ。

2着 11番 ヴェローナシチー 牡 3 酒井学 56 2.09.6 35.4

外の後方を追走。3角から大外を回って勢いをつけると大外を回っているのに直線入口で早くも先頭に立つ。そこからしっかり走り続け、ゴール少し前では後続と差が出来始め突き放すかに見えたが、ゴール前で1着馬の勢いがわずかに上回り2着になった。1着馬より明らかに距離ロスの大きい競馬をしていて、1着馬より強い競馬をしたのは明らか。騎手が強化されればダービーでも注目したい1頭。

3着 9番 ボルドグフーシュ 牡 3 松田大作 56 2.09.8 35.0

やや出遅れて最後方を追走。4角で外に出して少しづつ進出を試みるも大外を回ったので直線入口ではまだかなり後方。そこから伸び続け3着に浮上した。今回のメンバーの中ではもっとも鋭い末脚を使ったのだが、上位2頭も追い込み馬なのにそれらに比べると全く工夫のないロスの大きな乗り方で、この馬も騎手が強化されればもっと成績が上がるのではないかと思われる。

4着 2番 リカンカブール 牡 3 藤岡康太 56 2.10.2 36.1


インの4番手を追走。4角をインぴったり回ることで直線入口では先頭の少し後ろの位置まで進出。そこから伸びあぐねるかに見えたが、最後までしっかり粘り4着を確保した。全く人気がなかったが、意外にしぶとく善戦できたので、自己条件に戻れば好走必至だろう。

5着 10番 ブラックブロッサム 牡 3 レーン 56 2.10.3 36.2

好スタートから外の3番手のポジションを取って追走する。直線に入ってすぐはまだ勢いがあったものの、直線途中から勢いがなくなってしまった。好位でひと足使う馬の負けパターンになってしまった感じで、直線入口から早めに後続に迫られる展開が厳しかったようだ。先行有利な馬場、展開になればもう少しやれるのだろう。

6着 6番 アップデート 牡 3 浜中俊 56 2.10.5 35.9

後方追走。4角を外を回りすぎないように回ったが、直線入口ではかなり後方で、そこからの伸びも大したことなかった。

7着 7番 リアド 牡 3 川田将雅 56 2.10.6 36.3

中団追走するも見どころなく終わってしまった。やはりスローペースでないとだめなようだ。

8着 8番 ショウナンアデイブ 牡 3 池添謙一 56 2.11.0 36.5

後方追走から見どころなく終わる。まだここでは実力不足なのは明らか。

9着 1番 メイショウラナキラ 牡 3 秋山真一 56 2.11.0 37.1

難なく先頭に立つも残り200mで力尽きてしまった。今回は特に、2、3ハロン目が厳しいかったので、この馬にとって厳しいペースになったようだ。楽に先行できそうなメンバーの場合は要注意。

10着 4番 ストップザタイム 牡 3 古川吉洋 56 2.12.3 38.0

中団追走から見どころなく終わる。まだここでは実力不足なのは明らか。

11着 5番 ミスターホワイト 牡 3 吉田隼人 56 2.12.5 38.5

2番手追走していたが、直線入口から早くも後退気味になる。厳しいペースであっても脱落が速すぎで、まだここでは実力不足なのは明らか。


12着 12番 ポッドボレット 牡 3 福永祐一 56 2.13.7 39.4

中団外を追走するも4角の途中でもう勢いがなくなってしまう。戦績からすると走らなすぎなのだが、ずっとスローペースのレースばかりだったので、流れる展開だとこんな程度なのかもしれない。

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

 

« 2022 天皇賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 新潟大賞典 G3 レース回顧 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 天皇賞 G1 レース回顧 | トップページ | 2022 新潟大賞典 G3 レース回顧 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

オススメ商品

無料ブログはココログ