« 2022 函館スプリントS G3 レース回顧 | トップページ | 2022/6/15 つばきファクトリー 新曲発売記念トーク&お見送り会 タワーレコード渋谷店 »

2022年6月15日 (水)

2022 エプソムC G3 レース回顧

そう速いペースではないのにかなり上りのかかるレースになった。これを馬場状態と判断するか、メンバーレベルが低いと判断するか人によって判断が分かれそうな結果となった。


1.レース結果の基礎データ


2022年 6月12日(日) 3回東京4日 天候: 晴 馬場状態: 重
11R 第39回エプソムカップ
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝 1800m 12頭立


馬場差 -1.0 完全タイム差 +1.7
タイムランク E メンバーランク D

LAP :12.7-11.6-11.9-11.9-11.6-11.9-11.5-11.3-12.3
通過:36.2-48.1-59.7-71.6 上り:70.5-58.6-47.0-35.1 平均:1F:11.86 / 3F:35.57

L1Fで大きく減速しているが、その割に後方から追い込んでくる馬がいないので、末脚いまいちなメンバーのレースだっと考えるのかよさそう。

 


2.完全タイム差検証


20220061502

ちょっと低く見すぎで、0.2秒ほど上に見た方がよい。それでも低レベルであったことは間違いない。


3.各馬の分析


1着 6番 ノースブリッジ 牡 4 岩田康誠 56 1.46.7 34.6

3番手追走から、直線に入って早めに先頭に立つとそのまま押し切った。オープン初戦であったが前目につけてひと足使う戦法が重賞でも通用することを示したが、レース映像の印象では他馬の末脚が大したことなかったことに恵まれたようにも見えるので、今後の活躍は未知数。

2着 8番 ガロアクリーク 牡 5 石橋脩 56 1.46.7 34.2

中団追走から直線外からジワジワ伸びて最後は1着馬に0.1秒差まで迫る2着だった。古馬重賞で初めての好走だったが、直線で外から前を捕らえられそうな位置から伸びていなが捕らえきれなかったので大した末脚ではなく、重馬場で上りがややかかったのがこの馬にとってよかったのかもしれない。

3着 5番 ダーリントンホール 牡 5 ルメール 56 1.46.8 34.4

5番手追走から、直線の伸びは大したことないように見えたが、L1Fでしぶとく伸び続けギリギリで3着に浮上した。連続3着と好走になったが、今回は他馬の末脚が大したことに恵まれた3着に見える。

4着 11番 ジャスティンカフェ 牡 4 横山典弘 56 1.46.8 33.5

最後方追走から、4角で他馬が外を回るなかインをついて直線に入ると前を捕らえそうな位置まで浮上するものの最後まで勢いは続かなかった。上り最速ではあるが、極端に距離得があったのであまり評価できない。末脚いまいちなメンバーを捕らえられなかったのであまり好走したと考えない方がよさそう。

5着 2番 タイムトゥヘヴン 牡 4 戸崎圭太 56 1.46.9 33.9

後方追走から直線よく伸びているものの少し足りなかった。相変わらず追走力は今一つながらここ3戦速い末脚が使えているので大分成績が安定してきているようだ。

6着 12番 ザダル 牡 6 レーン 58 1.46.9 34.2


中団追走から直線よく伸びているものの少し足りなかった。この馬の使える末脚はしっかり繰り出せているので、やはり好走するには恵まれる必要がある。

7着 4番 ヤマニンサンパ 牡 4 川田将雅 56 1.47.2 34.6

中団イン追走。4角インを回るも直線伸びず。オープン初戦だったが、馬場もペースも合わなかったことはありそうなので、この1戦で見限らない方がよさそう。

8着 1番 シャドウディーヴァ 牝 6 坂井瑠星 56 1.47.2 34.6

中団やや後方追走から直線伸びず。

9着 3番 コルテジア 牡 5 三浦皇成 56 1.47.4 35.4

2番手追走から直線伸びず。ダービーから2年ぶりの出走で初の古馬重賞での凡走だったが、この1戦だけでは何とも判断できない。

10着 9番 ハッピーアワー 牡 6 長岡禎仁 56 1.47.5 34.5

後方追走から見どころなく終わる。

11着 10番 トーラスジェミニ 牡 6 原優介 58 1.47.7 36.1

逃げたが、東京コースで粘れるような末脚はないので当然の結果。

12着 7番 トーセングラン 牡 6 田辺裕信 56 1.48.0 35.8

4番手追走していたが直線伸びず。オープンで通用する末脚はなさそう。

 



関連記事
「先週の結果分析」のタイムランクA B には怪しいものと信頼できるものがある。
完全タイム差を検証する表について説明します。
2020年 ジャパンカップの真完全タイム差を補正する ~真完全タイム差こそスピード指数の最終到達点である~

 

« 2022 函館スプリントS G3 レース回顧 | トップページ | 2022/6/15 つばきファクトリー 新曲発売記念トーク&お見送り会 タワーレコード渋谷店 »

競馬」カテゴリの記事

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022 函館スプリントS G3 レース回顧 | トップページ | 2022/6/15 つばきファクトリー 新曲発売記念トーク&お見送り会 タワーレコード渋谷店 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ商品

無料ブログはココログ