レース回顧

2019年10月18日 (金)

2019 アイルランドトロフィー 府中牝馬ステークス G2 レース回顧

スカーレットカラーの強さが目立つレースとなった。かなり派手な勝ち方ではあったが、しっかり回顧して個性を見極めて次に活かしたい。

1.レース結果の基礎データ

2019年10月14日(祝) 4回東京5日  天候: 曇   馬場状態:稍重
11R  第67回アイルランドT府中牝馬S
3歳以上・オープン・G2(別定) (牝)(国際)(指定)  芝 1800m   16頭立


馬場差 -0.6 完全タイム差 -0.5
タイムランク C メンバーランク B

LAP :12.4-10.9-11.6-11.8-11.6-11.9-11.3-11.2-11.8
通過:34.9-46.7-58.3-70.2  上り:69.6-57.8-46.2-34.3 

淡々としたミドルペースでL3Fから加速してL1Fで減速するペースになっている。馬場差-0.6ではあるものの、もう少し高速寄りに回復していた可能性はありそう。

2.隊列分析

2019101602

直線入り口の隊列は短く、ほとんどの馬が上争いに加われそうな位置にいた。
多くの馬がそこそこの末脚を発揮出来ていたので、紛れのない能力通りの結果になったと思われる。

3.完全タイム差検証

2019101604

明らかに過大評価になっている。1秒程度低めに見た方がよい。緩急の少ないレースだったので時計が出やすかったということがあったと思う。

4.各馬の分析


1着   8番  スカーレットカラー 牝 4 岩田康誠  54  1.44.5 33.2 

行く気なく後方からの競馬になり、道中は比較的インで追走していたが、最内ぴったりではなかった。直線に入って外に持ち出しジワジワ伸びて最後は鋭く加速して1着になった。
道中は後方で距離ロスなく走ることに徹して、追い出しは遅めにしてL1Fの減速地点で末脚を爆発させる戦法は過去2戦と同じだったが、今までは距離ロスのない位置取りに恵まれたとか、一瞬の脚を活かしていたことから小回り向きと思ってしまったが、L1Fで減速するレースになればむしろ直線の長いコースの方が末脚が活きる馬だったということであり、さらに力をつけているということでもあると思う。
かなり強い印象が持たれる走りであり、当面安定して走ってくれそうだが、後方からの競馬になるのでスローな展開だったり、馬郡が凝縮する展開になれば取りこぼしも十分考えられる。

2着   6番  フロンテアクイーン 牝 6 津村明秀  54  1.44.7 34.0 

まずまずのスタートから中段のやや前の位置を追走する。直線に入ってからジワジワ伸び続け、ゴール直前で先頭に立ちそうになるもスカーレットカラーの末脚の鋭さに屈して2着になった。
ここ2戦凡走していたことから人気を落としていたが、前走が56キロ、その前が55キロで、特にこの馬は56キロでは好走実績がない。なので、今回は54キロで狙い目だった。トップスピードはさほど速くないが、前目のポジションにつけて、最後も長くいい脚を使う馬なので、好走しやすい馬ではあるが、斤量差には敏感ということは常に意識しておいた方がいい馬である。

3着  15番  ラッキーライラック 牝 4 石橋脩    54  1.44.8 34.3 

スタートは速くなく、やや外目を回りながら向こう正面で進出して4角ころには3番手のポジションまで上げていて、直線では早めに先頭に立ち良く粘っていたが、外から来た2頭に差され3着になった。
先行力はあるものの、末脚があまりないのと最後の勝負根性が今一つなので、この馬は勝ち切れるイメージが持てないのだが、その割には今回は善戦した方だと思う。人気になりやすい馬だが、WIN5の後方からは消していい馬だと思う。
あと、先行勝負の馬なのにスタートが速くないのも記憶すべきで、今回のように道中でスムーズに前につけれればよいが、前のポジションにつくまでに脚を使わされてしまう展開になると、3着以内から外れることも十分考えられる馬ということだと思う。

4着   4番  オールフォーラヴ   牝 4 川田将雅  54  1.44.9 34.3 

好スタートから前目のインのポジションで追走し、直線ではジワジワ伸び、ゴール手前でひと伸びしたが、ラッキーライラックを交わすまでには至らず4着となった。
人気はなかったが、これがオープン入りして3戦目で、前走はスローの瞬発力勝負になり惨敗したものの、前々走はオープン特別で勝っているので、オープンの戦績としては悪くない。末脚は鋭くないが先行力のあるタイプであり、今回のようにL1Fで減速するペースで最後少し伸びたように見えたので、今回のようなペースがこの馬に適しているということだと思う。もう少しメンバーが弱くなるメンバーになれば3着以内に入る可能性は高いと思う。

5着  13番  クロコスミア       牝 6 戸崎圭太  54  1.45.1 34.7 

好スタートから早めに3番手に進出し、向こう正面では2番手まで押し上げるも、直線では伸びず。ただそれでもしっかり粘っていて上位とはあまり差のない5着となった。
先行力があり、末脚はさほどない馬で、以前はスローペースのときに限り前で善戦出来ていた馬ではあるが、近走は平均ペースでもかなり粘る競馬をしている。叩いて調子を上げる馬であり昨年もこのレース5着からエリザベス女王杯で2着になったので、今年もエリザベス女王杯で相手候補として検討すべき馬ではある。

6着   2番  ディメンシオン     牝 5 北村宏司  54  1.45.2 34.5 

やや出負けしたかに見えたが、初速が速くインの前目のポジションを取り切り道中では最内を走ることができたが、ペースが速いので追走に苦労しているように見えて直線入り口までには中段の位置まで下がってしまっていたが、最後は少し伸びた。しかしながら上位勢を脅かす脚はなかった。
末脚があまりないので、先行して好ポジションにつけることが好走条件になるが、前走はペースが速くても今回よりもはるかに高速馬場だったので、この馬にとっては追走しやすかったということで、今回は馬場に加え1800mと前走より1ハロン伸びているのも追走に苦労した要因になっていると思う。


7着  12番  レッドランディーニ 牝 4 池添謙一  54  1.45.4 34.5

スタートは速くなかったが、向こう正面で位置を中段まで押し上げる。4角で加速しようとするもあまりポジションはあがらず、最後まで伸びてはいるものの大した伸び脚ではなかった。
コーナーから加速し長くいい脚を使える馬ではあるが、このメンバーでは力不足ということだと思う。

8着   7番  サトノガーネット   牝 4 坂井瑠星  54  1.45.4 33.7

スタート遅く最後方になり、4角の勝負所でも流れについて行けず最後方になる。直線では大外に出し、L1Fの減速に乗じて数頭交わし7着になった。
いつも最後に末脚は発揮するものの、前半の追走力が劣るので、オープン特別でも3着以内に入るのは難しそう。

9着   5番  ダノングレース     牝 4 三浦皇成  54  1.45.4 34.5

スタートはよかったが、二の足が遅く後ろから5番手の位置まで下がってしまう。それでも、4角の勝負所では、位置を上げていたものの、大した末脚は使えなかった。
騎手のコメントによると最後ノメっていたということだが、確かにノメってバランスを崩すようなところがあった。なので、湿った馬場はダメということのようだが、戦績を見ると乾いた馬場だったとしてもこのメンバーで上位に食い込むのは能力的に難しかったと思う。

10着   3番  カンタービレ       牝 4 松岡正海  54  1.45.5 34.6 

道中は中段のインで脚を貯め、直線で追い出そうとするも大した脚は使えなかった。
この馬古馬重賞を走るようになって4戦連続で凡走しているので、重賞では能力不足と考えてよさそう。オープン特別であれば好走の可能性はある。

11着  11番  ペルソナリテ       牝 6 丹内祐次  54  1.45.5 34.4

後方追走から、直線では最内を突こうとするも、大した脚はなかった。

12着   1番  ジョディー         牝 3 武藤雅    52  1.45.7 35.2 

好スタートから逃げを狙うもエイシンティンクルにあっさり交わされ、最内で2,3番手で追走する。直線では大して粘れず。
この馬が好走するのは遅いペースで楽に逃げれたときになるので、古馬とのレースで好走するのは難しそう。

13着  10番  エイシンティンクル 牝 6 勝浦正樹  54  1.45.8 35.6

初速の速さで逃げてやや速い平均ペースで引っ張ったが、最後はバテた。
このメンバーでは能力不足ということもあるが、乾いた良馬場でないとダメということもありそう。

14着  16番 ランドネ           牝 4 吉田隼人  54  1.46.0 35.3

いいところなし、陣営はダートを試すことも考えているようだ。

15着  14番  プリモシーン       牝 4 福永祐一  54  1.46.0 34.9 

後方追走からまるで伸びず。
今まで馬郡をさばくのに手間取ったり、エンジンのかかりが遅くて凡走したことはあったものの、ここまで最後伸びなかったことはないので、今後精神面での影響が懸念される。馬券的にしばらくは狙いを下げて様子を見た方がよい。

 

2019年10月 5日 (土)

2019 スプリンターズステークス レース回顧

堅い配当の決着となったが、各出走馬がそれぞれのキャラクター通りの走りをして、紛れのない決着になったレースだと思う。ただし、レースのレベルは高くなかった。今回のレースをしっかり回顧して各馬の個性を把握しておくことが大切である。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月29日(日) 4回中山9日  天候: 曇   馬場状態: 良
11R  第53回スプリンターズS
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定)  芝 1200m   16頭立


馬場差 -1.1 完全タイム差 +0.4
タイムランク D メンバーランク C

LAP :11.9-10.1-10.8-11.3-11.2-11.8
通過:32.8-44.1-55.3-67.1  上り:67.1-55.2-45.1-34.3 

ハイペース戦とは前半が速くなる中山1200mのG1でなおかつ高速馬場だったことを考えると、そう無茶苦茶なハイペース戦ではないのでL1Fはやや減速しすぎでこのあたりが、このレースのレベルが高くないということに繋がっていると思う。

2.隊列分析

20191021

縦長で細い隊列になり、後方の馬は直線入り口では外に出さざるを得ない展開になった。L1Fは減速していたとはいえ、直線入り口でダノンスマッシュあたりの位置にいないと間に合わない形となった。

3.完全タイム差検証

20191023

前走との比較からわずかではあるが+への偏りがあるので、あと0.3秒ほど低く見ておいた方がよいと思う。

4.各馬の分析

1着   8番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  57  1.07.1 33.5 

中段追走から、直線入り口ではやや外目に出して、直線に入ってから加速するとグングン伸びて前の馬を差し切って1着となった。
正攻法な勝ち方であり、マイル路線では末脚のトップスピード能力が少し劣ることを示していたが、現状のスプリント路線では末脚のトップスピードが勝っていることを示した。スプリント戦になれてある程度の位置が取れて追走できたことが強みではあったが、レースレベルがさほど高くないので今後も安定した成績を残せるかは相手次第となる。


2着   7番 モズスーパーフレア 牝 4 松若風馬  55  1.07.2 34.4 

好スタートから逃げるも他馬も速くそう大きく離す逃げにはならなかった。最後まで良く粘っていたが最後は差されて2着になった。
正月のカーバンクルSが馬場差-0.4で、前半は今回とおなじ32.8で後半は今回より速い34.2だった。このときは53キロだったので、今回は斤量が2キロ重いことが響いたと考えるのが自然かもしれない。調子の維持が難しくなってきているようだと前回の回顧で書いたが、今回は調子そのものはよかったようだ。なので、この馬はまださほど能力は衰えていないが、53キロ、54キロで走れていた今年の正月あたりが調子のピークだったのかもしれない。

3着   2番  ダノンスマッシュ   牡 4 川田将雅  57  1.07.2 33.7 

内枠を活かして上手くインの中段の位置を確保するも4角から直線入り口では前が壁になり、抜ける場所を探している内にタワーオブロンドンに先に抜け出されてしまい、結局タワーオブロンドンの外から追い上げるもなかなか差が詰まらずゴール前で少し伸びたものの3着にとどまった。
今まで弱い相手に圧勝していたこの馬強いのかそうでないのかよくわからなかったが、今回で少なくともトップスピードの速さではタワーオブロンドンに劣ることを示した。ただし、持続力はそこそこあることは示した。

4着  13番 ミスターメロディ   牡 4 福永祐一  57  1.07.4 34.1 

外枠から積極的に前の位置を取りに行き、8枠の2頭を前に行かせた後ろの4,5番手あたりを追走し、4角の残り400mの手前当たりからぐんぐん伸びて2番手に上がるも最後は少し甘くなって4着となった。
この馬も強いんだかどうかよくわからない馬なものの、先行して早めにスパートする競馬ではなかなか高い能力があることを示した。

5着   5番  レッツゴードンキ   牝 7 岩田康誠  55  1.07.5 33.4 

ダッシュがあまりつかないため後方からになる。比較的内枠だったものの、内が渋滞する展開であったため、最後は一番外を回って追い上げるも届かず5着となった。
イン突きが得意な岩田騎手でもインをあきらめるような隊列になったことが敗因で、L1Fの減速を考えるとインが突ければ3着以内に入れたのではないかと思うので、残念である。この馬いつも自身の能力は出し切り善戦するので、どこかで勝たせてあげたいとつい応援したくなってしまう。


6着  12番  ダイメイプリンセス 牝 6 秋山真一  55  1.07.5 34.0

中段追走から、4角での追い上げはタワーオブロンドンよりスムーズで、タワーオブロンドンのすぐ前の位置で直線ではタワーオブロンドンと併せ馬のような形になったが、タワーオブロンドンの末脚には歯が立たなかった。
新潟、小倉でしか実績のない馬であるが、中山の4角の走りはむしろスムーズで、やはり最後の坂が堪えているようにみえた。まだまだ平坦コースではやれそうな気配はあった。

7着  14番  ハッピーアワー     牡 3 横山典弘  55  1.07.6 33.1

前半は行く気なく後方で極端に内に切れ込み、インを追走し、最後の直線では馬場の外を上がり3ハロンタイム最速の脚で追い込んだが、そもそも前半の走りが遅すぎなので7着に入るのが精いっぱいだった。極端な競馬をしたので上がり3ハロンタイム最速でも全く評価できない。

8着   6番  ノーワン           牝 3 内田博幸  53  1.07.8 33.9

後方追走から、4角から直線入り口にかけては一瞬よさそうな追い上げを見せたがあまり続かなかった。3歳牝馬で53キロの恩恵がありながらもこの程度の走りなので、さほど強くはない。

9着   4番  リナーテ           牝 5 三浦皇成  55  1.07.9 34.0

後方から、前半のペースについて行けない感じで最後もあまり伸びなかったので、追走で脚を使わされてしまった感がある。G1のハイペース戦には対応できなかったということだと思う。

10着   1番  アレスバローズ     牡 7 菱田裕二  57  1.08.0 33.9

前半元々遅い馬ながら行きっぷりはかなりよくなく、4角ではインを突こうと馬の首をインに向けるも馬に拒否されて結局外をつくチグハグな競馬になった。たまに激走するので、内枠に入った場合は気になる存在ではあるが、相手にチョイスするにしてもかなり薄めに考えた方がよさそうだ。

11着  15番  イベリス           牝 3 浜中俊    53  1.08.0 34.8

外枠からでも積極的に前の位置を取りに行ったが、53キロの軽量でもG1レースでは全く通用しなかった。

12着   3番  セイウンコウセイ   牡 6 幸英明    57  1.08.1 34.9

インからでもこのペースでは先手が取れず、インの前から3列目を走るも、外の他馬が速く6番手くらいの追走になる。もう末脚が発揮出来ないので、直線入り口で先頭付近にいないと出番のない馬であり、12着になるもの当然の結果であった。

13着   9番  ディアンドル       牝 3 藤岡佑介  53  1.08.6 35.1

前半は中段の位置でついて行こうとするも、残り600mの手前あたりがらついて行けなくない、騎手の手が大きく動いてもズルズル後退していってしまった。2着に入った北九州記念のラップタイムと比較すると、納得のいく結果でG1の中盤以降のペースに全くついていけなかった。

14着  11番  マルターズアポジー 牡 7 丸山元気  57  1.08.7 35.7

見所無し。

15着  10番  ラブカンプー       牝 4 酒井学    55  1.08.8 35.4

見所無し。

16着  16番  ファンタジスト     牡 3 武豊      55  1.09.3 36.3

先手を取りに行く前走と同じようなレースをしたが、ラップ的には前走とさほど変わらないのに、今回は最後バタバタになってしまった。負けすぎな気もするが、前走の3着がたまたま上手くいっただけで、あまりこの馬は今後も疑った方がよいのかもしれない。

2019年9月27日 (金)

2019 神戸新聞杯 G2 レース回顧

超ドスローで究極の瞬発力勝負となった。これでは、サートゥルナーリアは瞬発力勝負ではかなり強いということがわかったものの、今後に向けてあまり参考になる内容がなかったので、個人的にはかなり残念に思うレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月22日(日) 4回阪神7日  天候:小雨  馬場状態: 良
11R  第67回神戸新聞杯
3歳・オープン・G2(馬齢) (牡・牝)(国際)(指定)  芝 2400m・外   8頭立


馬場差 -2.3 完全タイム差 +1.8
タイムランク SL メンバーランク C

LAP :12.9-11.3-12.9-13.1-13.2-13.5-13.3-12.5-11.8-10.8-10.2-11.3
通過:37.1-50.2-63.4-76.9  上り:69.9-56.6-44.1-32.3

超高速馬場にもかかわらず、13秒台のラップが4ハロンも続いてしまっていて、ここまでスローだとL2F10.2のラップもどうとらえるか難しくなってしまう。


2.隊列分析

2019092702

ドスローなので当然ながら短い隊列となっている。


3.完全タイム差検証

2019092704

1.6秒くらい速く見て、神戸新聞杯の水準タイムとほぼ同程度の真完全タイム差であると考えるのが妥当だと思う。


4.各馬の分析

1着   3番  サートゥルナーリア 牡 3 ルメール  56  2.26.8 32.3 

どスローであるためしっかり2番手を確保し追走し、勝負所から追い出すとしっかり伸びて楽勝の1着となった。
ダービーのときは、最後止まったので持続力に疑問を感じたが、スローペースになれば、持続力は問題ないということのようだ。今後やや速いペースのときも問題なく走れるのかどうかは、このレースだけでは判断できない。また、神戸新聞杯の基準タイムは古馬3勝クラスよりちょっと上程度のもので、今回のレースパフォーマンスはその水準とほぼ同等ということも頭にいれておくべきである。

2着   5番  ヴェロックス       牡 3 川田将雅  56  2.27.3 32.5 

サートゥルナーリアを後ろからマークして、今回は切れ負けすることをはっきり示した結果となった。
どスローの瞬発力勝負は向かないことを示した。

3着   8番  ワールドプレミア   牡 3 武豊      56  2.27.5 32.3 

後方追走から、大外を回って長い直線を活かしてジワジワ伸び続け3着に浮上した。
大外を回って、サートゥルナーリアと同じ最速の上がり3ハロンタイムを出したことは大きいと思う。
戦績を見ると、決して追走力に問題があることはないものの、ズブい面があるので、直線の長いコースに限られてしまうが、今後好走する可能性はありそうに思える走りだった。

4着   4番  レッドジェニアル   牡 3 酒井学    56  2.27.8 33.1 

こちらもサートゥルナーリアのすぐ後ろを追走して切れ負けした。あまり速くないペースで台頭する差し馬であるが、あまりにスローすぎたのと、高速馬場により、この状況では瞬発力が足りなかったということのようだ。

5着   2番 ユニコーンライオン 牡 3 岩田康誠  56  2.27.8 32.7 

レッドジェニアルと大差ないレベルでの走りが出来ていたが、今年の3歳牡馬秋戦線では2勝クラス勝ち直後の戦績では足りないようだ。

6着   6番  シフルマン         牡 3 松山弘平  56  2.27.9 33.3 

押し出されるように逃げるも、切れ負け。

7着   7番  ヴィント           牡 3 竹之下智  56  2.28.4 33.5 

見所無し

8着   1番  ジョウショームード 牡 3 小牧太    56  2.28.6 33.3 

見所無し

 

2019 オールカマー G3 レース回顧

1,2番人気が惨敗した波乱のレースとなったが、その割には3連単の配当が5万円台とあまり高くなかった。小頭数だったということもあるが、1,2番人気をあまり信用していなかった競馬ファンが多かったということも言えると思う。確かにレイデオロは2走続けてらしい末脚を発揮出来ていない嫌な負け方をしているので、疑ってかかるのは難しくはなかったのだが、僕としてはここまでメンバーが弱くなったら、3着は外さないと思って、いい配当が期待できないためこのレースの馬券予想をやめてしまったのだが、改めて僕自身の甘さを思い知らされる結果となった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月22日(日) 4回中山7日  天候: 曇   馬場状態: 良
11R  第65回産経賞オールカマー
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定)  芝 2200m   10頭立


馬場差 -2.1 完全タイム差 +1.1
タイムランク SL メンバーランク C

LAP :12.6-11.2-12.8-12.6-12.6-12.2-12.2-11.8-11.2-11.0-11.8
通過:36.6-49.2-61.8-74.0  上り:70.2-58.0-45.8-34.0 

スローペースではあるが、中山のレースらしく、コーナーからペースアップが開始され、東京や新潟や阪神のような究極の瞬発力勝負にはなっていない。スティッフェリオのように瞬発力に劣る馬でも、中山でこういうふうに乗れば勝てるという見本のレースになった。

2.隊列分析

2019092701

さほど縦に長い隊列ではないが、小頭数ということもあって、見た目は縦長っぽい隊列になっているが、そこはスティッフェリオにより他馬が翻弄されてしまったということなのだと思う。

3.完全タイム差検証

2019092703

タイムランクSLなので、多くの馬が前走よりパフォーマンスをダウンさせているように見える。0.5秒くらいは速めに見ておくのが妥当だと思う。G2戦としては水準に近い真完全タイム差であり、意外にレベルは低くなかったようだ。

4.各馬の分析

1着   9番  スティッフェリオ   牡 5 丸山元気  56  2.12.0 34.0 

まずまずのスタートから、他に速い馬がいなかったこともあってじわじわと前に出江、1コーナー付近で先頭に立つ。その後ゆったりしたペースで走るも、残り800mあたりからゆっくりとスパートを始め、ゴールまで後続との差をキープしたまま1着となった。
レースを見返してみると、残り800mあたりからの地味なスパート(L5F12.2からL4F11.8へアップ)が勝因に見えて、他馬の残り600mからの慌てぶりからして典型的な後続が脚を使わされたレースになったと思う。
この馬ここ2戦G1で凡走していたので軽視してしまったが、G3戦の戦績から小回りコースではこういう競馬ができることも納得。今後も小回りコースのG2,G3戦では警戒が必要な馬ということなのだと思う。

2着   1番  ミッキースワロー   牡 5 菊沢一樹  56  2.12.3 33.4 

行く気なく後方から、残り800mあたりでも後方で、直線入り口でも隊列図のように後方の外にいたが、そこから強烈な末脚を発揮し2着となった。
前走の早めに進出とは違って、この馬のいつもの戦法の最後方からになったが、中山の直線入り口の位置としては絶望的な位置にいながら、2着に食い込めたのは他に瞬発力に優れた馬がいなかったためと考えられる。この馬は今回のように展開に左右されることが多い馬なので、軸にはしにくい馬である。

3着   4番  グレイル           牡 4 戸崎圭太  56  2.12.4 33.6 

後方3番手でインぴったりを追走する。コーナーでは追い出しを我慢するがインを通ったコーナーワークで直線入り口では馬券圏内可能な位置まで進出したが、内で前が狭かったこともあり、追えなかったかあえて追い出しを我慢したのかわからない状態になるも、残り200mで末脚を爆発させて3着に浮上した。この馬は一瞬のトップスピードはなかなかのものを持っているようだが、今回はその一瞬の脚が最良の形で使えた。さらにインを距離ロスなく走れたこともあり、今回は様々な条件がかみ合った、恵まれた3着だと思う。

4着   8番  レイデオロ         牡 5 福永祐一  58  2.12.4 33.9 

グレイルのすぐ外のやや後方の位置を追走する。残り1000mあたりから徐々に前に上がるも、やはり4コーナーでの加速は大したことなく、それでも直線は伸びる見えたが、ゴールまで持たず、グレイルに切れ負けして4着になった。
やや後方を追走した位置取りは、この馬のいい時の末脚を考えたら決して後ろすぎることはなく、福永騎手の騎乗に問題はなく、今回の敗因は馬が能力を発揮出来なかったことにある。ドバイ戦から宝塚記念、今回のレースと、これで3戦続けてこの馬らしい直線の末脚が見られなかった。このことはかなり深刻な状況だと思う。精神面での問題がある可能性が高いように思える。少なくとも突然復調することはないのではないだろうか。

5着   3番  クレッシェンドラヴ 牡 5 内田博幸  56  2.12.5 33.9 

まずまずのスタートから、レイデオロ、グレイルのすぐ前の位置といった中団のやや後ろの位置を追走する。4角の勝負所では一瞬離されそうになるも、しっかり喰らいつき、直線でははじめは後退するかに見えて残り200mからはスパートできて5着となった。
G2戦ではやや能力不足と思えるものの、ダメかと思ったところから喰らいついてくる勝負根性はなかなかのものなので、これならばG3戦あたりでは安定して上位に入れるのではないかと思わせるようなレースぶりだった。


6着   2番  ゴーフォザサミット 牡 4 石橋脩    56  2.12.5 34.3 

3番手追走からスティッフェリオのスパートにも1馬身差で2番手で喰らいつき、直線ではやや離されるも、かなり粘っていたが、残り100mで他馬に差されて6着になった。
先行して最後まで粘ったレースぶりは悪くない。この馬古馬と戦うようになってからずっとG2戦を使っているため、地味な成績になっているが、G3戦を使えば能力上位である可能性が高いと思う。また、メンバーの弱いG2でも警戒が必要。まだ4歳だし、どこかで穴を空ける可能性は高いと思う。

7着  10番  ショウナンバッハ   牡 8 吉田豊    56  2.12.6 33.6 

定位置の最後方追走から追い込んでくるも、7着まで、やはり馬券圏内に入るのは難しそう。

8着   6番 エンジニア         牡 6 津村明秀  56  2.12.8 34.3

5番手で最内を距離ロスなく追走して、直線に向いてからもいい位置にいたが瞬発力が劣るため8着になった。

9着   7番  ウインブライト     牡 5 松岡正海  58  2.13.5 35.1

4番手追走から、残り600mで追い上げを開始するも前との差が詰まらずかなり騎手が焦って馬を押すも反応が悪く、直線でもまるで伸びなかった。ちょっと負けすぎな気もするが、この馬の戦績を見ると、残り600mのラップが11秒台前半になるレースでは惨敗している。これは4コーナーを11秒台前半で走る能力がないのかもしれない。ミドルペース以上のレースになり勝負所のラップタイムがかかるレースでないとダメと考えると、今回無理して4コーナーで脚を使って惨敗したのも納得できる。
なので、今回のこの馬の敗退は調子の問題ではなく、この馬の特性の可能性があるので、次走も軽視せずに注意したい。

10着   5番  トニーファイブ     セ 4 藤田菜七子  56  2.16.2 38.0

2番手追走するもコーナーでのペースアップについていけずズルズル後退した。明らかにここでは能力不足

2019年9月14日 (土)

2019 紫苑ステークス G3

近年はレベル高いメンバーが出走することの多いレースであったが、今年のメンバーはあまりレベルが高くなかったようだ。


1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 7日(土) 4回中山1日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第4回紫苑S
3歳・オープン・G3(馬齢) (牝)(国際)(指定)  芝 2000m   15頭立


馬場差 -2.5 完全タイム差 +0.1
タイムランク C メンバーランク D

LAP :12.2-11.1-12.2-12.3-12.7-11.8-12.0-11.5-11.0-11.5
通過:35.5-47.8-60.5-72.3  上り:70.5-57.8-46.0-34.0  平均:1F:11.83 / 3F:35.49

超高速馬場の中でのスローペースで、後半もあがりが分散するロングスパート戦になったとはいえ、超高速馬場のレースとしては物足りないラップタイムになっている。

2.隊列分析

 

2019091205

典型的な前残りのレースで、直線入り口で前にいなければどうにもならない。それでいて、隊列はやや長いので直線入り口で後方にいた馬は実力が劣ると考えてよいだろう。

3.完全タイム差検証

2019091206

かなりの過大評価。1.3秒程度は低く見た方がよい。つまり低レベルな凡戦ということ。

4.各馬の分析

1着  15番  パッシングスルー   牝 3 戸崎圭太  54  1.58.3 33.8

大外枠ながら、前半の緩いペースを利して3番手の位置に取り付く。直線に入りジワジワ伸びてカレンブーケドールを競り落とすも、内からフェアリーポルカが伸びてきて最後はこの2頭の競り合いになりギリギリ競り落としての辛勝だった。
前半緩いペースで楽に先行できたことが大きい。最後も辛勝なのであまり高い評価はすべきではない。

2着   6番  フェアリーポルカ   牝 3 三浦皇成  54  1.58.3 33.7

好スタートから、3番手に取り付き最内のポジションを確保する。ところが向う上面で2番手の馬の後ろにつけたかったのか、少し外のポジションに移動して追走する。少し追い出しを我慢しながら4角を回り直線では空いた最内をついて追い込むもパッシングスルーと首の上げ下げで惜敗の2着。
惜敗だったので、向う上面でもインぴったりのポジションをキープしていれば勝っていたのではと思えるような走りだった。
前走のオークス、前々走のフローラSでは外枠が敗因とされているので、内枠でインのポジションを取れるようであれば、今後も小回りコースで好走する可能性はありそう。

3着  14番  カレンブーケドール 牝 3 津村明秀  54  1.58.4 34.0

2番手追走から、最後は上位2頭にわずかに競り負けた。
オークスから大きくパフォーマンスを落とした形だが、スローになると瞬発力勝負では分が悪いようだ。あと、道中はハミを噛んで力んでいたようだ。賞金が足りていて、ここで勝負をかけないくてもいい馬なので、秋華賞での上積みは十分考えられる走りであった。

4着   5番  レッドベルディエス 牝 3 ルメール  54  1.58.6 33.7

前半は後方から2番手の位置になり、向う上面でジワジワ進出を開始するの早めのペースアップを試みるも、あまり上げられず、直線では外から良く伸びたものの、直線入り口が逆転不可能な位置だったので、5着どまりだった。
後方から外を回っては全く勝負ならない馬場だったこともあるが、スローペースでも前半の追走力が劣り、瞬発力もさほどでもないので、2勝クラスではやれるだろうがその上のクラスで今後好走できるかどうかは微妙な走りだった。

5着   4番  フィリアプーラ     牝 3 丸山元気  54  1.58.7 34.1

中段のイン追走も向う上面でポジションを上げフェアリーポルカが空けた前目の最内のポジションに入って3,4角を回ったが、最後まで粘ることができず5着になった。
極めて上手いレースの立ち回りをしたものの、それでいて直線で大して伸びないので、そもそもの能力が不足しているということだと思う。

6着  12番  ローズテソーロ     牝 3 横山典弘  54  1.58.9 34.0

5番手で馬郡の真ん中の位置を追走するが、3角入り口で全体のペースについていけず、ポジションを少し下げて最内の位置に切り替えロスなく3,4角を回り、最後は少し伸び脚を見せるも6着までだった。
スローペースの立ち回りとしては、悪くなかったが、やはり能力不足ということだと思う。また、戦績から高速馬場がダメな可能性もある。

7着   1番  エアジーン         牝 3 石橋脩    54  1.58.9 33.6

最内枠であったことから、インの中段を目指すも他馬が速く後方の位置になる。2角を回り終わったところからポジションを外に移動するもそれでもまだ後方。残り600mくらいから徐々に仕掛けて、外から上がり3ハロン最速の脚で上がるも7着まで。
末脚がそこそこあっても、前半の追走力が弱すぎる。

8着   2番  クールウォーター   牝 3 野中悠太  54  1.59.0 33.8

序盤後方から最後は内から少し伸びた。
末脚がそこそこあっても、前半の追走力が弱すぎる。

9着   3番  スパークオブライフ 牝 3 藤田菜七  54  1.59.2 33.8

序盤後方から最後は外から少し伸びた。
末脚がそこそこあっても、前半の追走力が弱すぎる。

10着   8番  グラディーヴァ     牝 3 M.デム  54  1.59.3 34.7

前半は中段のやや後方の位置にいたが、向う正面の入り口あたりから前にポジションを押し上げ5番手くらいの位置につけたが、デムーロ騎手によると最後は馬の気持ちが萎えたとのことであるので、精神的な問題がありそうということは記憶しておきたい。

11着  13番  アップライトスピン 牝 3 田辺裕信  54  1.59.5 34.8

中段追走するも3,4角でのペースアップについて行けなかった。

12着  11番 メイクハッピー     牝 3 大野拓弥  54  1.59.7 35.4

逃げれたがまるで粘れず。やはり芝はダメそう。

13着   7番  トーセンガーネット 牝 3 武藤雅    54  1.59.8 34.6

特に見所無し

14着  10番  レオンドーロ       牝 3 柴田大知  54  2.00.0 34.9

高速馬場はだめ

15着   9番  ウエスタンランポ   牝 3 菊沢一樹  54  2.00.9 35.7

特に見所無し

2019年9月13日 (金)

2019 京王杯オータムH

G3戦としては今ひとつで、先行有利なメンバー構成だったために昇級初戦のトロワゼトワルが軽ハンデを利用して好走するのではとまでは予想できたものの、ここまでトリッキーなレースをするとは思わず驚かされた。今年の秋の中山は例年以上に高速化していて、もはや世界レコードタイムが出ても、それに何の価値も感じない。やはり出走メンバーのレベルを元にレースの価値を判断するとこのレースはさほど高く評価すべきものではない。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 8日(日) 4回中山2日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第64回京成杯オータムH
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 1600m   16頭立


馬場差 -2.0 完全タイム差 -0.8
タイムランク B メンバーランク C

LAP :12.3-10.6-10.4-10.9-11.2-11.4-11.5-12.0
通過:33.3-44.2-55.4-66.8  上り:67.4-57.0-46.1-34.9

1600m戦で2~4ハロン目まで10秒台が続くのは高速馬場を考慮してもかなり異質であり、前半は超ハイペースと判断できる。このペースで1着馬がバテなかったのは軽ハンデによるものと考えるべきだろう。

2.隊列分析

2019091202

超ハイペースであることを証明するように、直線入り口ではかなり長い隊列になっている。セントウルステークスに比べて隊列の横幅が広いがこれは芝を全面張り替えしたことによるものだろう。

3.完全タイム差検証

2019091204

多くの馬が大きくパフォーマンスをアップさせているので、かなりの過剰評価。1着馬は軽ハンデが活きた激走と考えても、2着以降は前走と大差ないパフォーマンスと考えるべきで1.5秒くらいは低く見た方がよい。


4.各馬の分析

1着  10番  トロワゼトワル     牝 4 横山典弘  52  1.30.3 34.9 

スタートは一番速いというわけではないが、二の足で強引にハナを取り切り、ハイペースでガンガン飛ばし、最後まで他馬をよせつけず2着馬に0.6秒差をつける圧勝だった。
レース後の横山典弘騎手のコメントによると「開幕週の馬場でもあり、この馬の持ち味を生かしたかったです。見ている分には速いペースだったと思いますが、この馬場を考えれば速くないんです。追って切れない馬で、52キロでもあったので積極的に行きました。」ということで、高速馬場と軽ハンデを考えての騎乗だったことがわかる。
追って切れない馬ということで、先行して好走してきていた馬だが、大して切れ味のある末脚を持った馬がいなくて、速い逃げ馬がいない組み合わせに恵まれたことが大きく。そして、ハンデに恵まれたことがものすごく大きかったようだ。このハイペースでバテなかったのは、現時点では軽ハンデによるものと考えておいた方がよい。この馬の真の実力は次走を見てから判断すべきである。

2着  11番  ディメンシオン     牝 5 北村宏司  53  1.30.9 34.2 

まずまずのスタートから積極的に4番手の位置を取り、ややインの位置を確保する。4角に入ることでは3番手に進出し、直線で内のジャンダルムと併せ馬のような形になり、2着となった。
結局先行したことが吉となる、前残りのレースとなった。この馬の戦績をみると比較的先行することが多いというだけで、先行して持ち味を活かせるタイプでこのレースでは有利と考えるのは難しかった。それよりも高速馬場巧者ということが大きかったように思う。この馬が高速馬場巧者で高速のペースでも前の位置が取れるということはしっかり覚えておくべきだろう。それに加えて瞬発力勝負では分が悪いことも覚えておくべきだろう。


3着   2番 ジャンダルム       牡 4 藤井勘一  55  1.30.9 34.2

スタート後はこの馬が一番速く、他の速い馬を先に行かせて3番手の最内のポジションをキープする。4角で追い出しを少し遅らせたためディメンシオンに前に出られたが、そのあとしぶとく競り合って3着を確保した。
インをロスなく走れたことが大きい。この馬の戦績を見ていると、ゲートの出が悪く後方からになることが多かったが、前走からはそれが解消して、位置が取れるようになったようで、もうこの馬はスタートがよく内枠であれば要注意な馬と見た方がよいのかもしれない。ただ、末脚は大したことなく、今回は内枠と末脚が鋭い馬がいなかったことと、ハンデに恵まれたことが大きい。
内枠の前残りは特に中山競馬だとよく発生するが、この馬が前残り候補と考えるのは戦績からは難しかった。

4着   3番  カルヴァリオ       セ 6 黛弘人    53  1.31.0 33.9

スタートはよく、ジャンダルムのすぐ後ろの最内のポジションをキープする。コーナーはインぴったりを回り、直線で、前を行く馬の外に持ち出し進出を図るも、バテた1頭を交わした程度の脚色で、かと言って後方から鋭く差してくる馬もいなかったので、4着となった。
この馬も今回は内枠と末脚が鋭い馬がいなかったことと、ハンデに恵まれての4着であり、こうした馬が上位に来ていることからもレースのレベルはさほど高くないと判断できる。
あまり好走とは考えない方がよさそう。

5着   1番  プロディガルサン   牡 6 三浦皇成  55  1.31.0 33.5

スタートはよかったが、速いペースについていけず後方からになる。4角から追い上げて、直線では一番外を回り追い込むも5着まで。あの脚色ならば、4着馬は交わせるだろうと思うものの、最後はソラを使ったようである。この馬はWIN5対象レースで何度も何度も人気を裏切っており、WIN5を買っている人ならば信用してはいけない馬ということがよくわかると思う。
重賞では足りない馬と、基本的に考えておいてよいと思う。
 
6着   5番  ストーミーシー     牡 6 大野拓弥  56  1.31.1 33.8 

後方からになるが、プロディガルサンの一列前の位置を追走し、直線では他馬の差し馬が外を回る中インを突いてきたが、大して伸びなかった。
この馬の末脚からすると、インをロスなく立ち回れたのだがらもっと切れていいはずだが、超ハイペース戦のため、追走で末脚が削がれてしまったと考えるべきなのだろう。騎手は前が狭かったのを言い訳にしているが、パトロール映像を見るとさほど厳しい壁ではない。やはり末脚が削がれてしまったのだと思う。

7着   4番  クリノガウディー   牡 3 戸崎圭太  54  1.31.2 34.1 

馬郡の中の中段を追走。4角の終わりではやや前が窮屈になるも、その後外に持ち出してもジリジリとしか伸びず。
トップスピードが速いタイプではないが、加えて高速馬場適正もないと考えてよさそうだ。
ある程度直線の長いコースで時計がかかり持久力勝負のレースになれば、また好走する可能性はあるかもしれない。

8着   7番  ロードクエスト     牡 6 M.デム  57  1.31.3 33.9 

後方からになったが、ここ2走に比べると徐々に前を狙う形で、4角で一気に大外から前を狙うも右鞭を入れたとこで大きく外にヨレてその時に鐙が外れさらに落鉄もあり、ピリッとした脚が使えなかった。
4角の終わりでは、一瞬来たと思わせてくれて、デムーロ騎手としては今回ベストを尽くしてくれたと思う。右鞭で大きくヨレたのでコーナリングに難があるのかもしれない、また、以前も落鉄したことがあるので、落鉄しやすいのかもしれない。
デムーロ騎手がここ数年手をかけている馬なので、今回狙ってみたが、外差しが決まらない馬場であったことや、アクシデントがあったことからまだ見限らない方がいいかもしれない。次走もデムーロ騎手が乗るのであれば、相手次第であるが、また少し狙ってみたい。

9着   6番  ヒーズインラブ     牡 6 内田博幸  56  1.31.3 33.8

後方のまま見所無し。

10着  14番  レインボーフラッグ 牡 6 丸山元気  54  1.31.4 33.3

後方で特に中盤ではまるでついていけずかなり後方になった。上がり3ハロンタイムは最速にはなっているが、まるで評価できない走りだった。

11着   9番  グルーヴィット     牡 3 松山弘平  55  1.31.5 34.6 

まずまずのスタートから5番手を追走。4角に入るところから速くも鞭が入り、直線ではズルズル後退した。
前走のレース回顧で「軽ハンデを活かしての勝利だったと思う。この後まるで活躍出来ない可能性もあると思う。」書いたとおりで今後も厳しい戦いが続くのではないかと思う。

12着  16番  キャプテンペリー   セ 6 津村明秀  54  1.31.6 34.5

特に見所無し。

13着  13番 プールヴィル       牝 3 秋山真一  52  1.31.6 35.2 

離れた2番手を追走するも直線ではズルズル後退。騎手のレース後コメントだと「同じ世代の牝馬同士ならマイルもこなせますが、古馬相手の重賞だと少し長いのかもしれません。牡馬とやるならもう少し短い距離の方が良さそうです。」ということなので、短距離戦に矛先を変えてきたら、少し警戒が必要かもしれない。

14着   8番  フローレスマジック 牝 5 石橋脩    53  1.31.7 33.6 

ゲートの出が悪く後方から、加えてハイペースにまるでついて行けなかった。
ゲートに難があることは良く覚えておくべき。加えて速いペースのレースではまるでダメなので、活躍できるレースの幅はせまい。

15着  12番  ヤングマンパワー   牡 7 嶋田純次  55  1.32.5 35.2

重賞の後方着順の常連になってしまった。

16着  15番  ハーレムライン     牝 4 木幡巧也  53  1.32.5 35.6

中段を積極的に走るも、最後の直線では囲まれて馬の気持ちが萎えてしまったとのこと。前走も寄せられると怯んだということなので、精神的な弱さがある馬ということは覚えておくべき。

 

2019 セントウルステークス G3 レース回顧

張り替えた内の芝の状態が相当よかったようで、かなりの高速馬場になった、他のレースでも2ハロン目以外でも10秒台のラップタイムが頻発していたので、かなり極端な高速馬場状態だった。ここまでくると高速馬場適正を考慮しないと馬券が取れなくなる。土曜日や午前中のレースでのチェックが重要ということを改めて思い知らされた。
このレースも、タワーオブロンドンのピックアップは簡単だったが、2,3着を当てるのが難しいレースだった。3歳の成長力、可能性を予想するのはとても難しい。


1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 8日(日) 4回阪神2日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第33回産経賞セントウルS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定)  芝 1200m・内   13頭立


馬場差 -1.4 完全タイム差 ±0
タイムランク C メンバーランク C

LAP :11.9-10.3-10.8-10.8-11.3-11.6
通過:33.0-43.8-55.1-66.7  上り:66.7-54.8-44.5-33.7

中山、小倉ほどには前半が速くなりにくい阪神コースで、2~4ハロン目まで10秒台となったので、ハイペースに加えて馬場の高速状態が尋常でなかったことが伺える。


2.隊列分析

2019091201

直線入り口でさほど隊列が長くなっていないので、極端なハイペースではなかったということ。また、馬場を張り替えた内を走りたい馬が多く、内よりの隊列になっている。


3.完全タイム差検証

2019091203

パフォーマンスをアップさせている馬が多いので、やや過剰評価。0.6秒くらいは低く見た方がいい。レースレベルはあまり高くない。

4.各馬の分析

1着   7番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  57  1.06.7 33.2 

あまり速くないスタートだったが、3角の入り口までに内に潜り込み、コーナーを距離ロス少なく走ることによって、中段の位置まで上がって、直線に入ると少しづつ外に出して、外から加速するとノーステッキで一気に差し切って1着になった。
全く危なげのない走りだった。この馬だけ次元が違う末脚に見えたがそれは他馬の末脚が大したことないためで、これは戦前からわかっていたこと。それでいて、マテラスカイが引っ張ってある程度流れることも予測できたので、この馬の1着を予想するのは難しいことではなかった。
上がり3ハロン33.2の末脚を繰り出せたので高速馬場適正はあるが、それでも今までは末脚勝負になるとトップスピードで劣ってくるので、引き続き、瞬発力の優れた馬のいる組み合わせでは分が悪い馬と考えた方がよい。また、今回は小頭数とポジショニングの良さが楽勝に結びついたと考えるべきで、今回のレースでこの馬が強いと考えるのでは危険だと思う。

2着   6番  ファンタジスト     牡 3 和田竜二  54  1.07.2 34.0

好スタートから積極的に前を追いかけ終始3番手を追走する。直線に入っても最後まで粘り切って2着となった。
近走、後方からで末脚に賭けるレースをするも大した末脚が発揮できないレースが続いていたが、先行して粘り切るスタイルにキャラ変して好走することができた。前走の北九州記念での凡走から僕はこの馬軽視してしまったが、こういうことがあるから、やはり3歳の評判馬の古馬対決は1戦だけで見限ってはいけない。見限るのは2戦凡走してからにすべきということはこのレースの僕の最大の教訓になった。前走の北九州記念後の武騎手のコメントで「スタートが悪かったし、久々の1200メートルで流れに乗れなかった。もともと短距離がいいと思っていたので、次はいいと思う。」という内容があったので、一応警戒すべき材料はあった。
もうこの馬は大した末脚は発揮できそうにないので、先行粘り込みの戦法で今後は行くとおもうが、今回は54キロだったことと、3着馬以降に末脚のしっかりした馬がいなかったことに恵まれて粘り込みが叶ったようにも見えるので、今後も活躍できるかどうかはメンバー次第だと思う。

3着   4番  イベリス           牝 3 浜中俊    52  1.07.3 34.0

好スタートから、ファンタジストの少し後ろの4,5番手を追走し、直線ではジワジワ伸びて3着を確保した。
ファンタジストとは逆にいつも逃げていた馬が、控える競馬にキャラ変して好走した。こうした、2,3着馬はキャラ変して好走したので、予想するのは極めて難しい結果となった。
ただ、このレースは末脚の確かな馬がタワーオブロンドンしかいないので、前に行く馬が有利なのはわかっていたので、一応イベリスは警戒することができた。イベリスも逃げ戦法に限界を感じて控えて差す競馬に変えたようだが、控えるといったも比較的前に行っったことが好走要因で、この馬の武器は先行力ということになる。ただ今回は52キロだったということもあり、古馬との斤量差がなくなっても好走できるかどうかは微妙だと思う。

4着   1番  ペイシャフェリシタ 牝 6 幸英明    54  1.07.3 34.0

最内5番手追走。コーナーを最も距離ロスなく走るも、直線では、ファンタジストとマテラスカイが壁になり追えず、最後100mで追い出すも4着となる。
直線入り口まではポジショニングの面ですごく恵まれていたが、これで3着以内に入れないのであれば、今後3着以内に入るのは難しいかもしれない。直線で前が壁になったとはいえ、一瞬の脚や勝負根性があればなんとかできるレベルの壁であったため、この馬は少し気が弱いのかもしれない。

5着   3番  キングハート       牡 6 小崎綾也  56  1.07.6 34.1

インの中段をロスなく立ち回る。直線では大して伸びないものの、他馬に速い馬がいなかったので、5着に入れた印象。久々の掲示板ではあるが、特に見所はない。

6着   8番  ダイメイプリンセス 牝 6 川田将雅  54  1.07.6 34.0

中段追走するも4角での手ごたえが悪すぎた。それでも直線では少し伸びた。
この馬は小倉、新潟に良績が集中しているが、坂というよりはコーナーを苦手にしているように見える。引き続き中央場所では狙いを下げることで大丈夫だと思う。

7着   2番 マテラスカイ       牡 5 武豊      56  1.07.6 34.6 

芝スタートのスピードが速いことから、芝でもやれるのではと人気になり、その通り速いスピードで逃げてレースを引っ張ったが、このメンバーで粘れないのであれば、芝レースでの連対は難しいのではないだろうか。


8着  12番 ミスターメロディ   牡 4 福永祐一  58  1.07.7 34.3 

スタートは速くないが、二の足で中段の位置に押し上げる。直線では大して伸びず。
この馬は、内枠で距離ロスなく走って、前目の位置が取れた時に好走するようだ。内枠で前目で走れそうと思えるレースでは警戒は必要であるが、軸馬に向く馬ではない。

9着  10番 モーニン           牡 7 岩田康誠  57  1.08.1 33.8

前半はまるでついていけなかったが、後半はそこそこの末脚をだした。高速馬場にはまるで対応できないが、時計のかかる馬場になれば末脚を活かして穴を空ける可能性はあると思う。


10着   9番  カイザーメランジェ 牡 4 江田照男  56  1.08.4 34.8

後方追走のまま何もできず。函館スプリント勝ちは手薄なメンバーでスローペースで逃げれたからのものであって、同様のパターンの再現は極めて難しいと思う。

11着   5番  ラブカンプー       牝 4 川須栄彦  54  1.08.4 35.3 

2番手追走も直線でズルズル後退。やはり復調の兆しは見られず。

12着  13番  タマモブリリアン   牝 6 太宰啓介  54  1.08.5 34.6

前半ついていけず。高速馬場適正はまるでない。

13着  11番  アンヴァル         牝 4 藤岡康太  54  1.13.1 39.4

かなり後方から、4角から直線にかけては大外から伸びようとするも、大きく後退してしまった。
熱中症だったという説もあるが、戦績から、やや時計のかかる馬場で好走しているので、高速馬場では狙いを下げることも可能であった。今後は高速馬場では軽視でよいと思う。

2019年9月 6日 (金)

2019 新潟記念 G3 レース回顧

あまりレベルの高くないと思われる重賞の実績馬と昇級馬の組み合わせで難解なレースであり、結果も人気から見ると難しい組み合わせで決着した。今回のレースは新潟外回りコースで末脚勝負の馬が多かったわりには、流れる展開になったが、こうした展開では実力差がはっきり出たレースになったので、今回の結果はしっかりと覚えておきたい。
また、今回は僕はジナンボーを軸に選ぶことができたものの、相手馬をピックアップできずに外れてしまった。相手がユーキャンスマイルとカデナで3連複は2万円もつき、決して相手としてピックアップするのが難しい馬ではないので、やはり馬券を買うに当たって相手の選び方にもう一工夫必要ということを考えさせられたレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 9月 1日(日) 2回新潟12日  天候: 晴   馬場状態: 良
11R  第55回農林水産省賞典新潟記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 2000m・外   18頭立


馬場差 -0.4 完全タイム差 ±0
タイムランク C メンバーランク C

LAP :12.7-10.9-11.3-11.7-12.0-12.5-12.0-11.3-11.1-12.0
通過:34.9-46.6-58.6-71.1  上り:70.9-58.9-46.4-34.4 

新潟外回りコースでかつ、末脚で勝負する馬が多かったわりには流れる展開となった。これは、序盤でブラックスピネルとクラウンディバイダの先行争いが激しかったことが要因ではあったのだが、先行馬が少ないときに先行争いが激しくなるかどうかを予想するのは難しい。


2.隊列分析

2019090401

直線入り口では縦に長い隊列であったが、その後馬郡は大きく横に広がり短い隊列になった。3,4角で少し緩んだラップタイムになっているので、後方の馬が直線に入って、前の位置に押し上げやすい展開であったようだ。新潟外回りは直線が長すぎるので、勝負所の隊列をチェックするには残り400mくらいのところを見た方がよいのかもしれない。後方にいたカデナが3着まで届いているので、平均ペースの流れの中でも末脚が発揮出来る馬が上位にくる展開となった。

3.完全タイム差検証

2019090402

全体的には前走よりパフォーマンスが上がっている馬が多いので、やや過剰評価。3着のカデナは前走とほぼ同等あるいは若干パフォーマンスを上げたと考えて、+0.5秒と見ておいた方がよいと思う。


4.各馬の分析

1着   7番  ユーキャンスマイル 牡 4 岩田康誠  57  1.57.5 33.6 

スタート後、やや後ろの位置を追走、3角のところからインに入りコーナーを距離ロスなく回る。直線ではやや外に持ち出すも、馬全体では内の位置で、直線に入ってからは横一線に近い隊列になり、内回りとの合流地点から追い出すと一瞬のトップスピードの速さで一気に先頭に立ち、最後はジナンボーが追いかけてくるところをしのぎ切って1着となった。
レース映像を見返してみると、追い出してからの反応の速さとトップスピードの速さは群を抜いているように見える。レースが流れた上での末脚なので、無茶苦茶トップスピードが速いというわけではないのだが、レースが流れる中でこの脚を使えたということはしっかり覚えておくべきだと思う。この馬、万葉ステークス、ダイヤモンドステークスとあまり強くない馬との組み合わせでかっただけで、天皇賞では、5着とあまり強い馬とは思えなかったが、どうやら、天皇賞からこのレースまでのトレーニングで馬がまた成長したようだ。レース後の友道調教師のコメントでは「春の天皇賞の後は、まだ力もついていませんでしたが、あの後、無理をしなかった事が良かったです。筋肉にメリハリがつき、大人の体になりました。」ということなので、4歳の夏時点でもまだ馬の成長によるのびしろがある可能性を考慮すべきということが、このレースからの教訓となった。
この秋の中距離路線で無視できない存在になったと思う。

2着   5番  ジナンボー         牡 4 M.デムーロ  54  1.57.5 33.9 

好スタートからやや速い流れでもしっかり先団に取り付き速い流れを引っ張る前3頭の後ろの位置を追走する。この馬も3角のところからインに入りコーナーを距離ロスなく回る。直線では馬場のいいところを狙ってかなり外に持ち出し、しばらく追い出しを我慢しているところで、内の位置からユーキャンスマイルに出し抜けを喰らい、最後は必死に差そうとするも2着に敗れた。
末脚勝負の馬が多いだけに、前目の位置が取れるこの馬に有利なレースになると思って、僕はこの馬を軸にしたのだが、その判断は正しかった。この馬は初速が速いわけではなく、前走は途中でペースが緩んだところで前に行っていたが、今回のようなやや速い流れで最初からしっかり前の位置が取れたのは収穫だと思う。こうした走りができれば、今後も安定して走れると思う。ユーキャンスマイルのような切れ味はないが、今回は見えない位置から出し抜けを喰らったので、併せ馬ような位置で走ればこの馬も追い比べではそう負けないんじゃないかとも思える。この馬も秋の中距離路線で楽しみな一頭となった。

3着   6番  カデナ             牡 5 武藤雅    57  1.57.8 33.6 

速い流れのため、後方を追走し、直線ではかなり外に持ち出し、ジワジワ伸び続け、3着に浮上した。
直線の長い新潟外回りのレースなので、上がり32秒台のレースになればこの馬では対応できないと考え、僕はこの馬を切ってしまったのだが、その判断は失敗だった。ただ、上がりが34.4秒と新潟コースでは少しかかったことがこの馬に有利に作用したのは確かだと思う。前半の追走力は低いが、最後の末脚はかなりのものがあり、小回りコースでは4角から末脚を発揮することができるし、直線の長いコースで直線をジワジワ伸び続けることができるので、追い込み馬であってもある程度流れるレースであれば、無視できない存在になった。

4着  15番  ブラックスピネル   牡 6 松若風馬  57  1.57.9 34.8

クラウンディバイダとの先行争いを制すと、先頭に立ちレースを引っ張った。直線の途中で、ユーキャンスマイルにあっさり交わされるものの、しぶとく粘って4着となった。
逃げ、先行の馬ではあるものの、速いペースだったり揉まれたりするとだめで、スローで逃げれて末脚が鋭い馬のいない組み合わせでないと、3着以内に入れない馬だと僕は考えていたが、やや速いペースでも、他馬に絡まれることなく逃げれれば最後までしぶとく粘れることを示したのは収穫だったと思う。こうした走りが出来るのであれば、組み合わせ次第でまた重賞で3着以内に入る可能性はありそう。

5着   4番  フランツ           牡 4 戸崎圭太  55  1.58.0 34.1

やや後方の追走であるが、3,4角ではユーキャンスマイルの少し前を走っていたのに、直線ではまだ本格的に追い出す前のユーキャンスマイルにあっさり交わされてしまう。直線の途中でようやくエンジンがかかり、一瞬かなり速いトップスピードを見せるものの、上位勢を脅かすほどではなく、5着となった。
非凡な瞬発力があるものの、エンジンのかかりが遅く勝負所でもたつくので、重賞ではこの馬が活躍できるレースの幅はかなり狭いかもしれない。

6着  12番  ショウナンバッハ   牡 8 吉田豊    54  1.58.0 33.6

ほぼ最後方を追走するも、最後は一番外から末脚を繰り出し6着まで追い上げた。
前半の追走力は絶望的な馬ではあるが、近走は確実に末脚を繰り出しているが、3着以内に入る機会は限られる。安定した末脚を繰り出す馬なので、この馬を物差しにして、この馬より下位の馬は末脚が大したことないと考えてよいのではないかと思う。

7着  16番  センテリュオ       牝 4 北村友一  53  1.58.2 34.3

外枠から先行して、ジナンボーのすぐ外を追走するも、直線で横一線になったところで一旦後ろに下がってしまうものの、その後直線の途中から伸びてきて7着となった。
同じようなペースで走ったジナンボーとははっきりと力差があることがわかってしまったが、最後はしっかり伸びていたので、今回のようなレースができれば、牝馬限定戦であればかなりやれそうに思える。

8着  14番  サトノワルキューレ 牝 4 大野拓弥  54  1.58.3 34.4

センテリュオのすぐ後ろを追走。しかし、外枠だったこともあり、3,4角では内に入ることができずやや距離ロスのある走りとなった。最後の直線では少しは伸びたが、ショウナンバッハには劣る末脚であった。

9着  17番  ゴールドサーベラス 牡 7 藤田菜七  54  1.58.4 34.2

末脚が武器の馬であるが、重賞で通用する末脚はないということを改めて示した結果となった。

10着   9番  レイエンダ         牡 4 ルメール  57  1.58.4 34.7

ジナンボーのすぐ後ろを追走し、直線に入ってジナンボーの外から前に出ようとするも、その後何もできず後退した。
前走のエプソムカップの好走は超スローペースを前目で走ったことに恵まれたためであり、やはりある程度流れるレースであれば、この馬の実力はこんなものと考えてよいと思う。
ただ、それでも今回もスローになってルメール騎手が前目でレースして3着以内に入ってしまうことが考えられたので、僕はこの馬を相手候補から切ることが出来なかった。こうした危険な人気馬は押さえとして、薄めに一応勝っておくような馬券の買い方にした方がよいのかもしれない。

11着  10番  カヴァル           牡 4 三浦皇成  54  1.58.4 34.2

後方追走のまま何もできず凡走した。
3連勝して3勝クラスを勝ち上がった馬ではあるが、近走はスローペースのレースしか走っていなかったので、追走で末脚が削がれてしまったのも納得と感じられる走りだった。

12着   8番  クリンチャー       牡 5 田辺裕信 57.5 1.58.4 35.1

2番手追走から直線の途中まではかなり粘れてたが、最後は馬郡に沈んだ。
やはり復調の兆しはみられない走りだった。

13着   1番  サトノキングダム   牡 6 石橋脩    54  1.58.5 34.8

最内で中段追走から最後の直線では少し外の馬場のいい所に出すも、大して伸びなかった。
3勝クラス勝ち後のレースであり、もう6歳であまり伸びしろがなさそうなので、重賞ではこの程度の実力の馬と考えてよさそう。

14着  18番  ダッシングブレイズ 牡 7 横山典弘  56  1.58.5 34.6

特に見所無し。

15着  13番  ケントオー         牡 7 柴田大知  55  1.58.6 34.5

特に見所無し。

16着   3番  ダイワキャグニー   牡 5 内田博幸 57.5 1.58.9 35.0

ある程度先行力のある馬なので、相手候補として期待したが、最後はまるで伸びなかった。ムラ馬の傾向がある馬で、騎手のコメントから今日はやる気がなかったようだ。こういう馬は突然走ったり、走らなかったりするので、扱いにとても困る。

17着  11番  クラウンディバイダ セ 6 木幡巧也  53  1.59.6 36.3

先行争いに加わり、流れるペースを作るのに貢献したが、オープン戦でまるで好走実績がない馬なので、順当な結果。

18着   2番  アクート           牡 6 丸山元気  54  2.02.9 38.6

後方のまま何もできず終わった。
3勝クラスでしばらく好走を続けていたが、どれもスローペースのレースだった。重賞である程度流れるペースになれば太刀打ちできないということのようだ。

 

2019年8月31日 (土)

2019 キーランドC G3 レース回顧

メンバーが揃ったわりには凡戦と言えそうなレースになった。
ダノンスマッシュが勝つレースはいつもこんな感じで、レースレベルがあまり高くないので、ダノンスマッシュは本当に強いのかどうか、今回も疑問が残る結果となった。


1.レース結果の基礎データ

2019年 8月25日(日) 2回札幌4日  天候: 晴   馬場状態:稍重
11R  第14回キーンランドカップ
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(指定)  芝 1200m   16頭立


馬場差 -0.1 完全タイム差 +0.7
タイムランク D メンバーランク C

LAP :11.9-10.3-11.0-11.7-11.8-12.5
通過:33.2-44.9-56.7-69.2  上り:69.2-57.3-47.0-36.0 

かなりのハイペースではあったが、過去のキーンランドCでも前半が33秒台前半になるレースは割とあって、直線の短いコースだけに先行馬が皆崩れるケースは少なかった。なので、今回はペースよりも外差しのきく馬場になっていたことがレース結果に影響したように思える。タワーオブロンドン、リナーテはさほど強い馬ではないだけに、今回のレース結果は着順通りに捕らえない方がよいかもしれない。


2.隊列分析

2019083101

直線入り口ではさほど縦に長い隊列になっていない。追走に一杯で勝負所で脚を使えなかった馬が少なかったということだと思う。そういう点からもこのレースはあまりレベル差の少ないメンバーのレースであって、全体的からあまりレースレベルは高くないと考えられる。


3.完全タイム差検証

2019083103

前走とのタイム差に大きな偏りがないので、この完全タイム差は妥当と考えられる。とすると、メンバーの揃わなかったG3戦を走ったタワーオブロンドンや前走がオープン特別だったリナーテは前走とほぼ同等のパフォーマンスで走っていて、この点からもやはりレースレベルは高くないと考えられる。

4.各馬の分析

1着  13番  ダノンスマッシュ   牡 4 川田将雅  57  1.09.2 35.3

好スタートであったものの、回りが速いので一旦中段まで下がる。外枠だったためインには入れずやや外を回る。4角の勝負所から徐々に仕掛けて、ゴール直前がピークになるような末脚を繰り出し1着となった。
外枠だったからということもあってこの馬の特徴の立ち回りの馬さやギアチェンジの速さおよび一瞬のトップスピードの速さを活かすことなく、外から正攻法で力でねじ伏せる競馬となった。こういう競馬で勝てたのはメンバーが弱かったことと外差しがきく馬場だったからという要素が大きいと思う。この勝利でスプリンターズSでの評価はかなり上がったと思うが、今回はそんなに強い競馬はしていないように思える。

2着   7番 タワーオブロンドン 牡 4 ルメール  58  1.09.3 34.9

スタートはよくなく後方から、あまり外を回りすぎないような位置で追走し直線入り口でもまだやや後方だったが、残り200mの少し手前から、鋭い末脚を繰り出し、2着になった。
L2F-L1Fが11.8-12.5でかなり減速していて、この馬が上がり3ハロンタイム最速で34.9だったことから鋭い末脚に見えてもさほどトップスピードが速くないということである。他のメンバーを見渡しても瞬発力に秀でた馬があまりいない組み合わせだったことに恵まれてのことだと思う。1200m戦の実績が今一つなことから軽視してしまったが、平均ペース以上が見込まれ、瞬発力のある馬が少ない組み合わせのレースの場合は要注意の馬ということで記憶すべきなのが今回の教訓となった。

3着  16番  リナーテ           牝 5 武豊      54  1.09.3 35.2

まずまずのスタートから中段の外を追走し、勝負所からはダノンスマッシュをマークする形で追いかけ、直線に入ってダノンスマッシュの外から追い込もうとするも、ダノンスマッシュには追いつけず、それでもジワジワ伸び続けたが、最後はタワーオブロンドンのトップスピードが勝り3着になった。
外を回る距離ロスの大きい競馬で、ダノンスマッシュには明らかに末脚が劣っていて、それでも3着なのでレースレベルが低いのと外差しが効く馬場に恵まれた3着だと思う。


4着  14番 ライトオンキュー   牡 4 古川吉洋  56  1.09.4 35.1

リナーテのすぐ後ろを追走し、直線もリナーテのすぐ外から追い込んでくるもリナーテにはやや劣り4着となった。
このレースのレベルが低いと考えると、リナーテが1着だったオープン特別UHB賞で2着だったこの馬が4着になったことも納得できる。


5着   1番  ナックビーナス     牝 6 岩田康誠  55  1.09.6 36.4

好スタートから先手を取るも、外からライオンボスが競りかけてくる苦しい展開になった。
それでも直線入り口では他馬を突き放す形になったが、最後は外差し勢に屈して5着に敗れた。
ハイペースの先行勢の中で一番強い競馬をしたのは明らか。
それでもこのメンバーで5着のパフォーマンスは不満であるが、海外帰り初戦であり、かなり長期間善戦を続けている馬なので、今後調子を上げることは十分考えられるので、この一戦で衰えたと判断するのは時期尚早でもう少し様子を見たいところ。

6着   4番  セイウンコウセイ   牡 6 幸英明    58  1.09.7 36.3

好スタート3,4番手で追走するも直線では大して伸びず。
ここ2戦好走していたが、もう末脚を発揮出来る馬ではなくなっているので、直線入り口で2番手いないにいなければ馬券圏内に入るのは難しいということのようだ。今回はナックビーナス、ライオンボスと速い馬がいる組み合わせだったので、この馬を狙うべきではなかったと反省している。前半が速い馬がいない組み合わせであればまだまだ馬券圏内に入れる可能性はあると思う。

7着   5番  ペイシャフェリシタ 牝 6 ティータ  54  1.09.8 36.2

最内の4番手を追走。インをロスなく走ったものの直線ではまるで伸びず。
やはり脚が貯められるような走りでないと、末脚が使えないので、好走できるレースの幅は狭し、そもそも能力的にも今一つ。

8着   2番  デアレガーロ       牝 5 池添謙一  54  1.09.8 35.7

インぴったりの中段のやや後ろを追走し、直線ではさほど伸びず。
最後ひと脚使う馬にしては伸びなさすぎなのだが、「下を気にして3角から手応えが怪しくなってしまいました。肩ムチを入れてからもジリジリになってしまいました。」という騎手の結果コメントから、こうした馬場コンディションにより外差しの馬場になっているのではいかと考えられる。

9着  15番 パラダイスガーデン 牝 7 横山武史  54  1.09.9 34.9

最後方追走から、全く人気がないわりには最後伸びたように見えるが、末脚がよい馬が少ない組み合わせだったからということだろう。


10着   6番  ハッピーアワー     牡 3 吉田隼人  54  1.10.0 35.4

後方追走からさほど伸びず。ここでは能力不足。

11着  11番  ライオンボス       牡 4 ルパルー  57  1.10.2 37.0

千直で重賞を勝った馬がどういう走りをするか注目されたが、さすがに前半のスピードは非凡なものがあり、ナックビーナスを終始つついて前半33.2のペースを作る要因になったが、直線に入る前に早々と脱落したので、この馬は1000mまでの馬のようだ。

12着   9番  カイザーメランジェ 牡 4 江田照男  57  1.10.3 36.5

6番手追走から直線で全く伸びず。ここでは明らかに能力不足。


13着   8番  シュウジ           牡 6 三浦皇成  57  1.10.9 36.8

中段追走から何もできず。もう芝レースで馬券圏内に入るのは無理だろう。

14着  12番  ダイメイフジ       牡 5 オールプ  56  1.11.0 37.4

そもそも能力不足に加えて、時計のかかる馬場がよくないこともあったようだ。

15着   3番  サフランハート     牡 6 勝浦正樹  56  1.11.3 36.9

見所無し。

16着  10番 アスターペガサス   牡 3 戸崎圭太  53  1.12.2 38.0

負けすぎの感があるが、戦績から、前半が33秒台前半になるようなレースは全くだめなのかもしれない。

 

2019年8月24日 (土)

2019 北九州記念 G3 レース回顧

過去の実績馬が人気薄で激走することは、特にローカル重賞ではよくあることで、このレースはまさにそういう結果となった。過去の同レベルのレースで好走した実績のある馬については、近走の走りっぷりをしっかりチェックする必要があることを、改めて思い知らされたレースとなった。

1.レース結果の基礎データ

2019年 8月18日(日) 2回小倉8日  天候: 曇   馬場状態: 良
11R  第54回テレビ西日本賞北九州記念
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (国際)(特指)  芝 1200m   18頭立


馬場差 -0.2 完全タイム差 +1.1
タイムランク E メンバーランク C

LAP :11.5-10.1-11.1-11.7-11.7-12.1
通過:32.7-44.4-56.1-68.2  上り:68.2-56.7-46.6-35.5

かなりの前傾ラップのように見えるものの、前半が直線で下り坂が続く小倉1200mの重賞としては、厳しいペースではなかった。


2.隊列分析

2019082002

厳しいペースではなかったことを証明するように、直線入り口ではかなり横に広がり短い隊列となっている。これは勝負所で脱落する馬が少なかったことを示している。また、今回は内の馬場が荒れていたようで、内を避ける馬が多かったこともこの隊列になった要因のひとつになりそうた。この隊列であれば、外からでも差すことは可能であり、実際外差しを決めた馬が上位に来ていた。

3.完全タイム差検証

2019082004

勝ったダイメイプリンセスは前走より明らかにパフォーマンスをアップさせているはずであり、ディアンドルも斤量差の恩恵によるパフォーマンスアップがあったはずである。それでいて、他の馬がパフォーマンスをダウンさせているように見えてしまっているので、この完全タイム差は明らかに過少評価である。6~8着あたりの馬は前走と同等のパフォーマンスを示したと考え、0.7秒程度は上に見るべきである。そう考えるとローカル重賞としてはそう悪くないレースレベルだったと考えられる。

4.各馬の分析

1着  16番  ダイメイプリンセス 牝 6 秋山真一  55  1.08.2 34.5

後方のやや外を追走から、4角で外を回ってスムーズに追い上げ残り200mでは他馬と比べて一番鋭い末脚を発揮して差し切った。
レース映像を見ると後方外から楽に差し切っていて強い競馬をしたように見えるが、この馬は前半は後方で脚を貯めるスタイルが合っている馬なので、差しが届く展開にならないとどうにもならず、今回はたまたま展開がハマったということは言えると思う。
加えて、この馬の戦績を見てみると、好走は新潟と小倉に集中している。どうやら直線に坂のあるコースはダメそうで、京都コースも騎手のコメントやレース映像を見ると、下り坂のコーナーをスムーズに追い上げることが苦手らしい。
そう考えて改めて、戦績を見てみると、この馬に合わないコースでのレースがしばらく続いていて、前走は休み明けで新潟の直線競馬で内枠でなおかつ前残りの展開であり、それでいて最速から3番目の上がり3ハロンタイムでの6着なので、今回、自身に合ったコース、展開になって勝ったというのは納得できる。
ダイメイプリンセスは昨年の北九州記念の2着馬であり、こうした同じコース、同じクラスで好走した実績のある馬は近走の成績が悪くても、要注意でしっかり検討すべきというのが、今回のレースの最大の教訓である。実績馬が突然復活したかのように見えて高配当になるレースは特にローカル重賞ではよくあるので、こうした結果にもしっかり対応できるような予想をしたいものである。
 
2着   5番  ディアンドル       牝 3 北村友一  52  1.08.4 35.2 

スタートはあまりよくなかったが、二の足の速さを活かしてやや内の5番手を自然な形で追走することができた、4角も内にいたことが活きて自然体で回ることが出来て、直線でもしぶとく伸びて2着となった。
3歳限定戦5連勝は伊達ではないことを示した。この馬は二の足が速く前半速いスピードで走り、その後やや一本調子で駆け抜ける馬のようだ。そのため、今回は斤量が軽いことも最後の粘りにつながったと思う。
なので、今後の古馬戦線では最後に坂があるコースはどうかとか、他馬と斤量差がなくなったときにどうかという疑問がまだ残ると思う。しかしながら前半のスピードは十分古馬重賞で通じることは示した。

3着  11番  アンヴァル         牝 4 藤岡康太  54  1.08.4 34.4 

前半はスピードについていけず後方から、4角で追い上げ、差し切り可能な位置まで追い上げるが、直線入り口の隊列図にあるように、前の馬が壁になる位置で直線に入ってしまい、少し追いづらそうであったが、残り200mくらいのところで外に出すことに成功してその後ぐいぐい伸びて4着になった。
オープン特別では善戦できるも重賞ではイマイチな成績の馬であり、今回も単純に前半32.7秒のペースについて行けていない感じであった。それでいて、今回は差しが届く展開になったことに恵まれての3着だったと思う。

4着  13番 モズスーパーフレア 牝 4 松若風馬  55  1.08.5 35.6 

好スタートだったが、内にいたイエローマリンバ、ラブカンプーが速かったので3番手に控える。直線でもギリギリまで粘ったもののゴール前で他馬の伸び脚に屈して4着となった。
前走は調教をやりすぎてだったことを受けて今回は調教を軽くしたら、+26キロだったので重め残りになったようだ。休み明けはよく走る馬だったものの、最近はこのように調整が難しくなっているようだ。
このメンバーだったら、前半のずば抜けたスピード能力で最後まで押し切っても不思議でない実力の持ち主なのだが、2戦連続で調整が上手くいかない状況を見せられると、今後は軸には出来ない馬と考えた方がよさそうだ。

5着  18番 ミラアイトーン     牡 5 浜中俊   56.5 1.08.5 35.1 

好スタートから積極的に中段の位置を追走する。直線に入ると一瞬外にいたダイメイプリンセスと併せ馬のような形になるも、すぐに交わされたが、最後までしぶとく伸びてはいて5着を確保した。
前半の追走はよかったもののそこで脚を使ってしまって最後まで持たなかったようでもあった。重賞初挑戦であり厳しいペースのレースへの対応力がまだ足りないように思えた。

6着   3番  アレスバローズ     牡 7 菱田裕二 57.5 1.08.6 34.4 

スタートで躓き最後方になる。仕方なく外目を回り。4角でも大きく外を回って追い上げて一番大外から最後は追い込んできたものの、6着に終わった。
全体的な走りは悪くなく、内枠からあれだけ大外を回っては距離ロスが大きすぎだろうと思えるレースだった。ちょっともったいないレースとなった。

7着  17番  カラクレナイ       牝 5 大野拓弥  55  1.08.6 35.4 

好スタートから積極的に中段の位置を追走したが、最後はまるで伸びず。
追い込み脚質で古馬オープンではなかなか結果が出せなかった馬が、前走は好位差しで久々の1着になれたことから、今回も積極的に位置を取りにいく走りをしたようだが、さすがに重賞では厳しかったということのようだった。

8着   2番  クインズサリナ     牝 5 西村淳也  51  1.08.6 34.9

中段追走から最後は結構粘って1着から0.4秒差ではあったものの、ハンデ51キロが活きてのものだと思う。

9着  10番  エントリーチケット 牝 5 国分優作  54  1.08.8 34.8

後方から外を回って追い上げようとするも大した脚は使えなかった。

10着   4番  イエローマリンバ   牝 4 高倉稜    53  1.08.9 36.2

逃げるも最後まで粘れず。前半のスピード力はあるものの、重賞では能力が少し足りない。


11着  15番 シャドウノエル     牝 4 内田博幸  52  1.08.9 35.4

好位追走から、4角から直線の前半くらいのところでかなりもたつき、最後は少し伸びていた。3勝クラス勝ちからの参戦であったが、かなりチグハグな走りであり、レース展開に合わせて緩急がつけれるようになればどこかで好走することはあるかもしれない。

12着   9番  キングハート       牡 6 小崎綾也  56  1.09.0 35.5

中段の内を追走から直線では全く伸びず。もうかなり長いこと成績不振が続いていて、さすがにもう好走することは無理なのではないだろうか。

13着  12番  ディープダイバー   牡 3 和田竜二  53  1.09.0 35.2

やや後方のインを追走し、最後は大して伸びなかった。斤量の恩恵があっても、古馬重賞のペースは厳しかったようだ。

14着   8番  ファンタジスト     牡 3 武豊      54  1.09.1 34.8

前半も勝負所もついて行けず最後方。最後は大外から少し伸びていたが、明らかに古馬オープンでは能力不足。

15着   1番  ラインスピリット   牡 8 森一馬    56  1.09.2 35.8

中段追走からいいところなし。

16着   7番  ラインシュナイダー 牡 7 藤井勘一  55  1.09.4 35.5

特に見所無し。

17着   6番  ラブカンプー       牝 4 川須栄彦  53  1.09.6 36.8

2番手追走から、最後はズルズル後退。以前のような好走ができずもうずっとこんな状態が続いているので、もう好走は無理だろう。

18着  14番  ナインテイルズ     牡 8 松山弘平  55  1.09.6 36.6

特に見所無し。

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オススメ商品

無料ブログはココログ