The Beatles

2024年2月12日 (月)

ポールマッカートニー YouTube公式動画まとめ 一覧 #ポールマッカートニー #PaulMcCartney

ポールマッカトニーYouTube公式チャンネルで公開されている全ての動画(ショート動画を除く)を一覧にまとめました。今後、動画が追加される毎に一覧も更新していきます。

いまだに新作リリースやコンサートツアーの活動が続いているだけあって、動画の数が他のビートルズメンバーと比べても圧倒的に多いのですが、それでもまだあの曲のMusic Videoが公開されてないとかあって、まだまだ今後の更新が期待できるチャンネルだと思います。

また、コンサートツアー毎にツアー日記風の動画を制作してくれているので、コンサートツアー毎のカテゴリー分けもしてみました。

※動画タイトルのリンクをクリックするとYouTube動画が開きます。

洋楽ロック関連公式動画まとめTOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

ポールマッカートニー DVD検索

 

■Music Video

膨大な量のMusic Videoが公開されていますが、それでも「幸せの予感」「ゲッティング・クローサー」「ソー・バット」「オフ・ザ・グラウンド」など、まだまだ大量のMusic Videoが未公開となっています。バンド・オン・ザ・ラン収録曲のMusic Videoがつい最近公開されたので、他の曲の公開も期待したいところです。

 

    

 

    

 

    

 

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Paul McCartney - '222' 2009.01.07 3m41s
    Memory Almost Full'.のスペシャルエディションのボーナストラック曲

 

    

 

    

  • (I Want To) Come Home by Paul McCartney 2009.12.16 3m47s
    2009年に公開された映画『みんな元気』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、2010年3月1日に配信限定シングルとして発売された。

 

    

  • Blue Sway | Paul McCartney 2011.06.07 5m14s
    ポール・マッカートニーは、受賞歴のあるサーフ・フィルムメーカーのジャック・マッコイを起用し、未発表曲「Blue Sway」のミュージック・ビデオを制作しました。約20年前に書かれたマッカートニーの未発表曲「Blue Sway」が、『マッカートニーII』のスペシャル・エディションのボーナス・オーディオ・ディスクに初めて収録される。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

■ライブ映像

市販の映像作新からも一部公開されていたりと、ライブ映像がかなり充実しています。また、2018年のYouTube生配信ライブのアーカイブも残してくれているところも、嬉しいところです。さらに公式以外でも「BBC Music」で2022年のライブ映像が2曲あったので、こちらのリンクも貼っておきます。ジョンレノンの映像と一緒に歌う感涙ものの「I've Got a Feeling (feat. John Lennon)」の映像をプロショットで見れるのは、今のところこの映像だけだと思います。他に、公式として公開されているライブ映像を発見したらここにリンクを貼っていこうと思います。

    

 

    

    

 

    

  • Paul McCartney: Live from NYC 2018.09.09 1h33m8s
    2018年にYouTubeでLive配信された映像が有難いことにアーカイブで残っている ビートルズ関連でライブまるごとYouTube公開しているのはこの映像のみ

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Cosmically Conscious (Change Begins Within) 2017.08.30 4m49s
    2009年のデヴィッド・リンチの主催チャリティ・コンサートでのポール・マッカートニーとリンゴ・スターの共演ライブ

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Talk中心の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

■GOT BACK Tour関連映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

■Freshen Up Tour関連映像

 

    

 

    

 

    

 

 

■One On One Tour関連映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Out There Tour関連映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■On the Run Tour関連映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Up And Coming Tour関連映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Hello Hamburg! 2009.11.30 2m14s
    ファンへの挨拶のあと、「A Day In The Life」のリハーサル映像あり

 

    

 

 

 

 

 

 

■Lyric Video

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■公式音源の動画

 

 

■告知・CMなど

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■その他の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Paul McCartney - 'Glastonbury Festival' 2022 2022.12.22 3m30s
    Glastonbury Festival' 2022のダイジェスト映像。ブルース・スプリングスティーンとグローリーデイズを歌っている場面あり

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

2024年2月11日 (日)

ジョージハリスン YouTube公式動画まとめ 一覧 #ジョージハリスン #GeorgeHarrison

ジョージハリスンYouTube公式チャンネルで公開されている全ての動画(ショート動画を除く) を一覧にまとめました。今後、動画が追加される毎に一覧も更新していきます。

他のミュージシャンがジョージの曲を演奏する映像が多いように思われますが、貴重なライブ映像も少し公開してくれていたり、今後さらにレア映像放出は期待できるのではないかと思います。

※動画タイトルのリンクをクリックするとYouTube動画が開きます。

洋楽ロック関連公式動画まとめTOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

ジョージハリスン DVD検索

 

 

■Music Video

Misic Videoを曲のリリース順に並べてみましたが、まだ「Dark Horse」「True Love」などが未公開なようです。今後に期待です。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■ライブ映像

ライブ映像をいくつか公開しているのが嬉しいです。特に1974年の映像は、これならばもっとあるに違いないと思うので、何らかの形で公開してほしいところです。また、日本公演の映像もいつかもっと公開されることを願っています。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■アウトテイク音源の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Concert for George 関連映像

豪華メンバーによる「Concert for George」の映像が多数みられることも嬉しいところです。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■George Festのライブ映像

様々なミュージシャンがジョージの曲を演奏するのを見ることによって、改めてジョージが作った曲の良さを感じることができます。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

 

 

■Lyric Video

 

    

 

    

 

 

■公式音源の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■告知・CMなど

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■その他の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

リンゴスター YouTube公式動画まとめ 一覧 #リンゴスター #RingoStarr

リンゴスターYouTube公式チャンネルで公開されている全ての動画(ショート動画を除く) を一覧にまとめました。今後、動画が追加される毎に一覧も更新していきます。

いまだに定期的にYouTube動画でメッセージを送ってくれて、音楽活動もむしろ最近の方が多いのではと思われるリンゴの活躍には勇気づけられます。

※動画タイトルのリンクをクリックするとYouTube動画が開きます。

洋楽ロック関連公式動画まとめTOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

リンゴスター DVD検索

 

■Music Video

昔の映像もかなり公開してくれていますが、70年代の映像は未公開のものがもう少しあると思います。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

■ライブ映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Lyric Video

 

 

■公式音源の動画

 

    

 

 

■その他の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

ジョンレノン YouTube公式動画まとめ一覧 #ジョンレノン #JohnLennon

ジョンレノン公式YouTubeチャンネルの動画を分類して一覧にまとめました。ジョンについてはレコーディングのアウトテイク音源関連で貴重な内容が多いといった印象を持ちました。

洋楽ロック関連公式動画まとめTOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

JOHN LENNON DVD検索

■Music Video

ジョンレノンのミュージックビデオ関連の映像は、リマスター音源に被せる形で凡そ公開されているようです。ただし、[I'm Stepping Out」は公開されていないようです。また、「WHATEVER GETS YOU THRU THE NIGHT」については、「心の壁、愛の橋」リリース当時とは別の映像になっています。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

■アウトテイク音源の動画

アウトテイク音源のレコーディング風景を捉えた映像が一部ありますが、これはとても珍しいことだと思います。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Talk中心の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■Lyric Video

 

    

 

 

■公式音源の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■告知・CMなど

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■その他の動画

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • A SPANIARD IN THE WORKS. 2021.06.18 4m41s
    1965年6月18日、ジョンは「The General Erection」と「The Wumberlog (Or The Magic Dog)」を読み、BBCの『トゥナイト・ショー』でケネス・オールソップのインタビューを受けた。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

2024年2月 4日 (日)

ザ・ビートルズ YouTube公式動画まとめ 一覧 #BEATLES

ザ・ビートルズYouTube公式チャンネルで公開されている全ての動画を一覧にまとめました。今後、動画が追加される毎に一覧も更新していきます。

ザ・ビートルズはもう50年以上前に解散してしまったバンドですが、ほぼ毎年新商品が発売されるので、公式チャンネルが2010年に始まってから、かなりの数の動画が公開されています。ただ、基本、商品の宣伝を目的としたチャンネルなのでビリージョエルのチャンネルのように貴重な映像がてんこ盛りという感じになっていないのが正直なところです。特にライブ映像は1曲をフル収録した動画が3本しかないのは、今回まとめていて、驚きました。もうちょっとライブ動画を見せてよと思うのが、ファンの気持ちかと思います。

しかしながら、突然貴重な映像が投下されることもあり、特に映画GetBackプロジェクト関連の動画をまとめていて、2013年の時点から前フリっぽい動画が投下されていたことがわかってちょっと面白かったです。ライブ映像も今後増えてくることを期待したいです。

 

※動画タイトルのリンクをクリックするとYouTube動画が開きます。

洋楽ロック関連公式動画まとめTOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

BEATLES DVD検索

 

■Music Video(現役時代)

ビートルズの現役時代に制作されたMusic Video(昔はプロモーション・フィルムと呼ばれることが多かった)を制作された順番に並べました。一応制作されたもの全部が公開されているものの、一部ショート映像のものがあります。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Rain 2017.12.15 3m9s

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

別テイク等完全版はこちらで見れます

 

 

■Music Video(解散以降)

ビートルズ解散後に制作されたMusic VideoをYouTubeに公開された順番で並べました。最近はアニメーションやCGを使った映像が多いようです。

    

  • Words Of Love 2013.11.15 2m25s
    Live AT THE BBC VOLUME 2の発売に併せて1963年のアーカイブ映像とCGアニメで制作された

 

    

  • Can't Buy Me Love 2016.04.04 2m15s
    1964年「アラウンド・ザ・ビートルズ」の映像で、Music Videoとしては「ビートルズ1」で初登場した

 

    

  • Free As A Bird 2016.04.05 4m59s
    1995年に「アンソロジー1」と併せて制作された

 

    

  • Real Love 2016.04.06 3m57s
    1995年に「アンソロジー2」と併せて制作された

 

    

  • All You Need Is Love - 1s Preview 2016.05.23 39s
    残念ながらショート映像。1967年の世界中継番組「アワワールド」の映像をもとに制作された

 

    

  • She Loves You - 1s Preview 2016.05.23 45s
    残念ながらショート映像。Music Videoとしては「ビートルズ1」で初登場した

 

    

  • Love Me Do - 1s Preview 2016.05.23 45s
    残念ながらショート映像。1982年のMTV全盛期時代にビートルズ・デビュー20周年記念として制作された

 

    

  • From Me To You - 1s Preview 2016.05.23 44s
    残念ながらショート映像。1963年のロイヤル・バラエティ・パフォーマンスの映像をもとに制作された。Music Videoとしては「ビートルズ1」で初登場した

 

    

  • While My Guitar Gently Weeps 2016.06.29 3m36s
    シルクドソレイユのLove公演10周年を記念して2016年に製作されたMusic Video。ビートルズの映像は登場しないが、役者の好演技により見ごたえのあるものになっている。ジョージ・ハリスンのギター弾き語りのテイクにジョージ・マーティンがアレンジしたストリングスを被せたこのバージョンは、CD「LOVE」通しで聴くよりも、こうして単体で聴いた方がよいように思える。

 

    

  • Hey Bulldog (Promo video) 2017.07.21 3m19s
    レディ・マドンナのMusic Video用に撮影した、ヘイ・ブルドックのレコーディング風景の映像素材を使って、1999年のイエローサブマリン・リミックス版の発売に併せて発表された。

 

    

  • Yellow Submarine 2017.12.15 2m46s
    Music Videoとしては最近制作されたと思われるものの、制作時期不明

 

    

  • Come Together 2018.06.21 4m19s
    2000年に制作された、1969年の4人をもとにしたCGアニメ映像

 

    

  • A Hard Day's Night 2018.06.21 2m39s
    1965年のパリ公演の映像をもとに「ビートルズ1」の発売に併せて制作された

 

    

  • Eight Days A Week 2018.06.21 2m44s
    映画「Eight Days A Week」に併せて2018年に制作された

 

    

  • Back In The U.S.S.R. (2018 Mix / Lyric Video) 2018.11.06 2m45s
    1976年に制作された映像が元になっているが、2018年のホワイト・アルバムのリリースに併せて少し手が加えられているようだ

 

    

  • Here Comes The Sun (2019 Mix) 2019.09.26 3m12s
    写真のコラージュとアニメーションが多い動画であるが、最後の方に1969年に屋外で行われたフォトセッションのメイキング動画が含まれいて、再生回数が多いのも納得の完成度が高い映像

 

    

  • Taxman 2022.10.14 2m44s
    2022年のリボルバーのリリースに併せて制作された。歌詞の文字を中心にした映像

 

    

  • I'm Only Sleeping 2022.11.01 3m7s
    2022年のリボルバーのリリースに併せて制作された。アニメーション映像

 

    

  • Here, There and Everywhere 2022.12.07 2m35s
    2022年のリボルバーのリリースに併せて制作された。アニメーション映像

 

    

  • Now And Then (Official Music Video) 2023.11.03 4m36s
    現在もっとも新しいMusic Video。昔の映像を切り取った部分がすごく画質がよく、今の映像と違和感なく重なっているのが涙を誘う。

 

 

■ライブ映像

 

    

  • Here Comes the Sun 2011.07.29 1m9s
    バングラデシュ難民救済コンサートからのダイジェスト映像

 

    

 

    

  • Budokan 2013.01.16 36s
    1966年7月1日武道館公演 paperback writerのダイジェスト映像

 

    

  • Dizzy Miss Lizzy 2013.01.16 36s
    シェイ・スタジアム公演のダイジェスト映像

 

    

 

    

  • The Beatles at Shea Stadium 2013.01.16 2m17s
    シェイ・スタジアム公演でエドサリバンの紹介から、チューニングして1曲目「ツイスト・アンド・シャウト」の途中までの映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■アウトテイク音源の動画

音声のみの動画はあまり注目されないですが、ビートルズの場合アウトテイク音源の動画はとても価値があります。かつて、海賊盤でアウトテイク音源を喜んで聴いていた僕にとっては、公式チャンネルがアウトテイク音源を公開してくれるとは隔世の感があります。最近でも、ジョン・レノンがイエローサブマリンを悲しげに歌う音源が話題になったのも記憶に新しいところです。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • The Beatles - Yellow Submarine (Songwriting Work Tape / Part 1) 2022.10.21 1m6s
    ジョン・レノンがギターをかき鳴らし、悲しいアコースティック・バラードとして歌っているテイク。「ブートレグで世に出たこともなければ、筋金入りのビートルマニアの間でさえ噂になったことはない」音源として、ビートルズファンに驚きを与えた発掘音源!

 

 

■Get Back関連

映画「Get Back」関連の映像は見ごたえがあるものが多いので、公開された順番に並べてみました。古くは2013年にGet Backセッション動画を謎に公開していたりしていました。

 

    

  • Get Back 2013.01.16 37s
    音声なしで、トゥイッケナム・フィルム・スタジオでの様子を収めた37秒の映像が、概要欄になにも記載がない状態で公開された。公開意図は謎だが、Get Backプロジェクトの壮大な前振りだったのかもしれない

 

    

  • let it be 2015.05.15 46s
    GetBackプロジェクトよりかなり前に公開された映像。映画「レット・イット・ビー」とは別の場面のように思えるが、この映像も音声なしで公開された

 

    

  • I've Got A Feeling 2015.05.15 47s
    GetBackプロジェクトよりかなり前に公開された映像なのだが、GetBackを見た後だと、この映像でも楽しそうにセッションしているようにみえる。

 

    

  • I Me Mine 2015.05.15 1m8s
    GetBackプロジェクトよりかなり前に公開された映像。映画「レット・イット・ビー」からの抜粋なように思えるが、なんと音声なし!

 

    

  • The Beatles: Get Back - A Sneak Peek from Peter Jackson 2020.12.21 5m52s
    謎の前振りから約5年が経過して、世界中がコロナ渦になる中、突然発表されたGet Backの制作報告映像。ここでの映像が映画「レットイットビー」のものと画質も全体の雰囲気が全く異なるものだったので、世界中のビートルズファンが驚いたことは記憶に新しい。

 

    

 

    

 

    

  • The Beatles, Get Back and London: on the trail of a timeless story 2021.11.19 15m22s
    現在のトゥイッケナム・フィルム・スタジオ、アップル・スタジオ(跡地)、アビーロード・スタジオの現在を、ジャーナリストで『ゲット・バック』の編集者であるジョン・ハリスが辿る映像であるが、当時の映像が音源を交えたものなので見ごたえのある映像になっている。これは必見

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • “It looks like it was just shot yesterday.” 2021.12.05 2m35s
    ピーター・ジャクソンによるGetBack映像の修復過程の解説であるがビートルズの映像が大部分なので楽しめる映像になっている

 

    

 

    

 

    

 

輸入版(日本語字幕付)がだいぶ安く買えるようになりました

 

 

■EIGHT DAYS A WEEK関連

映画EIGHT DAYS A WEEK関連の映像を公開順に並べました。映画制作前からなぜかFirst US Visit関連の動画が複数回公開されていたので、これも映画EIGHT DAYS A WEEKの前フリっぽく思ったので加えてみました。

    

  • First US Visit Clip 1 2011.09.09 31s
    ニューヨークに到着して飛行機から降りるときの映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • First US Visit 2013.01.16 36s
    ニューヨークからワシントンに向かう鉄道に乗車時の映像

 

    

  • First US Visit 2013.01.16 34s
    ニューヨークに到着して飛行機から降りるときの映像

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

デラックスエディションまだあります

 

 

■Magical Mystery Tour関連

映画マジカル・ミステリー・ツアー関連の公開動画についてまとめました。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

Blu-rayはこちら

 

 

■Yellow Submarine関連

映画イエロー・サブマリン関連の公開動画についてまとめました。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Yellow Submarine - The Design 2018.06.24 2m34s
    1999年に制作された映像。ジョージ、ポール、リンゴが語っている場面が少し登場する

 

    

  • Yellow Submarine - The Voices 2018.06.29 1m43s
    1999年に制作された映像。ジョージ、ポール、リンゴが語っている場面が少し登場する

 

    

  • Yellow Submarine - The Sound Mix 2018.07.07 1m3s
    1999年に制作された映像。ジョージ、ポール、リンゴが語っている場面が少し登場する

 

    

  • The Yellow Sub Sandwich Pt 1 2018.07.06 37m51s
    ビートルズの映画「イエロー・サブマリン」の映画再公開50周年を記念して放送される公式ポッドキャストのパート1

 

    

  • The Yellow Sub Sandwich Pt 2 2018.07.06 18m10s
    ビートルズの映画「イエロー・サブマリン」の映画再公開50周年を記念して放送される公式ポッドキャストのパート2

Blu-rayはこちら

 

 

■HELP関連

映画ヘルプ関連の公開動画をまとめました

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

Blu-rayはこちら

 

 

■アナログレコード関連

アナログ・レコード・ファンとしてはアナログレコード関連、特に制作過程について取り上げている動画は興味深いものがありますので、関連動画をまとめました。

    

  • The Beatles On Vinyl 2012 2012.10.31 2m10s
    2012年のステレオレコードBOXの宣伝映像。デジタル音源をマスターにしてさらにイコライジングに失敗して音質の評判が悪く、さらにプレスの質も悪くファンからかなりの酷評を受けた。しかし、これがあったからこそ、以降のアナログ盤は気合が入った商品が出るようになった。

 

    

  • THE BEATLES GET BACK TO MONO 2014.06.16 2m27s
    ステレオレコードBOXの失敗から、モノレコードBOXはアナログマスターからかッティングしたわけだが、この映像からのその気合の入りようが伝わってくる。アナログレコードファンからのすると、本物のマスターテープの映像が見れるだけでも価値ある映像だと思う

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■日本語の動画

1動画だけですが、概要欄含め完全日本語の動画があったので分類しました。日本語動画が今後増えるとうれしいです。

 

    

  • The Beatles Japanese Boxset 2014.06.26 1m21s
    日本デビュー50周年を記念した日本オリジナル盤CDセットの宣伝映像。ビートルズ公式チャンネルでこの映像だけ、映像の字幕や概要欄が。も日本語になっている

 

 

■アルバム紹介の動画

各アルバムの紹介動画をアルバム発売順に並べました。メンバーがコメントする音声も入っているので、見る価値はあると思います。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■公式音源の動画

公式音源なので、あまり見る価値はないかもしれないですが、公開順に並べました。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■その他の動画

その他、特に分類しなかった動画を公開順に並べました。

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

 

    

 

    

 

    

  • Ravi 2012.12.12 1m12s

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • #thebeatles1 2015.09.12 15s
    数字がカウントダウンするだけの15秒の動画ながら、それでも7万回再生されているのがビートルズのすごいところかもしれない。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • Come Together - 1s Preview 2016.05.23 42s
    Music Videoのショート版だが、フル版が公開されたので「その他」へ分類

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

  • The Beatles: Let It Be 2020.05.08 26s
    アルバム「 Let It Be」50周年記念日にUPされた映像ながら26秒しかない

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

 

■ショート動画

ショート動画にカテゴライズされている動画を並べました。

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

    

 

洋楽ロック関連公式動画まとめTOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

BEATLES DVD検索

 

#ビートルズ

#Beatles

#BEATLES

#TheBeatles

 

2022年2月14日 (月)

『ザ・ビートルズ:Get Back Blu-ray/DVD コレクターズ・セット』2022年4月20日発売決定 とのことだが・・・

本日Amaon HMVをはじめ複数のサイトで『ザ・ビートルズ:Get Back Blu-ray/DVD コレクターズ・セット』2022年4月20日発売決定との告知が行われた。僕は配信でしか見れない状況をしばらく続けると思っていたので、思ったより早い発売だなと思ったものの、その仕様を見て愕然としてしまった。

ザ・ビートルズ:Get Back Blu-ray/DVD コレクターズ・セット』2022年4月20日発売決定【先着購入特典あり】

上記リンク先の情報によると、

【商品内容】

●ブルーレイ(3枚組)
●特製ケース仕様
●アートカード(4枚セット)
●日本語解説

収録時間:約7時間47分(Disc1:156分、Disc2:173分、Disc3:138分)
原題:THE BEATLES:GET BACK

なんと、収録内容は配信版と同一のようだ。配信版ではスタジオセッションのほとんどの曲がダイジェスト収録だったので、きっと製品版では特典映像がつくはずと多くの人が考えていたと思うので、これはかなりがっかりな仕様と思わざるを得ない。

日本盤の定価は16,500円ということのようだが、この仕様の何がコレクターズ・セットなのか?ビートルズ商品ならばなんでも飛びつくマニアへの強烈な皮肉なのだろうか。

ただ、希望も少しあり、本日告知されたAmazonのページが早々と注文不可状態になったので、今日の告知が誤報である可能性もまだありそうだ。Blu-ray版の発売はもう少し先になって、値段もある程度高くなっていもいいから特典映像満載で発売してほしいと願うファンは僕だけではないと思うのだが、どうだろうか?

 

 

 

2021年8月29日 (日)

レット・イット・ビー スペシャル・エディションがついに登場!

TOPページへ

Amazonタイムセール会場へ(要チェック)

ビートルズ DVD検索

THE・BEATLES動画一覧ページへ

 

 

The Beatles - Let It Be | Special Edition Releases [Official Trailer]

『レット・イット・ビー』収録曲のニュー・ステレオ・ミックス及び5.1サラウンド・ミックス、ドルビー・アトモス・ミックスに加え、レコーディング・セッションの過程で残されたアウトテイク、リハーサル・テイク、スタジオ・ジャム等の未発表音源、1969年にグリン・ジョンズによって制作された未発表の『ゲット・バックLP』ミックスも収録。

同名映画製作と同時進行したレコーディングの膨大な音源をフィル・スペクターがリプロデュースしたザ・ビートルズ最後のアルバム(全英チャート8週連続、全米チャート4週連続1位)のスペシャル・エディション [スーパー・デラックス]。

スーパー・デラックスに付属された豪華ブックレットには、ポール・マッカートニーの序文を初めとして、ジャイルズ・マーティンによるイントロダクション、グリン・ジョンズの回想記、ザ・ビートルズ研究家/ラジオ・プロデューサーのケヴィン・ハウレットによる詳細な解説、伝説化したあのセッションの実像を探るジャーナリストのジョン・ハリスのエッセイが掲載。

この本はスクラップブック・スタイルで図版を多数収録しており、イーサン・A・ラッセルとリンダ・マッカートニーが撮影したレアな未公開写真に加え、手書きの歌詞、セッションのメモ、スケッチ、ザ・ビートルズのメンバーが交わした手紙、テープ・ボックス、フィルムのフレームなどの未公開画像も散りばめられている。

●CD全57曲収録
●CD1:オリジナル・アルバム ニュー・ステレオ・ミックス:12曲
●CD2&3:未発表アウトテイク、スタジオ・ジャム、リハーサル:27曲
●CD4:未発表の1969年『ゲット・バックLP』(グリン・ジョンズ・ミックス)新マスタリング:14曲
●CD5:『レット・イット・ビー』EP:4曲
●ブルーレイ:オリジナル・アルバム ニュー・ステレオ・ミックスのハイレゾ(96kHz/24-bit)、5.1サラウンドDTS、ドルビー・アトモス・ミックスのオーディオ収録

●ダイカット・スリップケース
●本文100ページの豪華ブックレット付

<日本盤のみ>
SHM-CD仕様
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

【収録内容】
CD 1
レット・イット・ビー ニュー・ステレオ・ミックス
1. トゥ・オブ・アス
2. ディグ・ア・ポニー
3. アクロス・ザ・ユニヴァース
4. アイ・ミー・マイン
5. ディグ・イット
6. レット・イット・ビー
7. マギー・メイ
8. アイヴ・ガッタ・フィーリング
9. ワン・アフター・909
10. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
11. フォー・ユー・ブルー
12. ゲット・バック

CD 2
ゲット・バック – アップル・セッションズ
1. モーニング・カメラ(スピーチ – モノ) / トゥ・オブ・アス (テイク4)
2. マギー・メイ / ファンシー・マイ・チャンシズ・ウィズ・ユー (モノ)
3. キャン・ユー・ディグ・イット?
4. アイ・ドント・ノウ・ホワイ・アイム・モーニング(スピーチ – モノ)
5. フォー・ユー・ブルー(テイク4)
6. レット・イット・ビー / プリーズ・プリーズ・ミー / レット・イット・ビー(テイク10)
7. アイヴ・ガッタ・フィーリング(テイク10)
8. ディグ・ア・ポニー(テイク14)
9. ゲット・バック(テイク19)
10. ライク・メイキング・アン・アルバム?(スピーチ)
11. ワン・アフター・909(テイク3)
12. ドント・レット・ミー・ダウン(ファースト・ルーフトップ・パフォーマンス)
13. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(テイク19)
14. ウェイク・アップ・リトル・スージー / アイ・ミー・マイン(テイク11)

CD 3
ゲット・バック – リハーサル・アンド・アップル・ジャムズ
1. オン・ザ・デイ・シフト・ナウ(スピーチ – モノ)/オール・シングス・マスト・パス(リハーサル – モノ)
2. コンセントレイト・オン・ザ・サウンド (モノ)
3. ギミ・サム・トゥルース(リハーサル – モノ)
4. アイ・ミー・マイン(リハーサル – モノ)
5. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー(リハーサル)
6. ポリシーン・パン(リハーサル – モノ)
7. オクトパス・ガーデン(リハーサル - モノ)
8. オー! ダーリン(ジャム)
9. ゲット・バック(テイク8)
10. ザ・ウォーク(ジャム)
11. ウィズアウト・ア・ソング(ジャム) – ビリー・プレストン・ウィズ・ジョン・アンド・リンゴ
12. サムシング(リハーサル - モノ)
13. レット・イット・ビー(テイク28)

CD 4
ゲット・バック LP – 1969グリン・ジョンズ・ミックス
1. ワン・アフター・909
2. メドレー: アイム・レディ(aka ロッカー) / セイヴ・ザ・ラスト・ダンス・フォー・ミー / ドント・レット・ミー・ダウン
3. ドント・レット・ミー・ダウン
4. ディグ・ア・ポニー
5. アイヴ・ガッタ・ア・フィーリング
6. ゲット・バック
7. フォー・ユー・ブルー
8. テディ・ボーイ
9. トゥ・オブ・アス
10. マギー・メイ
11. ディグ・イット
12. レット・イット・ビー
13. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
14. ゲット・バック(リプリーズ)

CD 5
レット・イット・ビー EP
1. アクロス・ザ・ユニヴァース(未発表 グリン・ジョンズ 1970ミックス)
2. アイ・ミー・マイン(未発表 グリン・ジョンズ 1970ミックス)
3. ドント・レット・ミー・ダウン(オリジナル・シングル・ヴァージョン ニュー・ミックス)
4. レット・イット・ビー(オリジナル・シングル・ヴァージョン ニュー・ミックス)

Blu-Ray Audio
1. トゥ・オブ・アス
2. ディグ・ア・ポニー
3. アクロス・ザ・ユニヴァース
4. アイ・ミー・マイン
5. ディグ・イット
6. レット・イット・ビー
7. マギー・メイ
8. アイヴ・ガッタ・フィーリング
9. ワン・アフター・909
10. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
11. フォー・ユー・ブルー
12. ゲット・バック

音源のみ:ドルビー・アトモス(48kHz/24bit) / DTS-HDマスター・オーディオ5.1(96kHz/24bit) / ハイレゾ・ステレオ(96kHz/24bit)

10月15日世界同時発売だそうです。海賊盤で超有名な「ゲット・バック LP – 1969グリン・ジョンズ・ミックス」がついに公式に登場するわけですが、僕はこのグリン・ジョンズ・ミックスを初めて聞いたのが高校生の時で、あまりにやる気の感じられない「トゥ・オブ・アス」や、途中で演奏が終わってしまう「 アイヴ・ガッタ・フィーリング 」に不愉快な気分になったもので、ボツになるのは当然の作品と思ったものです。なので、この酷い「ゲット・バック LP – 1969グリン・ジョンズ・ミックス」について、音楽ライターやビートルズ・マニアがどんな感想を述べるのか、ちょっと興味があったりします。

同日には2000年に発行された「ビートルズ・アンソロジー」以来、2冊目となる公式書籍「ザ・ビートルズ: Get Back」(総ページ数は240ページ、ハードカヴァー仕様の大型上製本。)も発売予定となっています。こちらも楽しみですね。

制作されていた映画の方はディズニープラスにて、11月25日・26日・27日 未公開映像含む6時間超えの映像を3話連続独占見放題で配信されるとのことです。

ザ・ビートルズ:Get Back 時空を超えた《ライブ・ビューイング・ショー》不朽の名曲「Get Back」(原点回帰/復活)に込められた意味とはいったい何なのか。

あと、ゲットバック・セッションについては関連書籍が色々ありますが「ルーフトップ・コンサートのビートルズ」、「ゲット・バック・ネイキッド ―1969年、ビートルズが揺れた22日間」がかなり読み応えがあり、映画やスペシャル・エディション発売前の予習としてよいのではないかと思います。

2019年1月11日 (金)

初期ウイングスの幻の映画が世界で劇場公開

20190111

BruceMcMouse.com

PaulMcCartney.comに登録している人にはメールマガジンで情報が届いていると思いますが、初期ウイングスのライブ映像とネズミのアニメーションをミックスした映画「THE BRUCE McMOUSE SHOW」が1月21日に世界中で公開されるとのことです。日本での公開予定はないようです。この映画、先日発売された「Red Rose Speedway」のスーパーデラックス・エディションに収録されて初めて世に出たのですが、このように初期ウイングスのライブ映像が残されていたことは全く僕は知らなかったので驚きました。

アニメーションのネズミの動きに合わせてウィングスのメンバーが小芝居しているなど、かなりしっかり作り込んだ作品になっています。BruceMcMouse.comのサイトの説明を読むと、この作品は1972年から企画が始まって、1977年に完成したものの、完成したころにはウィングスのメンバーも音楽シーンも大きく変わったために制作プロジェクトは棚上げされて、2018年にレストアされてようやく日の目を見たようです。

ロック界の幻の映像作品って、例えばストーンズのコックサッカー・ブルースのように有名になってファンの間にその存在だけは広まることが多いのですが、この作品については全然その存在情報すら知られていなかったのでその意味でも驚きが大きかったです。

この貴重な映像作品を収録した、「Red Rose Speedway」のスーパーデラックス・エディションはかなり値段は高いですが、この作品に加え、「ジェームス・ポール・マッカートニー・ショー」や当時制作されたPVの完全収録、ライブ映像、インタビュー映像などがてんこ盛りに収録されていて、音源の「Red Rose Speedway」の初期構想の2枚組バージョンの再現や、当時の未発表曲などふんだんに収録されており、内容の充実度は過去のアーカイブ・シリーズの中では最高なものになっています。同時に発売された「Wings Wild Life」のスーパーデラックス・エディションはここまでの内容の充実度はない(それでも貴重なウイングスのリハーサル映像は要注目)のでアレですが、ポール・マッッカトニー・ファンで、特にウィングス期が好きな人は「Red Rose Speedway」のスーパーデラックス・エディションはGETすべきだと思います。この時期のライブでのLong Tall Sallyのポールの歌声やウィングスの演奏は最高だと思います。

2018年11月 5日 (月)

ポール来日2018 両国国技館 とりいそぎセットリスト 

2018110502

2018110501

ポール・マッカートニー  / フレッシュン・アップ・ジャパン・ツアー2018の3日目の両国国技館公演に当日券で行ってきました。当日券は両サイドの斜め後ろの券が大量に発券されたようでした。僕は、当日券情報が出る前に、これだけの規模の公演ならば当日券が出ないはずはないと、思って14時30分位から並んで2階向4列といったまあまあ見やすい席をGetすることができました。席からの視界はこんな感じで、

2018110503

武道館と比べると、さらに一回り小さく感じられ、特にアリーナは狭いと感じました。

2018110504

Letting Goでのブラス隊はこの辺の位置に登場しました。

今回のSet Listはこんな感じでした。

1. A Hard Day's Night
2. Hi, Hi, Hi
3. All My Loving
4. Letting Go
5. Come On to Me  
6. Let Me Roll It
7. I’ve Got a Feeling
8. My Valentine
9. Nineteen Hundred and Eighty-Five
10. I’ve Just Seen a Face
11. In Spite of All the Danger
12. From Me to You
13. Love Me Do
14. Blackbird
15. Queenie Eye
16. Lady Madonna
17. Fuh You 
18. Being for the Benefit of Mr. Kite!
19. Something
20. Ob-La-Di, Ob-La-Da
21. Band on the Run
22. Back in the U.S.S.R.
23. Let It Be
24. Live and Let Die
25. Hey Jude
Encore:
26. I Saw Her Standing There
27. Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
28. Helter Skelter
29. Golden Slumbers
30. Carry That Weight
31. The End

といった感じで、過去2回の武道館公演から、短縮セットリストになることは、あらかじめ予想どおりであり、それでも、2時間10分くらいの公演時間だったので、まあ、こんなところかなと思います。個人的には、Someting以降の鉄板曲にカットがなかったのがよかったと思っていますが、Hi, Hi, HiやI’ve Just Seen a Faceあたりの差し替え候補曲に、レア曲のCパターンがあってもいいのになあとは思いました。ただ、それでも、こうした東京ドームと比べて小さい会場でポールを見れる喜びは、短縮セットリストのがっかり感を上回ると思います。武道館公演の価格設定は、異常でしたが、今回の価格設定は納得感があると思います。

ということで、公演内容は大満足だったのですが、残念なことに今回は2015年武道館公演のような、入退場時の主催者側の仕切りの悪さが復活してしまいました。入場時間が45分ほど遅れたため、入場列は長蛇の列が出来てしまいまいた。列は場内を複雑に折り返して作られたもののそれでも足らずに、駅の方まではみ出してしまい、主催者側は警察やJRに文句を言われたという情報もあります。列は定刻会場時間の1時間以上前から出来ていたので、運の悪い人は2時間近く無駄な行列に並ばされたことになります。開場後は、引き換え券をバーコードにかざして、座席券をもらう形式ながらとてもスムーズに出来ていたので、なぜこんな無駄な行列を作ったのが理解に苦しみます。さらに理解できないのが、入場が45分遅れたことなのですが、ポールのサウンドチェックが遅れたということもあるのですが、そのあとに、ポールへのサプライズとして、サウンドチェック終了後に客席にサイリウムを置いていたことが開場が遅れた理由のようであって、2015年も同様のサプライズを仕掛けて開場時間が遅れたことの学習効果がないことに、呆れてしまいました。こうした主催者の身勝手で開場時間を遅らせるといったようなことをなぜ、繰り返してしまうのか、理解に苦しみます。また、退場時にはポールが会場を出るまで、入り口を閉めて観客を閉じ込める行為も復活してしまいました。まあ、両国国技館の場合は、停止線を作って、観客を外でコントロールする手段をとるような場所はないので、閉じ込めるのは仕方のないことなのかもしれませんが、正直に「ポールが去るまで待ってください」とは一切説明しなかったので、かなり多くの観客が閉じ込めるられていることにイラだったました。終演後、観客の退場を遅らせたいのであれば、何らかの映像を流すとか、お楽しみ抽選会をやるとか、何らかの引き止め手段はあると思うので、主催者側は少しは頭をつかってもらいたいものです。といった感じで、素晴らしい公演内容に水を差す、主催者側の愚行は、いい加減今回限りにしてもらいたいものです。

2018110505


Dsc_0264



2018年11月 1日 (木)

ポール来日2018 2日目 なんとYesterdayなしの超レア公演!

Dsc_0116_2

ポール・マッカートニー  / フレッシュン・アップ・ジャパン・ツアー2018の2日目の東京ドーム公演に行ってきました。セットリストはこんな感じでした。

1. A Hard Day’s Night
2. Juniors Farm (変更)
3. Can't Buy Me Love (変更)
4. Letting Go
5. Who Cares 
6. Got To Get to You Into My Life (追加)
7. Come On to Me
8. Let Me Roll It
9. I’ve Got a Feeling
10. Let ‘Em In
11. My Valentine
12. Nineteen Hundred and Eighty-Five
13. Maybe I’m Amazed
14. We Can Work It Out (変更)
15. In Spite of All the Danger
16. From Me to You
17. Love Me Do
18. Blackbird
19. Here Today
20. Queenie Eye
21. Lady Madonna
22. Eleanor Rigby
23. Fuh You 
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude
Encore:
32. I Saw Her Standing There (変更)
33. Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
34. Helter Skelter
35. Golden Slumbers
36. Carry That Weight
37. The End

結構変更があり、1曲追加されていて、さらにトークも長めで初日よりも15分ほど公演時間が長くなりました。ただ、それでもYesterdayがないのが特徴であり、これは、さすがに初日だけきた人に配慮して(今回の内容でYesterdayもやっていたら、初日との内容の差があまりにありすぎるので)カットしたのではないかと、推測するのですがどうでしょうか?

それにしても、Yesterdayなしの公演は前代未聞で、少なくとも日本公演では、ビートルズ時代を含めて初となります。さらに世界的に見ても、フェスやイベントを除いたポールの単独コンサートでは、1975年のワールドツアー以降Yesterdayをやらなかった日はどうやらなさそうなので、そういった意味で今日は超レアな公演になったと思います。今日は昨日より客のノリがよく、Yesterdayがなくても大満足な公演となりました。個人的にはYesterdayがI Saw Her Standing There になるのは大歓迎で、ノリノリで楽しめました。

Hi Hi HiがJuniors Farm に、All My LovingがCan't Buy Me Loveに、I've Just SeI’ve Just Seen a FaceがWe Can Work It Outに変更になるのは予想がついていたものの、てっきりエジプトステーションからの曲が続くコーナーにGot To Get to You Into My Lifeが挿入されたのは僕にとっては、とても嬉しいサプライズでした。この曲は今日のサウンドチェックでも演奏されたようです。まさにブラス隊の存在が活かされるこの曲はとってもよかったです。やはりブラス隊が入って音の厚みが増したのは今回のツアーの特徴でありとっても見応えがあると思います。

Dsc_0071

今回、ブラス隊は、Letting Goでこのあたりの位置の客席で登場しました。

今回、トークも少し長くなっていたので、覚えている内容を書いておきます。

Love Me Doでは、アビーロードスタジオで初のレコーディング曲であり、ジョージマーティンを追悼するトークがありました。レコーディング時はジョージマーティンが怖くてかなり緊張していて、今でもレコード聴くと自分の声が震えているのがわかると言ってました。それで、今日は大丈夫だよといって、曲が始まりました。

Eleanor Rigbyでは、なんと出だしを間違えるという珍しいミスがありやりなおしてました。「いまのはわざとだよ。みんなを驚かそうとしてやったんだ」と言ってました。

ジミヘンやジョージハリスンを追悼する話は初日より長めに話してました。

アンコールで、ローティがポールにもっと演奏しろというジェスチャーをしてベースを渡すいつものお約束は、Yesterdayがなかったので、アンコールで旗を振り回した直後に行われました。

アンコールの最後の曲の前には、ポールが時々やるファンをステージに上げるコーナーがありました。今回は、英語で「今日彼女にプロポーズします」というような内容のプラカートを持った男性とその彼女が上がり、なんとポールの前で公開プロポーズを行い、彼女がOKするとポールがそのプラカードにサインをするという微笑ましい企画がありました。

Dsc_0122

と、ここまで書いてみると、Yesterdayがなかったにしろ、圧倒的に2日目公演の方がよかったように思います。やはりポールは数日公演を重ねて調子を上げてくる人なのかもしれません。

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ